錬金術

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

錬金術(れんきんじゅつ)とは、常温核融合と同様に、核融合による元素変換をフラスコ中で起こそうという学問ないし技術である。

目次

[編集] 概要

絵は飲尿健康法を発見したアルケミストとそれを実践しようとしている男性。

錬金術は元素変換を行うための学問で、主に1G・1気圧の環境中で核融合を起こすことを目的としている。なお1G・1気圧中での核分裂日本茨城県東海村にて技術者らがチタンバケツで実験を行っており、核分裂における放射線は人体実験にて確認している。この学問が目指す核融合による原子変換も、薬品配合比率の関係さえ解明されれば、簡単に行えるものだと考えられている。

錬金術(英語ではAlchemy )は、主になどの卑金属類をに変換することを目的としている。現在では亜鉛の合金である真鍮が金色であるし、ステンレススチールは「錆びない」という性質を持つため、この二つの性質をくっつければ金ができると考えられている。

この他にAlchemyでは不老不死の研究もテーマの一つとなっている。これらは細胞テロメアを持たないため、全身を癌細胞化させることで実現できると考えられているが、今のところは癌細胞の制御技術が無い事から無節操に増殖、肥満の危険があるため不老不死方面の研究は行き詰まっている。

世界的にもこの学問は古いが、伝承中には度々卑金属を金に変換した逸話が登場するため、むしろ現代の錬金術は方向性を誤っていると考えられている。最も有名な変換の逸話としては、アイソポスの表したレポートが知られている。これによればを金とに変換しただけではなく、しかも金属の体積が3倍に増加したという。ちなみにこの方法では「川の水」というありふれた媒体が使われているが、これが秘伝の薬品ではないかと見るものもいる。なお失敗すると元になった鉄すら失う方法だと伝えられており、アイソポスはこの方法で重要なことは「正直であること」だと同レポート中で述べている。おそらく謙虚に現象を受け入れ観察しなければならない手法なのだろう。


いいか、みんな
        (゚д゚ )
        (| y |)

と言う字はな・・・
        ( ゚д゚) 鉄
        (\/\/

金を失うと書くんだ
       金 ( ゚д゚) 失
       \/| y |\/

鉄から金を作ろうなどと欲を張ると、結局は金を失ってしまうという事だ
        (゚д゚ )
        (| y |)

[編集] 「きん」ではなく「かね」

錬金術を金(きん、原子記号:Au)ではなく金(かね、原子記号:Money)へ変換することを画策する錬金術師もいる。「レメディー」という砂糖玉を通貨へ変換することを画策する宗教団体で「ホメオパシー」と自称している。極めて効率的な変換が可能とされ、この宗教へ転ぶ助産師があとを絶たないといわれる。また助産師団体も錬金術を推奨し、講演会を開いている。[1]

錬金の方法

[編集] 脚注

  1. ^ http://www.jphma.org/homoeopath/h_ya/h_yu_1.html

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「錬金術」の項目を執筆しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語