野菜

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「野菜」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文を読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「野菜」の項目を執筆しています。

野菜(やさい)とは、人間が食物として用いている、生物の一種だとされていた有機物の塊であるが、現在では生物であるかどうかは論争の対象となっている。

目次

[編集] 概要

有史以来人間は数多くの野菜を栽培し食糧にしてきた。以前は自分と同じ形をした子孫を残すことができる野菜も、生物であると思われていた。しかし近年のグリーンピースの研究によると、野菜は生物ではない可能性が出てきた。優秀なグリーンピースの研究員は、世界中で食されている野菜約1800種に対してアンケート調査を行った。その結果、「あなたは生物ですか」という質問に「はい」と答えた野菜が皆無であったため、野菜が生物ではない可能性が非常に高いと発表した。そこで近年では、野菜は生物の殺戮をせずに食料を得られる貴重な手段として、世界中の動物愛護団体が愛用している。生物と違って粗末に扱っても問題ないので、食料以外のさまざまな用途でも使用されている。また、生物と違って、食べるにあたって殺生を行わず、罪悪感を感じる必要はまったくないので、宗教家にも愛用されている。

[編集] 野菜の一覧

代表的な野菜、キャベツ

[編集] 利用方法

生物でもないのになぜか自分と同じ形の個体を複製する野菜は、新たな個体への品質の継承という優れた特性を持っていたため、古来食料として利用され、改良もなされてきた。人々の中には、野菜の素晴らしさを認め、生物を食べずにもっぱら野菜のみを食するベジタリアンと呼ばれる人々も現われた。ベジタリアンの人々の中には優秀な人々が多いと言われ、かのアドルフ・ヒトラーもベジタリアンであった。ユダヤ人ホロコーストなどの斬新で独創性にあふれる政策も、野菜食の産物であるといえよう。

野菜性衣服を纏う女性

上述のように古くから食料として利用されてきた野菜であるが、近年では無生物であることを生かしてさまざまな分野で使用されている。その最たる例と言っていいのが使い捨ての衣類への応用である。野菜は生物でないために、毛皮採集などの無駄な殺生や、毛採集などの虐待を伴う動物性の衣類とは違いぞんざいに扱っても問題がなく、有機物であるのでその辺に捨てても問題がないし微塵の罪悪感も生じない。さらに小腹がすいた場合には服を食べられるという利便性の高さにより、動物愛護団体の関係者には野菜性の衣類が広く普及している。普通の人なら「レタスの服」と言われれば避けたくなるかもしれないが、右の写真の様に、東京の街中にいてもおかしくない都会風の洗練されたデザインとなっているため、どんな人でも抵抗なく着ることができる。動物愛護団体はこの衣服の普及のために、パフォーマンスとしてデモなどの際に野菜性衣服を着用することがある。

[編集] 論争

古来生物であると考えられてきた野菜であるが、上述のグリーンピースの主張により無生物である可能性が出てきた。ほかにも動物愛護団体は次のような実験を証拠として、野菜の非生物性を主張している。

まず、野菜を採集する際の無防備さがあげられる。生物であるなら、自己の生命を断とうとする相手に対して何らかの防衛反応をとるはずである。例として、アメリカの愛護団体の研究員が200匹のに対して「もしあなたのことを殺してはいけないのなら数字の1を、いいならば数字の2を選んでください。」という質問をした際、ほぼすべての犬は「1」と答えたという。それに対して野菜に「もしあなたを殺してはいけないのなら『汝殺すことなかれ』と言ってください。」と言ったところ、すべての野菜が何の反応も示さなかったという。

これに対して、反対派は合理的な反論ができていないのが現状である。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語