銀行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

銀行(ぎんこう)とは、晴れた日に雨傘を貸し出し雨が降り出すと返却を求めることを本業とする片手間、貸した金をその日の気分で無理矢理回収したり、預かっているお金を返さなくても苦情がこなくて済むようなキャンペーン考えてたり、手元にあるお札を凄い勢いで数えたりして日々過ごしている会社である。

目次

[編集] 業務内容

上記の様に、晴れた日に傘を貸し出すことで利益を得ており、純利益の約80%が傘の貸出料によるものである。傘の貸し出しだけで利益がでるのかという疑問に思われる人も多いと思うが、実はかなり需要の高い商売なのである。そもそも下駄にも劣るといわれる国内の天気予報技術では信用できる予報など出せるわけもなく、いつ変わるか分からない天候に苦しめられている人々が多い事はいうまでもないだろう。特に仕事の都合などで服や荷物を濡らしたくない人にとって、急な天候の悪化は常に不安要因であるが、といっていつでも傘を携帯できるわけでもない。そういった時、手軽に借りられる傘の存在は正に救いのなのだ。

一方、貸し出された傘の返却回収処理は極めて厳格に行われており、雨が降り出そうが、既に降っていようが容赦なく取り立て回収が執行される。なんらかの事情で、傘を所有していなかったり傘が破損していた場合は、財産凍結などの厳しい処置が行われることも多い。このため、もっとも必要な時に傘を失うことになった人間は、タクシーなどを利用するか、新たに傘を購入あるいは借り入れるしかなく、このためタクシー業界及び傘の販売業者との癒着を疑われているものの、銀行はこれを否定している。

その他、泥棒や強盗に盗まれないよう、お金や有価証券、貴重品などを預かったり、ちょっと今月のお小遣いに困った人や、とっても経営のやりくりに困っている社長さんなどにお金を貸したりして、その過程で利益を得ているものの、それは微々たるものであり、本業と利益の大半はあくまで傘の貸し出しである。

尚、郵便局とは、その業務を同一視されることが多いが、こちらは傘貸しが本業なのに対して、優銀局は年賀状の販売および配達ないしは投棄、年賀状クジの当たり番号の擬装を本業としているため、共通している事項もあるが基本的に別の業種としてとらえるべきである。

[編集] 歴史

[編集] 起源

銀行の原型は、江戸時代に誕生した「貸し傘屋」と言われている。その名の通り傘を貸し出すこの商売は不意の雨や傘を持たずに外出したものの急に雲行きが妖しくなってきた時などに非常に重宝がられ繁盛した。しかし、江戸時代中期に入ると治安の悪化に伴い借りた傘を返さない客が増加。このままでは経営危機に陥ると考えた貸し傘屋は貸した傘の取り立てを行うようになった。この時、用心棒として雇用されたのが傘貼りをしていた浪人達であり、彼らにとって貴重な臨時収入でもあったようだ。

この際の取り立技術の高さに目を付けたのが金貸し業である。彼らもまた返却を渋る客の扱いに困っており、取り立て事業の共同経営を貸し傘屋に申し出た。貸し傘屋にとっても、取り立てが共同で行えるとなれば、大幅な人件費削減がみこめるとして一も二もなく賛同。後に、押し込み強盗への自衛策として用心棒の必要性を感じた両替商も、傘貸し屋と金貸し業に共同経営を申し入れ、以降、3者の中でもっとも資本が大きく、また広く看板を知られている傘貸し屋が中心になって、取り立て業務が行われることになる。

江戸時代後期になると、この3業種は実質的に統合されることになり、傘貸しを本業に据えつつ、金の貸し出しや預かり/両替などの業務を行うという現在の銀行とほぼ同じ体制が整った。

[編集] 明治の大革命

明治に入ると、富国強兵の為、経済の活性化と共に西洋のそれに対応できる経済システムの構築は不可欠だとなる。そこには、当然銀行の様な金融も含まれていた。だが武家の商法と例えられるように、あくまで武士である薩長藩からなる明治政府には経済に関するノウハウを持つ人材が乏しく、その多くを町民風情民間に委託するしかなかった。金融に関しては、貨幣の貸し出しや預かり、金利の処理、両替における相場管理などに長けた既存の業者、すなわち金貸し両替商傘貸し屋連合に白羽の矢がたったのも当然の流れといえる。

一方で国家の主要システムを完全に民間に委ねることを危惧すると同時に、自分達が何もしないでいては面子が保てないと思った政府は、企業のトップに自分達の選出した人間を置く事を無理矢理義務づけた。もっとも先に述べた様に経済音痴である武士、それも納戸役ならともかく、金と言えば無駄遣いしか知らない上役がまともな経営などできるはずもなく、与えられたのは名誉職だった。もっとも名誉職故に、客の前に出る必要がなく自分より上の役職がなかったことで、当時の武士には帯刀禁止令以上の苦痛と言われた頭を下げることをせずに済むことに気をよくし、その隙に職員が頑張ったことで銀行は順調に発展していく事になる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「頭取」の項目を執筆しています。

尚、銀行の最高責任職が「社長」ではなく「頭取」なのは、この時の「頭を下げ(取られ)なくても済む」ことに由来している。

また、従来の唐傘に代わるように洋傘の輸入が開始されたが、銀行は柔軟にこれに対応。特にまだ高価だった洋傘を手軽な価格で貸し出したことにより好評を博した。このことにより銀行業務もまた財閥という巨大複合経済変形合体ロボットへと変貌することになる。

[編集] 戦後の解体命令

第二次世界大戦後、日本に進駐してきたGHQは、政治だけではなく経済の民主化のために財閥解体を開始した。特に銀行に関しては、金融市場の独占以上に、西洋には存在しない傘貸しというシステムが目をつけられることになり、沖縄での豚の扱い以上に事細かく解体されることになる。

だが、戦後の物不足の時代、傘もまた不足しており、傘を貸してもらえないことは多くの国民にとって死活問題同然でもあった。結果、禁酒法の時代よろしく闇商売が横行する事になり、これを重く見た日本政府からの要請で、やむなくGHQも、あくまで傘貸し業としての銀行の再開を認可。だが、この事が原因で解体は不完全なものとなり、後の戦争特需を経て、銀行を含む財閥はリメイク(初回特典付き限定版有り)されることになる。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「銀行」の項目を執筆しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語