金 (金属)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索


(Aurum)

一般特性
名称, 記号, 番号, Au, 79
分類遷移金属
族, 周期11, 6
密度19.3 g/m3
金色
原子特性
原子量196.966569 u
原子半径174 pm
酸化数5,4,3,2,1,-1
一応なるべく国際単位系使用
及び標準状態下。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

(きん、Gold)は原子番号 79 の元素。元素記号はAu。柔らかく、可鍛性があり、重く、光沢のある黄色(金色)をしており、展性に富み非常に薄くのばすことができる遷移金属。同族の銅と銀が反応性に富むこととは対照的に、イオン化傾向が極めて小さく反応性が低い。鉱物資源としての金は金塊や沖積鉱床(砂金)として存在する。

「一体、なんのこっちゃ?」と思う文を書いてすまなかった。下が本文。

目次

[編集] 産出方法

パンを空気に晒してしばらく放置していると忘れたコロニーなって出現する。ただし無金室においてはその確率が極端に低いことが知られている。貧乏人にとって金とは得られ難いものなのである。この状態を俗に金欠と言う。極稀に金を思いのままに操れる人間がいるが、彼らは錬金術師国会議員沢木惣右衛門直保などと敬意をこめて呼ばれている。

[編集] 人が欲しがる理由

このように高く買ってくれる
  • とってもきれいで
  • 売ったら高くて
  • 健康にも良くて(銀箔 「きんぱく」と読む。間違っても「きんぱく」ではない。コレ重要!!)
  • パーティ会場に金塊があったらカッコいいから
  • あなたのコンピュータに使えるから
  • 身に付けるだけで自分の地位を示せるから

等の理由があり人は金を求める。しかし金は限られた場所しか採掘できず時には殺し合いまで発生する。まるで人の本性を見ているような金属である。

[編集] 採掘量

下の国は採掘量が多い国

  • 南アフリカ共和国 341,485 (14.1%)
  • オーストラリア 259,000 (10.7%)
  • アメリカ合衆国 258,000 (10.6%)
  • 中華人民共和国 215,000 (8.8%)
  • ペルー 173,219 (7.1%)
  • ロシア 169,273 (7.0%)
  • カナダ 128,504 (5.3%)
  • ウズベキスタン 93,000 (3.8%)
  • インドネシア 92,936 (3.8%)
  • パプアニューギニア 73,000 (3.0%)
  • 世界合計 2,430,000kg
  • ちなみに日本は8,021 (0.3%)、

って全然取れてないじゃないか。もっとがんばってよ。これじゃあ日本人は中国人に頭が上がらないあるな。

──ということで、リサイクルと言う名の都市鉱山が注目されている。抽出技術の精度向上が期待されており、都市鉱山に関しては企業による搾取の対象となっており、問題化している(栗まんじゅう問題)。

[編集] 装身具として

金を身にまとった例。

金は装身具として適している。銀に比べて毒性が低く、体への悪影響を気にする必要がない。しかも錆びないので、水に濡れようが温泉につかろうがやはり気にする必要がない。ずぼらな女性へのプレゼントには最適である。

プラチナも同じ性質を持っているが、一般的には金のほうが廉価である。またティファニーのアクセサリーのように安い金属を使いながら値の張るアクセサリーを買うよりは、金属自体に高い資産価値が保証されている金のアクセサリーを買うほうが理に適っている。賢い女性へのプレゼントにも最適である。

[編集] 毒性

金は実は体に良いといわれるが実は全く不要なもので、食べても下の穴から一緒に出るだけなので我々からすればたいへんもったいない。にもかかわらず金持ち達は金を普通に食べている。つまり彼らは化学をまったく知らない大馬鹿者だ。

稀なケースだが人によっては中毒性を持っておりお金と体をダメにする。三日以内にジメルカプロールという解毒剤を使わないと一生直らなくなっちゃうよ。気おつけてくれよな。

[編集] 反応

Sbに過剰に反応し、近づけるだけで両物質は発熱する。

[編集] 関連項目

[編集] 外部リンク

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語