漁師力学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「漁師力学」の項目を執筆しています。

漁師力学(りょうしりきがく)とは、全国の一人乗り漁船から遠洋漁船に至るまで、様々な漁師たちによって研究されている物理学の一分野。漁師の関係を数学的に解釈することで、無限とも言える漁業資源を開発する分野である。

概要[編集]

漁師たちが自らの肉体を駆使して行う学問で、遠洋マグロ漁船イカ釣り漁船船上を使った体当たりの学問で知られている。この学問では、物性物理学流体力学のほか、浮力など古典物理学が応用されており、最小の投資で最大の漁業資源を得られる方法が模索されており、海洋国家である日本は世界トップクラスの研究が行われている。

関連する分野には統計学といった純粋な数学的分野や、海洋生物学気象学機械工学などがあり、これらもよりよい漁業資源獲得のための応用分野として、漁師力学の発展に利用されている。しかしその一方で、漁師がいつどこに網を入れるべきかを追求する学問で魚群不確定性原理に基づいて論じられる魚群分布関数(後述)というマイナー分野もこの漁師力学の一分野であるが、同分野に関しては音波魚群探知機(ソナー)の開発により、現在では研究者も少ない。

魚群分布関数[編集]

漁師力学における魚群不確定性原理とは、「魚群がどこにいるか、は網を入れてみないと判らない」という基本原理である。また、網を入れる行為自体も魚群の位置に影響するため「魚群の真の位置」は確率的にしか求まらない。この為、漁師力学において魚群の動きは全て確率分布として扱われる。この確率分布を表現する魚群分布関数を求めることが、漁師力学の目的である。

魚群分布関数は一般に季節、時刻、魚の種類、漁具をパラメータにとるべきなのだが、研究者の多くは漁具の選択に自由度が少ないため、漁具への依存性は大まかなことしか論じられていないのが現状である。

魚群不確定性原理の矛盾に嫌気がさしたシュレーディンガーはある実験を思いついた。魚群がどこにいるかは網を入れてみないと判らないのなら、代わりに猫を入れて魚を捕まえさせるという方法である。しかし結局猫も引き上げてみるまで魚を捕まえているかどうかは分からず、魚を捕らえた状態と捕えていない状態が同時に存在する重ね合わせが起こることを示した。これをシュレーディンガーの猫という。

歴史[編集]

1827年、ロバート・ブラウンブラウン運動を発見したが、これが後の漁師力学の発生に多くの影響を与えている。ブラウン運動は一見すると、花粉があたかも何らかの意志を持って動き回っているようにも見えるが、実際は分子エネルギーで振動するために、これによって発生する移動であった。漁師力学ではこの花粉の運動をマクロなレベルで捉え、海洋中に存在するプランクトンが同様にブラウン運動によって移動し、さらにこのプランクトンを餌とする魚が集まり、この魚を餌とする大型の魚類が集まるだろうと予測したのである。この予測値がプランク定数である。こうして初期の漁師力学が発生したが、後に物性を調べ最適化することで、より強固な釣り糸を開発したり、更には気象学と連携して、かつては不慮の事故であった海洋遭難を減らすべく海上天気予報に応用したり、より強力なエンジンを生み出すために機械工学との連携を図るといった総合学問に発展していった。

今日では海洋生物学を応用して、養殖漁業などの関連産業への応用も盛んである。

関連項目[編集]


214.gif この記事、「量子力学」は、地球温暖化によって、文字が溶けてしまい、厚みがなくなりました。
あなたたちの1つ1つの努力で、この記事を元の姿に戻しましょう! (Portal:スタブ)