銚子電気鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「銚子電気鉄道」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「銚子電気鉄道線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「銚子電鉄」の項目を執筆しています。

銚子電気鉄道株式会社(ちょうしでんきてつどう、以下「銚電」)は、千葉県銚子市に本社を置く、焼き菓子製造販売会社である。

主たる事業は菓子製造、販売業で、副業として鉄道の運行や中古車両のオークション販売を行っている。 主な販売物はぬれ煎餅、あげもち等の焼き菓子であるが、酒類の販売も行っており、わずかながらに乗車券の販売も継続している。 銚子電気鉄道の車両は直流600Vの仕様であるが、乾電池走行も可能である。 乾電池は富士通製が推奨されている。

宣伝力を生かしたインターネット通販、営業力を生かした近隣鉄道の売店への売り込み、6.4kmの長さを持つ広大な店舗用地を生かした地元密着型営業で売り上げを伸ばし、大きな利益を上げている。 主要な広告掲載先は「2ちゃんねる」である。

社員の多くが鉄道マニアであり、趣味が高じて電鉄事業を展開している事で有名。社名もこの電鉄事業を由来にしている。

経営上の問題点[編集]

ぬれ煎餅のヒットにより非常に順調な業績を上げている焼き菓子販売であるが、趣味の電鉄事業において

  • 前社長が駅舎の改装、車両の塗装などに経費をかけすぎ、減価償却負担が大きい。
  • 「ローカル線独特の雰囲気」を醸し出す演出のため、経年劣化の激しい年代物の車両を使用。このための車両点検・修理費用負担が莫大である。
  • 車両と同じく踏切設備や枕木も年代物で揃えているため、国土交通省より安全性の不備を指摘され、交換・改修の必要が生じた。

等、多大な費用がかかる多くの問題点を抱え、焼き菓子販売の利益をつぎ込んでいる為銚電全体としては赤字である。地元民ですら殆どが銚子に乗らない。このため近年、ぬれ煎餅の製造を続ける資金にも事欠く苦境に立たされている。 このためHP上にて「ぬれ煎餅製造維持のため、電車に乗ってください」「醤油を買うお金を稼がなくちゃ、いけないんです」と、電車に乗ってくれるように異例の呼びかけを行っている。

別名「死ぬ死ぬ詐欺」の鉄道会社。

只今、在庫切れですご迷惑をおかけいたします。 銚電オンラインショップへGO!! ぬれ煎餅の在庫がなくなりました。 只今オンラインショップ、一端休止いたします。 大変ご迷惑をお掛けいたします。 オンラインショップを再開いたしました。 只今、一端休止いたします。申し訳ございません。

肝心の煎餅だが上記の如く記載され、一体、売っているのか売っていないのか、さっぱりわからない。

しかも最近うまい棒パクリであるまずい棒(味はほぼ一緒)なども出している。なのに1本50円まずいくせに値段は高い(本命のうまい棒は、1本10円)しかもまとめ売りしかしてなくてほぼぼったくうわなにをするやめr 銚子電鉄の社員により抹消されました

イメージ図※本文とは関係ありません

車両[編集]

2000系
食品事業繋がりで、みかん屋から購入した車両。元々は京王新宿店食品売り場の事業に関連していて、登場時にはワオングループの宣伝ラッピングをしていたりと食品流通の強みが出ている車両。初の冷房車なのに変電設備が貧弱で、折り返しの時でないと空調は回せない。さらに2002編成は台車がこわれてしまい「修理代をカンパしてください」と泣きついてどうにかお金が集まったようだ。

Deha2001.jpg

1000系
銀座三越の地下階アクセスに使用していた車両をベースに作成。潜在的に食品流通の強みが感じられる車両。日立電鉄の注文流れで、最近は朝しか動かないことが多い。1002は屋根に穴があいている。→ 2015年にあぼーん

Deha1002.jpg

800系
1980年前後に、みかん屋から購入した車両。前述する同じみかん屋から購入した2000系により置き換えられたが、事業用として残存。外川駅の片隅に放置。
トロッコ
醤油屋のドラマの宣伝用として導入した車両。笠上黒生駅の片隅で錆びている。
デハ3
現存最小の「電気機関車」。本線には入れない。

外部リンク[編集]

2014年10月にリニューアルされた。それ以前は手作り感溢れるサイトだった。リニューアル時にどさくさに紛れて「会社概要」を消している