雑煮

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
一般的なお雑煮。

雑煮(ざつに)とは、その名の通りかなり大雑把かつ乱雑な料理法で作られた煮物である。しかし雑な煮物が縮まって雑煮という単語になったというのは間違いである(後述参照)。雑煮の料理法は、名古屋では小松菜をいれたり富山では蒲鉾を入れたりと地域によってバラバラである。また鳥取では雑煮と汁粉とが混同されるなど、雑煮の存在自体が雑で曖昧である。それぐらいな料理なのである。

なお、たまに雑煮のことを象煮(ぞうに)と呼び間違え、具材に象が必要なのだと勘違いしてインドぞうを狩るためにインドまで行って遭難したり、サーカスのゾウを強奪しようとしてサーカスの団長に締め上げられるおまぬけな人もいる(ジャイアンブタゴリラなど)。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「雑煮」の項目を執筆しています。

作り方[編集]

先述の通り、かなり大雑把である。代表的な具はほうれん草や小松菜、蒲鉾、ベビースターラーメンカマンベールチーズや場合によっては検閲により削除をいれたりする。ダシは大体昆布鰹節だが甘党の人はジュースサイダーを混ぜたりする。入れる量も小さじ1杯だったり升2杯分だったり1hydeだったりととにかく大雑把であり材料の種類や入れる量などには拘らない。

雑煮と餅[編集]

かつて大半の雑煮はを主な具としていた。しかし近年、お年寄りなどが餅を喉に詰まらせ場合によっては死亡する事故が多発している為、より安全に食べられる白玉団子マシュマロ綿飴が代わりに入れられる事が増えてきた。

雑煮の歴史[編集]

雑煮の誕生[編集]

「雑煮」という言葉の語源は「大雑把、乱雑に料理された煮物」であると勘違いされることが多いが、実際は「雑兵達が食していた煮物」が略された言葉である。元々雑煮とは合戦の合間に陣中で作られ雑兵達が食していた料理であり、合戦の合間であるゆえ料理の具や味に拘ってはいられなかった。味なんかどうでもいいからとにかく楽にかつ早く作れてスタミナをつけられる料理を、ということで雑煮が生み出されたのである。なお倹約家で知られる徳川家康は道端に生えてる草までも雑煮の材料に使ったという。

江戸時代の雑煮[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

現代の雑煮[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]