鋸南町

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鋸南町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「鋸南町」の項目を執筆しています。

鋸南町(きょなんまち)とは、千葉県南部に位置する小さな可愛らしい町子さんである。いわゆる女性である。

概要[編集]

この女性はとても意地が強い人間である。所詮、ここも田舎であるが町長をはじめとして田舎の寄せ集めとは一緒になりたくないということで抜け出して一人前に自立宣言をした。どうも同じ田舎でも寄せ集めは嫌いなのだろう。身長は小さいが中身はがっちりしているのだ。

あとはこの女性が産んだ人としては江戸時代の元禄文化で有名となった浮世絵士の菱川師宣がいる。彼の生まれ故郷でもあるため道の駅に隣接して入館料がバカ高い博物館もある。

またこの女性自体がかわいらしいのは前文を見ればわかるが、ここに住む人間までしてまでもが美人が多いという噂がある。しかし事実は定かでない。それは人の好みだ。さぁ美人が多い秋田県と対決してみよう、ということになるが。「百聞は一見にしかず」というので実際鋸南へ行くといい。行ってみると特別美人はバキューン!!

地理[編集]

地名の由来は国境の鋸山の南だから鋸南。実はこの鋸南の中に東の鋸東もある。またここのみならず近隣の地域一帯を鋸南地区と言う。

ここからは西に臨む東京湾隔て神奈川県なども見える。夕日富士山がきれい。

あとはの佐久間ダムや水洗トイレ、は汚い、臭い。女は粛清されました

また野口英世だか誰だか知らんがお偉いさんが北側の保田の海で初めて海水浴を楽しんだことから、日本の海水浴発祥の地でもある、らしい。

南の勝山地区ではがある。その名前は浮島である。その名の通りひょっこりひょうたん島のようにぷかんぷかん浮かんでいる島があり夕日とコラボレーションするとどこよりも誰よりも美しい風景を見ることができる。

関連項目[編集]

外部サイト[編集]


この項目「鋸南町」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)