長州力

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「長州力」の項目を執筆しています。

長州力(ちょうしゅうりき、1951年12月3日 -)はプロレスラー、元WJプロレス創始者。本名は吉田光雄(よしだ みつお)とごく平凡な名前である。山口県周南市(旧・徳山市)出身。血液型はO型。公称身長/体重は184cm/115kgであるが、実寸はせいぜい168cmという説も。対外的な愛称は「革命戦士」であるが、某巨大掲示板サイトでの愛称は「御小」「メスカブト」「RINRIN」「MINMIN」「人気レスラーC」「盆と正月」「スーチー」「チースー」「スーチーチースー」「チッチ」「カレーパン」「コリアンモンスター」「コリアンヴァーミリオン」「コリアンセクハラモンスター」「若手のパリパリ」「屁」「余死田美都汚」「カ」「レケ」「CR」「プ板の英雄」「320(ミツオ)」「931(クサイ)」「みっちゃん」。テーマソングは大音量のパ(ry

概略[編集]

語彙が少なく、コラとタコを連発する癖がある。 レスリングの名門・専修大学の主将、そしてミュンヘンオリンピック韓国代表と輝かしい実績を引っさげて、1973年に新日本プロレスに入った。ペリカンにも勝利を収めて、着実に新日プロ内で地歩を固めた一方で、自己中心的な性格から、独立心は旺盛で、1983年に全日本プロレスを主戦場とすべくジャパンプロレスを分派(後に新日へ頼まれて仕方なく合流)。1999年には自分の地位を危ぶめようとする橋本真也を潰す為、猪木、佐山と結託して1.4事変を起こし、新日に地獄の暗黒時代の第一歩を作り上げる。2000年3月にもWJプロレスを旗揚げして新日から脱北独立したが、抜群の経営センス(影のボス永島勝司による悪徳経営術の御蔭でもある)を新日から惜しまれて、アレらの嘆願も黙殺して泣く泣くWJを潰し、新日へ復帰した。

ハイスパートレスリングとコーナーポスト付近でタッグパートナーを見守る時間を多用するファイトスタイルは、「試合を組立てられない塩レスラー振りを隠すもの」なんて誹謗するタコもいるけど、時短・省力化・簡潔なスタイルを極める為に編み出したものである。まぁ、ジャンボ鶴田とシングルで60分フルタイムドローに終わった時に、鶴田が試合終了後もピンピンしていた一方、長州がグロッキー状態になったことから、長州自身が長時間の試合に向かないこともチョビッと関係がある。

長州は前田日明や高岩竜一を、同じ在日コリアンで居ながら嫌っており、また嫌われている。それを災いし、前田が工事中に現場で長州を蹴り、陥没させる所にセメント(つまりガチンコ的な意味)を流し込む事故をしでかした。

また西村修も長州を嫌い、しかし転職先の藤波辰巳も嫌い、藤波から社名をブン取りながら、現場を離れて実際にデスクワークへ転じた。

長州を慕う人間も居る。まず馳浩は専修大学で長州の後輩にして、長州がジャパンプロレスを立ち上げる頃よりずっと居る。石井智宏は天龍源一郎の弟子を経てWJへ来ており、当初にニセ高田延彦を演じようとするが、後述する借金を返す事も好きになるためもあって、高岩になりきりパワーファイターへ変貌し現在に至る。また矢野通は一貫してヒールレスラーと思われがちだが、長州の「あいつが正統派ならば、ウケを狙えるぞ!」と一声でベビーフェイスへ転向させ、さらに総合格闘技でプロレスラーとして負けても『戦犯』として扱われなかった。

体臭が凄いともされ、「Mr.プロレス」こと天龍源一郎は「長州力くせーんだよ!、消臭力!」と証言している。まぁ、天龍の場合はエステー化学のCMが欲しいだけだろう。

プロレス板の英雄[編集]

プロレス板では絶大の人気を誇る長州力。女子プロのネタスレでは女の子として扱われ、こんな長州力は勘弁してください!スレでは☆ナニコラタココラ☆、ノクターン(週刊中年ニート糞かえる)真せんとん(TAMON)を始めとしたクソコテ達と住人がつまらないネタ(1000レス中おもしろいレス0の確率90パーセント以上)で現在70スレを超えるなど、プロレス板ではなくてはならない存在となっている。

長州迷言集[編集]

  • 「俺が天下の長州力!」

アレだ。

  • 「ナニコラ!タココラ!」

アレ(橋本真也)とのコント。

  • 「藤波、俺はお前の噛ませじゃねえ!」

大分県出身の藤波辰巳に発した。

長州が藤波や大分県民をバカにしてるものと窺える。

彼は、これで藤波へ反旗を翻す。

  • 「調子のいい事ぬかしてんじゃねえぞコラ!何が挑戦だコラ?」
  • 天山広吉へ「テメエとっとと死ね!」
  • 平田淳嗣へ「テメエも氏ねコラ!」

こちらは別府市で、上記2人を別府地獄めぐり・火の海地獄へ蹴落とす時に言い放つ。 藤波といい、良く大分県へ噛みつく事を好きらしい。ベルトへ挑戦したがる言い出しっぺ・蝶野正洋を差し置いて、控え室の前を占拠して白熱し本試合よりも格段に面白く盛り上げる。彼は晴れて工場現場へ復帰した。

  • 「糞ぶっかけてやる!」

上島竜兵の「押すなよ、押すんじゃないぞ!」みたいなものか?

  • 「ラックリしたいよ」

意味不明。

  • 「盆と正月が一緒に来たみたいだ」

知ってるつもり?!で使われますよ。アァ。

必殺技[編集]

  •  サソリ固め

リング上で疲れたときに使用。

  •  リキラリアット

別名ラリート。なお、同じ使い手の小橋建太スタン・ハンセンのラリアットとは別物。横に手を伸ばすと、若手が仕方なく首を当てに来てくれる。晩年の馬場の十六文にも似たわびさびの境地に早くから達していたのもチョシュさんならでは。でも飯塚さんは間違えて関節を決めてしまい、干される羽目に。

エル・サムライが高岩竜一に勝ってベルトを持つ際に、長州が出てきて「ベルトを貸せオラ!」と言い、ジュニアヘビー級でない長州が戴冠しかけた。
長州はこれと同等に、佐々木健介へも「¥500万を貸せオラ!」と脅し、…お察し下さい
  • 反則勝ち

長州が、まだ痩せている頃。坂口征二とタッグを組みNWA・北米のタイトルを獲りに行くが、坂口がリロイ・ブラウンから乱入で襲撃を受けて、長州が知らないうちに勝っていた。

他にも多数。最近は、実働時間少ないから詳細はアレ。

関連項目[編集]