集中豪雨

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では雨がいっぱい降ることなどの気象関係の集中豪雨について記しています。マスコミどもによって一躍流行語大賞の候補に成り上がったゲリラ豪雨という単語については、ゲリラ豪雨 (単語)をご参照ください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「集中豪雨」の項目を執筆しています。

集中豪雨(しゅうちゅうごうう)とは、ある特定地域のみで突発的に開催されるお祭りの一種である。稲妻が華麗に空に舞い、車が道路を走って一時的に水の噴水が作られるなど、美しく日本で人気のお祭りである。開催団体は不明。最近では海外進出もしているようである。よりナウにゲリラ豪雨とかと呼ばれることもある。

定義[編集]

明確な定義は無いが、頭の硬いどこかの百科事典によれば直径10kmから数十kmの範囲に時間雨量50ミリを超える場合らしい。とりあえず日本の気象庁あたりのお偉いさんか、マスゴミが集中豪雨と言えば集中豪雨なのである。

お祭りの開催理由[編集]

これは自然がやることなので、確かなことはわかっていない。停滞前線やら上昇気流やら非常に難しい内容が関わっているようではある。様々な理由で空がだらけになり、水をいっぱい含んでむくんでしまったので雨を降らせたり、怒って稲妻を走らせたりするのが理由だと思われる。一般人はそんなことはどうでもよかったりする。

稲妻や水のパフォーマンス[編集]

パフォーマンスを楽しむ観光客たち。

このお祭りのメインイベントである。必ずしも行われるわけではないが、大抵は行われる。

  • 稲妻が空を華麗に舞う
    • 一部は地上にまで到達し、あまりの豪快さにその場を動けなくなる。へそを手で押さえながら見るのがマナー。
  • 道端に噴水が設置される。
    • 道路に水を貯め、車が通過することによって噴水が発生する。自然と人との共同演出である。より高速で豪快に水をあげるのがマナーであり、綺麗な噴水となるが、近くに人が歩いている場合はいろいろとあれなので噴水を発生させるべきではない。制服を着た女子校生ならば、自己責任でやってもいいかも。
  • いたるところにを作る
    • スーパーなどの大型の駐車場では一面が水で埋まり、一時的な海が作られる。同時に上記の噴水も起こる。
  • 強風による様々な物体の踊り
    • ビニール袋が有名。が舞うこともある。時には街路樹がなぎ倒される。人はただ感心する。

開催されたときの人間への影響[編集]

集中豪雨時の電車の車内。

お祭り開催により、人間は様々な影響を受ける。

  • 風物死の発生
    • 水難事故などが発生する。
  • あまりの雨粒の多さ、豪快さに目を奪われ、家にひきこもる。
    • これにより街を歩く人が減る。鉄道では利用者が減ってしまうため、運転を見合わせることがある。ただし帰宅ラッシュ時に重なると、なんとかして家に帰ろうとする人が殺到して満員電車を引き起こす。

近年の増加傾向[編集]

日本人の人気上昇により、よりお祭り開催の機会が増えている。2008年には全国高等学校野球選手権大会の試合を中断してまでお祭りを楽しんだほどであり、東京でも増加傾向にあることが一般的に知られている。ヒートアイランド現象との関連が疑われているが、実は集中豪雨を起こすために政府や工場、オフィスビルが温かい空気を沢山だしているということはあまり知られていない。

また最近では中国が消雨ロケットという、北京に雨を降らさず周囲に雨をぶちまけるためのロケットを発射したのがあまりにも効果がありすぎて日本にまで雨が降っているとの説もある。

関連項目[編集]


この項目「集中豪雨」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)