陰謀論

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「陰謀論」の項目を執筆しています。

陰謀論(いんぼうろん)とは、アメリカ合衆国等の強国や国際金融資本(アメリカ・ヨーロッパ系)、宗教団体など世間に強い影響を与えているとされる組織が、人々が不満に思うようなこと全てに介入していることを示すと共に、それら組織が相当マヌケな事しかしていないことを指し示した諸種の話のことである。

目次

[編集] 陰謀を企む者によって出来ること

世にあふれている陰謀論を総括することによって導かれるのは、「陰謀を企む者に出来ないことは何一つない」ということである。世の人々が嫌いなもの&望まない事象は、全て世の人々の好むもの&望む事象を駆逐するための陰謀であり、その陰謀を企む組織はユダヤ人フリーメイソンアメリカ合衆国中華人民共和国など多々に渡っている。また、それら組織同士の歴史的な対立は全て実際には演じられたものであり、実際には裏では彼らは全て手を組んでいるのである。

また、彼らの手先となってしまっている人々は世にあふれており、世の人々の身近にも多く潜んでいる。彼ら(陰謀主導者の手先)は多数いるにもかかわらず、誰一人陰謀のことをばらしたりせず、忠実に陰謀主導者の手下となって活動を行っているのである。

陰謀の事例
  1. 大相撲モンゴル人力士が増えたのは、モンゴルと中国とロシアによる日本侵略のための陰謀である。
  2. バブル経済の崩壊は、日本中心の覇権が確立されるのを妬んだアメリカとフリーメイソンの陰謀である。
  3. 進化論は、キリスト教の信仰を貶めるためのユダヤ教徒とそれらに操られた金融資本の陰謀である。
  4. 相対性理論は、UFOが遠い宇宙から来ていることを覆い隠すための物理学者やNASAの陰謀である。
  5. 日本の韓流ブームは日本を掌握した在日韓国人による陰謀である。

[編集] 陰謀者の活動痕跡

陰謀を企む者は世に跋扈しており、様々な陰謀を暴こうとしているものによってその尻尾をつかまれることがよくある。陰謀を企む者はもの凄く人材および金銭に恵まれているはずなのに、そのような尻尾を探そうとしている人々に簡単に見つかるほど活動痕跡を多く残している。だが尻尾を捕まえても、不思議なことに本体が明らかになったことはただの一つもない。彼らは尻尾は残しまくるが尻尾切りは得意なようだ。

以下、陰謀を企んだ者が残した間抜けな痕跡について列挙する。

[編集] アポロ計画陰謀の場合

アポロ計画は実は捏造、ないし活動最中での情報隠蔽があったとする陰謀指摘。この陰謀論は2011年9月、探査衛星が月面に残された飛行士の足跡と月面車の轍を撮影・公開したことでものの見事に打ち砕かれた。

  • 月面で旗がはためいた」→これは月に空気があるか、地球上で撮影した映像に違いない
    NASAの幹部はいずれの場合でも、素人に見破られそうなはためく旗を用いてビデオ・写真撮影をしたことになる。おまけに撮り直しすら考えていない。
  • 月の空の写真に全く星がない」→星が写ったら地球で撮影されたものだと分かるから、敢えて星を消したに違いない
    NASAの研究者の中には、月から星空を見たらどうなるかという天文学的計算ができる者さえ一人もいないようである。よく陰謀を企んだものだ。しかしそうやって計算して写真を撮ったにしても、今度は露出の問題が出てくる。もしも星のような弱い光が写真に写るぐらい露光が長かったら、月面は真っ白に飛んでしまう。もしも星がとりたいのであれば、月面を写さなければいいのだろうが、そうしたらもはや「月面探査」ではない。
  • ロケット打ち上げ成功」→実は全部映画
    月着陸船とNASAとの無線交信はニュースで流れたばかりか当時全世界のアマチュア無線家に傍受されている。もしこれも創作なら非常に壮大だ。CIAどころか、世界中の諜報機関の総力を以ってしても不可能。

[編集] 9.11陰謀の場合

アメリカ同時多発テロブッシュ政権主導の陰謀ではないかという指摘。

  • ペンタゴンに飛行機が突っ込んだ跡の穴が小さい」→実は飛行機ではなく巡航ミサイルを突っ込ませたのだ
    ペンタゴンの周辺には高速道路などが多くあるが、そこを通りかかったドライバーなどから「飛行機でなくミサイルを目撃した」と証言されたら、アメリカ政府はどうするつもりだったんだろう。ジョージ・W・ブッシュの陰謀は本当に抜けている。
  • ニューヨークでは飛行機が突っ込んでいないビルも崩壊している」→実は飛行機はカモフラージュで、ビルは爆発物で破壊されたのだ
    じゃあ何のため、2回も飛行機を突っ込ませたんだろう。ビル崩壊の目撃者や体験者は多数いるのに、密かに工作活動で壊すには余りにリスクが高いんだが。それなら普通に爆破させたほうがいいんじゃないの…。それにしてもニューヨークに拠点を多く構えるであろうアメリカの財界に対する配慮もブッシュは出来ないらしい。側近ともどもバカの集まりだったようだ。

[編集] 巨大組織による陰謀の場合

ユダヤ人を始め、フリーメイソンなど国際的な活動組織が裏から世を操っているのではないかという指摘。

  • ユダヤ人やフリーメイソンは秘密裏に、我々が気づかないような形で世に圧力をかけている」→それゆえ気づいたものは弾圧される
    じゃあ何でずっと昔から、彼らの陰謀を指摘する書籍が出続けているんだ?今ではコンビニ本にもあるぞ。陰謀組織は肝心なところでどうしても抜けているらしい。
  • 自分の持論である反・相対性理論や反・進化論などが世で認められない」→彼らの陰謀で圧力が学会や出版界にかけられているからだ
    その割にはたま出版徳間書店学習研究社から、ずっと同じような内容の事を書いた本が出続けていますよね。学会や陰謀組織の人の目は節穴ばかりなんでしょうか。ちなみに光より速いニュートリノが存在する可能性が2011年9月に見つかり、慎重に検証が進められている。事実なら特殊相対性理論はひっくり返るから。

[編集] アンサイクロペディアの陰謀

陰謀はもちろん、このアンサイクロペディアにも多く及んでいる。管理者は実はひとりしかおらず、様々な人格を操ることでIP利用者を追放しようと常に企んでいる。その陰謀に気づいてしまったものは、そのただ一人しかいない管理者によって駆逐されるか、彼の手先として抱き込まれる。

管理者はその陰謀のため、24時間全く寝ないで活動をしている。個々の人格は完全に独立しており、少しも似たりすることはない。管理者はそれゆえ人ではなく、コンピュータではないかといわれている。

実はこの文を書いたのも管理者の陰謀ではないかという説も多々ある。しかし実の管理者の陰謀ではなかったとしても、管理者を陥れ、自分がアンサイクロペディアの王になろうとするために誰かが行った陰謀かもしれない

[編集] 「陰謀」という呼称の悪用 

「陰謀論」というレッテル張りは、しばしば他人の詮索を免れる方法として多用される。

  • 例1「鈴木君の上履きを隠したり、教科書に「氏ね」と書いたのはお前だろう?」「先生、そんな根拠のない主張は「陰謀論」です。このクラスにいじめはありません」
  • 例2「加藤君の作業服を隠したり、リストラ匂わせて散々に脅したのは、自発的に退職させるための作戦だろう?」「T自動車もK自動車工業も労働者を愛してます。そんな間抜けなイヤガラセなどしません。陰謀論はやめてください。事件は本人の資質の問題です。」

陰謀の存在を語る人間、信じる人間は馬鹿だという雰囲気を漂わせることで、人間の自尊心に訴えかけて言論統制の効果を達成することが可能である。政府や諜報機関などが、カウンター・プロガンダを用いる際には専門家や大学教授など権威者を利用して、疑惑を消し去るための言論活動を展開させることは常套手段である。

陰謀論のレッテル張りを行うと、非科学的な妄想と、検証に値する矛盾点の指摘とを区別しないことで、一括してゴミ箱に放り込むよう人々を仕向けることが出来る。

さらに高等な言論統制方法としては、陰謀を指摘する側(A)と、その指摘を「陰謀論」として排除する側(B)の双方に 工作員を送り込み、Aにおいて攻撃しやすいほどに破綻した主張を紛れ込ませて、それをBからさかんに攻撃させて、A陣営の信憑性を全体的に落としめるという、手の込んだ方法がある。

この方式は社会工学的に実地に研究されて膨大なノウハウが蓄積されており、世界の諜報機関が工作員に学ばせるいわゆる「クラッシュ・コース」(破壊工作コース)では、このような両面作戦は、謀略宣伝工作のイロハのイとして教育している。具体例として、「陰謀論というラベル張りをする人間の、バックグラウンドを疑え」という方式がある。

さらに簡単な方法として、「火のないところに煙はたたない」という伝統的な格言を思い出すだけでも、中立的な視点を保つことができる、といわれている。

ただ一方、真に単なるヲタ話を印税など金銭を稼ぐため、自分が嫌っている相手を貶めるため、あるいは自分を客観的に評価できない人間が、思考停止して自己満足するためだけに唱える可能性も皆無とはいえないため、「その話が広まることで、利益を有することになる人間は誰か」、「もし陰謀論が事実だと仮定して、陰謀でなかった場合と比較して矛盾点は大きくならないか」、「陰謀を主張する人間に、論理のすり替えなど、詭弁を用いているものがいないか」など、「火を陰謀主張者が自分で立てていないか」という面での検証も重要である。

これをした後に上述の検証を踏めば、トンキン湾事件ウォーターゲート事件など多くの陰謀事件の真相を暴くことが出来るであろう。

[編集] 世界人口爆発陰謀説

世界人口爆発が実際は無かったとする陰謀説、論者はひよこ陛下など、根拠としては地球外移民でも来ない限り世界人口爆発が発生する事は哲学的に考慮すれば不可能な事や、フリーメーソンが実際に中国の人口は13億人以下で世界人口は60億もいないと発言していることや、そもそも地球地域の大部分は55年前と比べて人口が大きく増えたという実感が無いことなどがあげられる。

[編集] プレステ陰謀説

プレステ文化がロックフェラーの陰謀で意図的に作り出されたとする陰謀論、論者はひよこ陛下、副島隆彦など、ロックフェラー財団は陰からソニーを支配しており、ロックフェラー財団は幅広い年代層を思考停止にさせることで、新世界秩序建設をスムーズに進めようとした深謀で、ロックフェラー財団とソニーアメリカが、共同でプレステ1・2・3を開発したとされる。

[編集] ロシア革命陰謀説

ロシア革命の勝利に、大本営ロスチャイルドが関与しているとする陰謀説、論者はひよこ陛下、小島秀夫など、ロシア革命は世界平和最大の脅威であったロシア桜井政博王朝を完全に打倒する為の革命だったとされる。

[編集] ゆとり教育陰謀説

当時赤ん坊だったゆとり世代が、老害共の抹殺のため、思念波を使って当時の通商産業省を洗脳して、バブル経済を崩壊させ、自分たちのやり方が通用しないと老害どもに悟らせて自殺に追い込むべく、ついでに当時の文部省も同様に洗脳したのが、ゆとり教育の実情という説。

しかし、実際に就活自殺を起こしているのはゆとり世代であり、老害の方もその陰謀をうまく利用してうまく立ち回ったといえよう。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語