銀魂

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
未完
この作品「銀魂」は、まだ完結していません。頭のカタイひとたちは内容がまとまってから書けとか言うでしょうが、ここはアンサイクロペディアです。足りない部分はで補い、完璧な記事に仕上げてください。
「銀魂は滅びぬ。何度でも甦るさ!」
銀魂 について、ムスカ
「私の事は嫌いでも、銀魂の事は嫌いにならないでくださいっ!」
銀魂 について、前田敦子

銀魂(ぎんたま)とは、週刊少年ジャンプにて掲載されている、空知英秋という鼻をほじるゴリラのような姿をしたおっさんによる(腐という言葉が付くタイプ)女性向けの国語教育漫画及びギャグ猟奇漫画である。

時代劇なのかSF漫画なのか、それが定かでないのが現状。

概要[編集]

こんなシーンも普通に出てくる

2004年に「新選組!」というテレビドラマに便乗して、連載が開始。当時はそれなりのバトル漫画を目指しており、また女性読者層からの人気を募るために筆者の理想とするデザインによって生まれたキャラクターを主人公として採用していた。しかしバトル漫画としては当時の読者曰く「内容がないよう。」であり、あまり面白いという評価を受けておらず、肝心の主人公もさほどイケメンではなかったため女性読者層からの人気も得ることが出来なかった。

このため、連載の途中から作者によって作品の方針が転換され、読者に対して日本語教育を施すための教育漫画として連載していくこととなった。作中で題材にされている国語教材には語尾が「―――アアアァァァァァ!?!?」や、「○○だよね!? それ○○だよね!!?」などと異様な日本語が多いことが特徴とされている。後に作品がアニメ化されたため作品として成功を収め、日本語教材としても多くの視聴者に影響を与えている。特に、上記に記されているような独特な日本語が視聴者に与えた影響は大きく、同様の不思議な日本語を用いる10代が増加するという結果に繋がった。特に、女子学生に対する影響が高く、学校(小中学、高校や大学)での日常における他人との会話において、上記と同様に「○○だよね!?それ○○だよね!?」という口調を常用する女性が非常に増加しており、非常に独特である。尚、作中では女体化、猫化の他に肉体改造、睾丸摘出、乳首切断など受けるネタを全て実践しているが、ギャグなので登場人物が肉体を一旦欠損しても元に戻ると言う、下手な猟奇漫画よりも恐ろしい作品であり、これと肩を並べられる作品は「天才バカボン」「お父さんは心配症」ぐらいである。

2006年テレビ東京系列でテレビアニメがスタート。主人公の坂田銀時も、このアニメ化による知名度増加に比例してファンが増加した様子。「こういうおっさんも嫌いではない」という視聴者がほとんどだが、中には彼の登場するシーンを眺めながら激しい自慰行為に及ぶ猛者も出現している。またこのアニメは終わる終わる詐欺で有名である。

キャラが総じてボケ系であり、ツッコミは後述のダメガネただ1人でおこなわれる。そのためツッコミ文化のない国々から、メガネうるせーという旨の熱烈なファンレターが届く。

2012年にスピンオフ漫画「金魂」が全4話、「まんたま」が連載された。

2013年夏には、「劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」という信者からすると縁起でもないタイトルの映画を公開。

2015年4月、性懲りもなく過去の事は一切無かったことにして、新作TVシリーズがスタート。

2016年内に連載が終わることを発表。一部の信者の間ではまた終わる終わる詐欺ではないかと噂されている。また2017年にアニメ新シリーズ、さらには小栗旬主演による実写版の映画が公開されるという。

ストーリー[編集]

だいたいこんな感じ

初期のバトル漫画的内容に対する評判の低下を恐れたためか、俗に言う「日常系ダラダラ漫画」と「シリアスバトル漫画」が中途半端に混在しているため、流し読みしている人にとっては意味の分からない状況になってしまっている。

侍の国―

僕らの国がそう呼ばれたのは今は昔の話―って、この始め方何回やってるんだ?

登場人物[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「銀魂の登場人物一覧」の項目を執筆しています。

最初に言ってしまうと、この作品のキャラクターの大半は、歴史上の人物のパクリであるが無理もない。

かぶき町の住人[編集]

万事屋銀ちゃん[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「万事屋銀ちゃん」の項目を執筆しています。

作中にて銀時や新八、神楽、定春は万事屋(よろずや)という謎の組織で活動している。仕事内容は探偵事務所とほぼ変わらなかったりする。

屋」ではなく「万事屋」なのかというと、作者のゴリラが「万の事をする店」にしたかったためであって、断じて漢字に疎いわけではないという。

坂田銀時 (さかた ぎんとき)
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「坂田銀時」の項目を執筆しています。
主人公とはいえこんな扱いになっている。
中の人 - 杉田智和(幼少期:矢口アサミ
本作の主人公。常に気怠そうな表情をしており雰囲気は中年男性そのもの[1]。銀色[2]天然パーマ。「ちんかす侍」という異名を持つ。かの有名な魔人山本五郎左衛門の転生した姿とも言われている。「坂田銀八(さかた ぎんぱち)」という偽名を使って銀魂高校の教師として働いていることもある[3]
侍を気取っているが、木刀を武器にしている。新八曰く「パのつくチンコいじっているただのダメニート」糖尿病を患っている。ローサでき婚したいらしい。大人しいようにも見えるが、周囲のキャラクターがボケるとそれに対して「○○だよね!? それ○○だよねぇ!?」という痛々しい口調で突っ込むため、主人公でありながらも一般読者からは白眼で見られる対象となっている。
後述にある土方と酷似しているが双子ではない。
ダメガネ志村新八 (しむら しんぱち)
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「志村新八」の項目を執筆しています。
だいたいこんな感じ
中の人 - 阪口大助(幼少期:高森奈津美
本作のメインキャラクターで、ツッコミ担当の眼鏡。眼鏡掛け器少年がもれなく随伴する。本当はあまりの地位の低さに正気を保つために銀時が作り出した眼鏡の幻想という噂が広まっている。寺門通親衛隊の隊長としても知られているが、他の世界では二代目はみがきまんとしての活動も行っている。あるときには後述にある山崎と地味なゲームバトルを繰り広げたことがある。たまに周囲のキャラクターがボケると「○○ですよね!? それ○○ですよねぇ!?!?!?」といって敬語でありながらも痛々しい口調でツッコむことがある。
また眼鏡掛け器少年の外見は担当声優と酷似しているため、一説によると白石みのると同類ではないかとのこと。
神楽 (かぐら)
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神楽」の項目を執筆しています。
中の人 - 釘宮理恵
本作のメインキャラクターで、ジャンプが生み出したゲロを吐くヒロイン略してゲロイン。詳しいことは該当する項目を。
定春 (さだはる)
中の人 - 高橋美佳子
神楽に付きまとっている巨大な犬。狛犬のような風貌をしている。無邪気な顔をしていながらもしばしば神楽に対して血みどろになるほどの乱暴行為を働くが、その理由は神楽が酷い目に遭う理由と同様である。
後述にある寺門通と不思議な関係を持っている。
坂田金時 (さかた きんとき)
中の人 - 中村悠一
万事屋のリーダー代行及び「金魂」・「まんたま」の主人公。銀時に対して金髪のストレートパーマ。ここでいう坂田金時は金太郎とは関係ない。作中では何度も去勢されているが、この漫画では当然の如く何度も元に戻っている。
銀時より主人公っぽいのだが、金魂が終了したとたん作品上や公式サイトから消えてしまった。どうしてこうなった!!
実はマダオと陸奥の間に生まれた子供ではないかとも言われている。

過去の従業員

金丸(かねまる)
中の人 - 立川三貴
コブラのような黒人男性。関西弁で喋る。右手にサイコガンを装備している。
「GCG(ゴールド・サークル・グループ)」のCEOだったりする。
「わしゃ日本人やない、関西人や!」が口癖。
池沢(いけざわ)
中の人 - 杉山育美
アルコール中毒の黒人女性。酒瓶を装備している。
古橋(ふるはし)
金丸のようにサイコガンを装備している。

血縁者[編集]

志村妙(しむら たえ)
中の人 - 雪野五月
新八の姉で、「胸がまな板の女」と呼ばれることもある。坂田せつ子の蘇生した姿とも言われている。
食材を料理してウンコにするという非常に信じ難い特技を持っている女性。念のため述べておくが、ここで言うウンコとは排泄によって生まれたものではなく、彼女の料理によって食材が姿を変えたものである。消化管を経由してウンコになったのではない。
しかも彼女によって練成されたウンコは作中で他の登場人物によって食用されている。これは、スカトロジストの読者・視聴者に向けて追加された描写ではないかと言われているが、青少年が視聴している夕方の時間帯にこのようなものを放映するのはとても非常識であるとされている。B'zのファン。
星海坊主(うみぼうず)
中の人 - 速水奨
神楽の父ちゃん。毛根年齢が94歳。禿げているため星海坊主というよりは普通の坊主である。
息子の神威のファンの前で彼の話をしてはいけない。(理由は星海坊主が禿げてるから)
神威

スナックお登勢[編集]

万事屋の1階にあるスナック

お登勢/寺田綾乃 (おとせ/てらだ あやの)
中の人 - くじら(若い頃:榎本温子
スナックのママで、かぶき町の女帝。キャサリンとともにタマキュアに変身することが可能。
昔は美人だった。
キャサリン
中の人 - 杉本ゆう
猫耳の年増。おそらく猫耳好きで熟女好きの読者及び視聴者に向けて追加された描写ではないかと思われる。またやたら片言で会話をしている。しかし動物の通訳をするときは普通の言葉で喋っているため、作ったキャラだと思われる。
中の人から察するに戦闘妖精シャザーンの完全体。
たま
中の人 - 南央美
機械家政婦。『調理』と称して口から寿司や酒、もんじゃやあんパン等を吐き出す点である意味神楽に次ぐゲロイン。休みの日は機械家政婦たま3として地球の平和を守っている。

長谷川泰三と関係者[編集]

マダオ長谷川泰三 (はせがわ たいぞう)
新世紀エヴァンゲリオン」の碇ゲンドウに酷似しているが、彼はこの作品の登場人物マダオである。
中の人 − 立木文彦(幼少期:内藤有海
サングラスをかけた男。このサングラスが本体。上記ダメガネの色違い。元・入国管理局局長、タクシードライバー。現・たまねき剣士箱ガンダム黒の組織のメンバー、ボディーガード、声優、シンガーソングライター。「新世紀エヴァンゲリオン」の登場人物である碇ゲンドウと外見が酷似しているため、盗作によるキャラデザインであるとの疑いがかけられている人物。コアな漫画・アニメファンなどから人気。ただそんな事情もあってか、作者はもちろんファンから気に入られているキャラクターである。銀時や桂、近藤と仲がいい。「まるでダメなオッサン」と呼ばれているが、実は「マジでダンディなおいなりさん」の持ち主。
何の因果か、へ行っても、彼はサングラスを掛けている。そのためか周囲の人間は彼を「グラサン掛け器」「グラサンを掛けておく髭の生えたフック」と認識している。キャトルミューティレーションにより、全身を無職に改造させられている。実は近藤の生まれ変わりだという。
近年MADAOとしてCDデビューを果たしており、3rdシングル「ダンボールの神様」でブレイクし、音楽番組「歌っていいとも!」に初出演。ネクロゴンドでは長谷川マミューダパオ名義で活動している。ちなみにネクロゴンドの人々はマミューダパオを略してマダオと呼んでいる。
声優としては、後述にあるバカハタ皇子バリに活動をやっており、アニメ第1話での作品解説や、第74話の冒頭、映画の予告編のナレーターなどを一人で行っていた。
長谷川ハツ(はせがわ はつ)
中の人 - 久保さゆり宮本茉奈
マダオの妻。話によってなぜか声が変わる。

幕府関係者[編集]

真選組と関係者[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「真選組」の項目を執筆しています。

作中には「真選組」という組織が存在し、構成員の一部はメインキャラとして登場する。また、組織名や構成員名、世界観に対する組織の位置付けを考慮すると劣化版新撰組そのものだが、構成員名や組織名が元ネタに対して微妙に変更されているのは、本来の新撰組に対する原作レイプを糾弾する声を恐れたためのものであると言われている。

近藤勲(こんどう いさお)
中の人 - 千葉進歩
真選組局長で、ゴリラに近い風貌の三十路間近のオッサン。青少年が視聴している時間帯での放映[4]にもかかわらず、躊躇なく公然猥褻を行うことで有名である。また、作者もゴリラであるため、作者を擬人化した趣味の悪いキャラクターではないかと言われている
志村妙に付きまとうぐらいの変態。また常にムラムラしている。
前髪V字の人 多串くん土方十四郎(ひじかた とうしろう)
中の人 - 中井和哉
真選組副長。丹波鉄男の別の姿とも言われている。
妙ほどではないが、調味料のマヨネーズを異常なまでに消費しており、意図的に粗末にしているのではないかと言われている。このためか「マヨ侍」という異名を持つ。また銀時と非常に酷似しているが、双子ではない。
少年時代に沖田が描いていた絵。あれ、これどっかで見たことが・・・
沖田総悟(おきた そうご)
中の人 - 鈴村健一(幼少期:岡本奈美
真選組一番隊隊長。ドS。だが神楽曰く「チワワ」。主に土方をいじめたおしている。また、顔だけは女性読者受けする。のちのカイザー・総悟・ドS・沖田III世。また女性読者のファンが多いことで有名。一見訓練をサボっているようにも見えるが、近藤も認めるほど覚えが早い。
アンパンマン マウンテン殺鬼山崎退(やまざき さがる)
中の人 - 太田哲治
真選組監察。地味。アンパンを大量にスパーキングしてみたり、ミントンカバディに興じてみたり、お見合いなんかしても地味。通称「ミントンの王子様」で、たまに越前リョーマのコスプレをしている。
最近、忍者に転職した。のちのジミー山崎
松平片栗虎 (まつだいら かたくりこ)
中の人 - 若本規夫
キャバクラの)魔王。ぶるあぁぁぁぁぁ。「腹斬れぃ」で有名。警察庁長官
好物はベリーメロン。一説によればスーパー地球人であるとも。
アナゴさんと親戚。

見廻組[編集]

ベタを塗り忘れた真選組の隊服を着た人々。たまに真選組隊士が転職していたりする。真選組と異なり漢字が元ネタそのままなのも隊服の件同様『直し忘れ』ではないかと推測される。まったく不憫な人々である。

佐々木異三郎(ささき いさぶろう)
中の人 - 森川智之
見廻組の局長で生粋のエリート。だが嫌味な性格の上メール依存症で、作者や読者のエリートへの反抗意識が伺える。しょこたん語の使い手。正直ギザウザス!
「メールがくるのを祈ってみたお☆ P.S.ウサギってさびしいと死んじゃうんだよ」
今井信女(いまい のぶめ)
中の人 - 平野綾
腐向け漫画との誹りをかわすために登場した正統派萌えキャラ。そのため、従来のファンからは(主に声が)叩かれた。声帯模写が上手い。
ただの人間には興味がない女子高生と同じ魂を持つため、銀時と不思議な関係を持っている。

柳生家[編集]

柳生九兵衛(やぎゅう きゅうべえ)
中の人 − 折笠富美子
銀魂切っての男装好きの女性キャラ。ゴリラ作者が百合好きの読者向けに作ったキャラクター。
爪弾くはお妙ちゃんの調べ!
寿限無寿限無ウンコ投げ機一昨日の新ちゃんのパンツ新八の人生バルムンク=フェザリオン アイザック=シュナイダー三分の一の純情 な感情の残った三分の二はさかむけが気になる感情裏切りは僕の名前を知ってるようで知らないのを僕はしっている留守スルメめだかかずのここえだめめだか…このめだかはさっきとは違う奴だから池ノめだかの方だからラー油ゆうていみやおうきむこうぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺぺおあとがよろしいようでこれにておしまいビチグソ丸
中の人 − 白石涼子
通称「さるお方」。人間[5]に向かって糞を投げて攻撃をする。
柳生四天王[編集]
柳生四天王

以下の4人は、いちご100%のヒロインが性転換した姿である。

東条歩(とうじょう あゆむ)
中の人 − 遊佐浩二
東城綾の性転換した姿。若のストーカー。だが銀魂の世界ではよくあること。
ロフトのカーテンのシャーの部分に妙な執着心を持っている。
北大路斎(きたおおじ いつき)
中の人 − 浜田賢二
北大路さつきが性転換した姿で、ケチャラーのメガネ男。土方とどーでもいい壮絶な戦いを繰り広げた。
眼鏡を外すと野比のび太みたいな顔になる。
西野掴(にしの つかむ)
中の人 - 園部好徳
西野つかさが性転換した姿で、いい年してお子様ランチを食ってる小食のハゲ。
南戸粋(みなみと すい)
中の人 - 緑川光
南戸唯が性転換した姿で、どこぞの王国の王子の魂を持つ四天王最弱の男。ようするにヤマトでいうサイアークのポジション。
別名は「顔面男性器」「全身男性器」。

将軍家[編集]

徳川茂茂(とくがわ しげしげ)
中の人 - 小野友樹
征夷大将軍であり冒険号。銀魂の登場人物の中では一番ひどい仕打ちを受けている。通称「ブリーフ将軍」で、青少年が読んだり、視聴していたりするにも関わらずブリーフ一丁で猥褻行為を平然と行える強者。

同心[編集]

小銭形平次(こぜにがた へいじ)
中の人 − 石塚運昇
俺はハードボイルド同心〜♪
いつもいつでもうまくいくなんて保証はどこにもない「そりゃそうじゃ」

攘夷志士[編集]

泥水次郎長
西郷特盛
坂田銀時
桂小太郎
高杉晋助
坂本辰馬
黒子野太助(くろこの たすけ)
中の人 - 小野賢章
銀時・桂・坂本・高杉らの同士。名前の由来は暗黙の了解で察せられる。

攘夷党(桂一派)[編集]

桂小太郎 (かつら こたろう)
中の人 - 石田彰
ヅラをつけているわけでもないのに作中でヅラ呼ばわりされている人物。本人の頭髪はフサフサどころか非常に長く、禿頭症の読者・視聴者を侮辱するために登場しているのではないかと言われている。とにかくスタンバっている男。
また攘夷活動に飽き足らず、とあるインターネット番組をあらゆる手段で潰そうとしている。ここ最近でアラシ病に感染した
エリザベス
中の人- 高松信司
オバケのQ太郎をパクったようなキャラクター。桂の前では看板に文字を書いて会話をしているが、ごくまれに中に入っているおじさんが喋る。
このキャラクターが銀魂のアニメの監督を行っている。
その正体はエリ立てて刈り上げな特定の人物を想起させるだとかでガチでやばかった。

鬼兵隊[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鬼兵隊」の項目を執筆しています。
高杉晋助 (たかすぎ しんすけ)
高杉の愛刀。
中の人 - 子安武人
鬼兵隊隊長。かなり狂っていて、中二病真っ盛りな男。腐女子から人気。女性のことを「子猫ちゃん」と呼んでいる。
愛刀はエクスカリバー。大好物はヤクルト
過去にマダオの下でオペレーターをやっていた
岡田似蔵(おかだ にぞう)
中の人 - 青山穣
盲目で居合い切りの達人。またゲーマー星人でもある。
現在行方不明。
河上万斉(かわかみ ばんさい)
中の人 - 山崎たくみ
音楽プロデューサー。「つんぽ」という偽名を使うことがある。
常に三味線を弾いている。
来島また子(きじま またこ)
中の人 - 早水リサ
鬼兵隊の紅一点。名前から察せられるとおり来島又兵衛が性転換した姿。
やたら露出度の高い服を着ている。
武市変平太(たけち へんぺいた)
中の人 - 茶風林
大江戸青少年健全育成条例改正案反対」を呼びかけている男。銀魂切ってのロリコン。自称「フェミニスト」。
また磯野家家長でもある。

忍者[編集]

御庭番衆[編集]

服部全蔵(はっとり ぜんぞう)
中の人 − 藤原啓治
痔持ちの忍者。銀時とジャンプを賭けての決闘をしたことがある。
遠い親戚に野原ひろしがいる。

始末屋[編集]

猿飛あやめ (さるとび あやめ)
中の人 − 小林ゆう
巨乳の紫のロン毛で忍者。通称「さっちゃん」。近藤と同じでかなりの変態である。銀時のストーカーを行っている変質者。ドM。銀時に疎まれている。ここまでくるとこのキャラクターはただの変態ということになってしまうが、実は銀魂切っての性教育の教師である。

吉原関係者[編集]

日輪(ひのわ)
中の人 - 櫻井智(幼少期:仁後真耶子
花魁アマテラスオオミカミの転生した姿。
晴太(せいた)
中の人 - 三瓶由布子
元スリ魔。

百華[編集]

月詠(つくよ)
中の人 - 甲斐田裕子
自警団「百華」の頭で、パッキンの女。宮本静の別の姿とも言われている。
かつてはパックラットの世界記録保持者だった。

芸能界関係者[編集]

寺門通 (てらかど つう)
中の人 - 高橋美佳子
アイドル。訳わからない言葉でしゃべる。「みんな楽しんでいってネクロマンサー!!」壊滅的センスを持ち合わせている。
韓国ではA.N.JELLのキーボーディストとして活動をしている
多毛さん(たもさん)
中の人 - 坂口候一
タモリをインスパイアした人物。ハタ皇子と同じ魂を持つ。
来世があるから〜よきかなる〜♪
結野クリステル(けつの クリステル)
中の人 - 成田紗矢香
お天気お姉さん陰陽師。名前の由来は暗黙の了解で察することができる。

快援隊[編集]

アニメのOPとEDにぐらいしか出ていないような人たち。

坂本辰馬 (さかもと たつま)
中の人 - 三木眞一郎
とにかくアホで、声がデカイ人。フリー磯辺の別の姿とも言われている。銀時と同じように天然パーマで、かなり痛々しいボケをかます。よく船酔いする。
陸奥(むつ)
中の人 - 渡辺明乃
辰馬の横にいる女性。名前から察せられるとおり陸奥宗光が性転換した姿である。
アニメ第3期1クールラストで、宇宙海賊の娘かつ夜兎(やと)と判明。
ゆえにひとつなぎの秘宝の場所とかとっくに知っているが商いに興味があるのでスルーしている。
また本作ヒロイン(ゲロイン)の上位互換キャラだが、ヒロインの座に興味がないのでスルーしている。

春雨[編集]

神威(かむい)
中の人 - 日野聡
春雨の幹部で、神楽の兄ちゃん。笑顔で人を殺すイッちゃてる人。
神楽と同じく髪の色は朱色なのだが、ある時期だけ黒髪だった。その理由は禁則事項です
阿伏兎(あぶと)
中の人 - 大塚芳忠
第七師団副団長。夜兎工業高校を何度も留年している。

その他の登場人物(地球人)[編集]

陰陽師と関係者[編集]

結野クリステル
上記を参照。
結野晴明(けつの せいめい)
中の人 - 緑川光(幼少期:大原桃子
陰陽師集団「結野衆」の頭目。クリステルのお兄たまで、かなりのシスコン。
南戸と同じ魂を持っている。また伊東鴨太郎と酷似しているが双子ではない。
外道丸(げどうまる)
中の人 − 川澄綾子
ショートカットで巨乳の美少女式神。ヒロインよりもかわいい。黒鉄美咲の別の姿とも言われている。
名前のとおり外道だが、本当は主の幸せを第一で行動している忠実な式神。

刑務所[編集]

鯱(しゃち)
中の人 - 三宅健太
囚人漫画家。銀時と悪路木夢粋という漫画家コンビを組んでいる。代表作は「チャゲスノート

仙望郷関係者[編集]

お岩(おいわ)
中の人 - 巴菁子
温泉宿「仙望郷」の女将。
スタンド使い。
レイ
中の人 - 小林沙苗
黒髪の美女幽霊。後に銀時のスタンドになっている。
アメリカとあるインターネット番組のアシスタントを務めたことがある。
織田信長(おだ のぶなが)
中の人 - 坂口候一
豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)
中の人 − 宮澤正
明智光秀(あけち みつひで)
中の人 − 川原慶久
3人はブリーフ3のメンバー。この3人だけ名前が元ネタそのままなのは上記の見廻組と同じようなことがあるのだろうか。
ちなみに光秀には専属のインストラクターがいて、秀吉は信長の草履を自分の懐ではなく電子レンジで温めていた。

その他の登場人物(天人)[編集]

央国星関係者[編集]

ハタ皇子 (はたおうじ)
中の人 − 坂口候一
バカ。央国星皇子で動物学者で声優。作者に飽きられ忘れ去られた存在。
声優としての人気は高く、個性を存分に発揮しつつ様々なタイプの役を演じるなど実力も申し分ない。主要人物から脇役、さらには効果音まで全ての役を一人で任されたことも。ちなみに高杉のアフレコを行った際、一部の人間によってハタ皇子の暗殺計画が練られていた。
なお魔人ブウと酷似しているため、マダオと同じく盗作疑惑のあるキャラクターである。

その他[編集]

地球人[編集]

錦松五郎(にしき まつごろう)
中の人 - 坂口候一
武蔵っぽい人。それ以上でもそれ以下でもない。
西郷特盛(さいごう とくもり)
中の人 - 江川央生
『かまっ娘倶楽部』のママで、『青ヒゲ海賊団』の団長。
高屋八兵衛(たかや はちべえ)
中の人 − 吉野裕行
新八の親友。頭にフランスパンを乗っけている。通称「タカチン」。
別の世界で学園生活支援部を設立している。
泥水次郎長(どろみず じろちょう)
中の人 - 宮島史年(第55話)、菅生隆之(かぶき町四天王篇)
「溝鼠組」の組長。なぜか初登場時とかぶき町四天王篇の時とで声が違う。

天人[編集]

屁怒絽 (へどろ)
中の人 − 玄田哲章
すごく怖い。怪物。見た目からするとただの怪物だが、実際のところかなり優しくて良いやつである。
クリカン
柏谷(かしわたに)
服部四ェ門(はっとり よえもん)
中の人 - 山野井仁(クリカン)
この3人はキャッツパンチのメンバー。それぞれルパン三世次元大介石川五ェ門の細胞を取り込んだ天人。
怪盗キャッツイアー / エロメス
中の人 - 鹿野優以
キャサリンを美化したようなキャラクター。坂田とみ子の別の姿ではないかと言われている。
新八を騙した際「初恋の頃を思い出す」と発言からすると、彼女はそうとうなビッチと考えられる。まあ銀魂ではよくあることと考えておこう。
スペースウーマン
中の人 - 深見梨加
ウルトラマンが女体化した姿。
チェリー星人
中の人 - 高木渉
顔がさくらんぼでできている。名前のとおりチェリー
中の人から察すると、通称が「GTO」。
ハメック星の関係者
ナメック星をインスパイアした星の者達。
デルデ
声 - 釘宮理恵
神楽と同じ魂を持つ者。デンデと似た姿をしている。
デルデの父
声 - 鈴村健一
沖田と同じ魂を持つ者。ピッコロと似た姿をしている。ヌメ龍の仮の姿とも言われている。
デルデのじいちゃん
声 - 千葉進歩
ハメック星の長老で、近藤と同じ魂を持つ者。
小林(こばやし)
声 - 阪口大助
新八と同じ魂を持つ者。孫悟空と似た姿をしているが、ヤムチャのような喋り方をしている。
グリリン
クリリンと似た姿をしている。すでに殺されているためセリフも見せ場もなし。
ブリーザ
声 - 太田哲治
山崎と同じ魂を持つ者。フリーザと似た姿をしている。
スーパー地球人
声 - 若本規夫
松平と同じ魂を持つ者。スーパーサイヤ人と同じような属性の者。見た目はただのブリーフタンクトップを着た中年男性。
セロ
声 - 杉田智和
銀時と同じ魂を持つ者。セルと似た姿をしている。なぜかアニメにしか登場しなかった。

他作品より[編集]

両津勘吉(りょうつ かんきち)
中の人 - ラサール石井
こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公。こち亀30周年を祝ってRYO-IIウイルスをかぶき町に撒き、銀時以外のかぶき町の住人を感染させた。アニメではEDにまで登場するちゃっかりもの。

SKET DANCE』より

ボッスン / 藤崎佑助(ふじさき ゆうすけ)
中の人 - 吉野裕行
スケット団のリーダー。万事屋に乗り込みいきなり決闘を申し込むなどかなり生意気な様子。タカチンと同じ魂を持つ。
ちなみにゴリラが描いたボッスンが明らかに別人なのはお察し下さい
ヒメコ / 鬼塚一愛(おにづか ひめ)
中の人 - 白石涼子
スケット団のメンバー。あっちでもこっちでもツッコミをやらされるなんだか大変な人。ビチグソ丸と同じ魂を持つ。
スイッチ / 笛吹和義(うすい かずよし)
中の人 - オウセイゴンセーソフト『杉田智和』
スケット団のメンバー。パソコンに入っている合成音声ソフトで話している。
誰よりも銀魂の世界観を掴んでいたりと、ここでも情報通としてのキャラを発揮している。銀時と同じ魂を持つ。
一部の読者、視聴者から土方と間違えられた。
「流石スイッチ! もう世界観を掴んどる! ちゃうわ、掴んどるゥゥゥゥゥ!!」
スイッチ について、ヒメコ

言語学的観点から見た本作の特徴[編集]

動詞
本作では「知る」「見る」「聞く」といった平仮名2文字の動詞は、漢字を使用せず平仮名で「しる」「みる」「きく」と表記する。これは語調を漢字ではなく平仮名で表記することにより言葉に柔らかさを与える手法であり、決して作者が書くのがめんどくさいからではない。
感嘆符
序盤で述べた通りィィィィ、強い感情を表す際にはァァァァ、このような語尾延長をォォォォォ、使用するゥゥゥゥゥ!!! これはァァァァ、非常にわかりやすくゥゥゥゥ、感情の起伏をォォォォォ、表す表現としてェェェェ、創作物では多く使用されている技法であるゥゥゥゥゥゥ!!! あまり少年誌には似つかわしくない場でもォォォォ、使用しゃれているにょぉぉぉぉん♪ 決してェェェ、時数稼ぎなんかではないィィィィィィィ!!
相槌
強ければ強いほどよく、どうせならコマの半分を用いたくらいの大胆なものの方が良い。決してアシスタントが背景を描くのがめんどくさいからではない。
比喩表現
「石橋をロケットランチャーで吹っ飛ばしてその上をジェット機で渡る」「作家はケツの穴から地球を産むくらい苦しんでいる」「ドラクエの発売された日にバンゲリングベイ発売するようなモン」など、字面にインパクトがあればどれほど極端な比喩表現でも、マニアックな例えでも構わない。また、品性はこの漫画には一切存在しないので、存分に下ネタをつかうとよりよい表現技法が生まれる(例:「この人はパのつくチンコいじって楽しんでるだけのダメニート」他)。それは決して、作者が編集に怒られないような比喩表現を考えるのがめんどくさいからではない。

脚注[編集]

  1. ^ ただ本人は20代後半
  2. ^ ゴリラ作者の気まぐれかたまに「白髪」だったりする。
  3. ^ 猫田銀八とは関係ない
  4. ^ 又は読んでいる
  5. ^ 特に銀時

外部リンク[編集]

銀魂フォント - 次回予告の文字がフォント化されている

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「銀魂」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「銀魂 (アニメ)」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「銀魂」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「銀魂」の記事を執筆しています。
Kamiraku.jpg ・・・書きかけアル。この記事「銀魂 」は書きかけアル。いいネ。ほっとけヨ。書き手には途中でやめたい時もアルネ。い・・・いらないネ、そんなチャラついた加筆

・・・・・・・・・オイ待てヨォォ!! 変アルヨなんかこの記事、このまま放っておいたら変ネ! やっぱ少しだけ書かせてあげてもいいアルヨ! (Portal:スタブ)