金星

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
金星(きんせい)
Venus dan gerhards 01.svg
分類未来地球警鐘型惑星
物理的性質
直径地球模倣
表面積地球模倣
質量地球模倣
平均密度地球模倣
表面重力地球模倣
脱出速度地球模倣
自転周期マイナス値
変率逆向き自転の特異天体
大気の性質地球と対極的
一応なるべく国際単位系使用。

金星(きんせい)とは、人間が過大に美化している惑星である。英名のヴィーナスギリシアで美の女神アフロディテを指している辺り、それを象徴している。インカ帝国が制作した巨大地球儀の一つで、黄金で地球儀を作成しようとして量が足りず放棄されたものである。

概要[編集]

明け方か夕刻、太陽に連動して地球から輝いて見えるため、明星と呼ばれる。黄金色に輝いていることから金星と名づけられたが、実際には七光りでしかない。

金星の上空には分厚い硫酸の雲が浮かんでおり、金星地表には硫酸の雨が降り注いでいる。また、時速50kmのジェット風が吹いていたり気圧がやたら高かったりする為、探査機を飛ばしても潰れてしまう恐れがある。NASAはそれがもったいないと思い、なかなか金星に着陸する探査機を飛ばさずにいる。 もともと、地球と金星はほとんど同じ位の大きさで、同じくらいの環境であったといわれている。その後、地球では生物が生まれたためが残り、青い星となったが、金星ではそれが起こらなかったため水分が蒸発、渦巻く大気によってあのような光り方をするようになった。

よって、本来は金星の光り方をうらやましく思うのではなく、「あんな星にならんでよかったなあ」と感謝しつつ哀れみながら見るべきであろう。事実、地球も昨今温暖化が進んでいるため、将来的にはあんな星になる可能性もある。

金星の温暖化問題[編集]

金星の大気には二酸化炭素が96.5%も含まれている。地球で温暖化が進むと酸素が減り二酸化炭素が増えると言われておる。このことから、金星は温暖化している(これを金星温暖化という)と言われている。これには金星人が関係してるとの説とインカ帝国が排出した二酸化炭素を金星に移している説がある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「金星」の項目を執筆しています。