金星人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

金星人(きんせいじん)は金星に住む民族の事である。人型やカニ型や日本人の峰岸徹に似た胴体に眼球があり地球の学園を征服しようとしたりする動体視力が高いものも確認されている。一部の研究者の間ではインカ帝国と関りがあるとされるが真偽は不明。

習性・文化[編集]

金星は地球より太陽に近いため、暑い。そこに住んでいるのだから、多分暑いのには強いはずである。ちなみに人型は銀ピカの全身タイツ(通称・宇宙人スーツ)を着用していることもあり、これは耐熱の為とも考えられるが、部は露出してるじゃん。

たまに、荒川でゴールデンコーンのような髪の毛の可愛い女の子のような金星人が見つかることもある。

地球よりも高度な科学力を有しており、かつてはキングギドラを作り地球に送り込んで滅ぼそうとしてみたり、かと思えば地球が惑星ニビルによって壊滅の危機に直面した際にはニビルを破壊し助けてくれた。 このようなどっち付かずの優柔不断な軟弱男が増えてきた背景には、惑星内に親地球派と反地球派の対立があることに起因していると考えてみた。この対立により何度も大戦が起こっており、それにより惑星が一部荒廃している。しかし同時に、技術力の飛躍をもたらした一因でもある。

最近火星人に比べて陰が薄く、あまりメディアに登場することはない。

歴史[編集]

授業を聞いていなかったので覚えていない。

交流[編集]

第一回金星-地球合同体育大会[編集]

両星間の親睦を深めるために開かれた体育大会。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「金星人」の項目を執筆しています。


Syazai kaikenp.jpg この項目「金星人」は、執筆者が徹夜でやろうとしていたかもしれませんが一身上の都合により書きかけであれなんです。お願いです社員は悪くありませんから検閲により削除してくれたら検閲により削除なんですが… (Portal:スタブ)