離婚

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

離婚(りこん)とは、婚姻していたお互いの男女が、様々な(個人的なものと不可抗力的なものとある)事情と情事などを理由に、その婚姻を解くことをさす。不慮の事故によりどちらか一方が命を失うことは離婚ではない。

目次

[編集] 主な原因や理由

[編集] 性格の不一致

これを理由とする場合が「協議離婚」では圧倒的に多いが、実際の理由としては余りにもあいまいであり、真実を隠すための都合のよい理由とされる。転職の際に「一身上の都合により」というのと同義語である。

当人たちは理由をなんだかんだ言ってはいるが、実態としては「性の不一致」を知られたくないためのごたくであり、実際には夜の生活ないしは夫婦生活がうまくいっていないことをごまかしたいだけである。

夜の生活がうまく逝かない例

[編集] 浮気

これを理由としている場合は、浮気をしたから離婚するのではなく、離婚をしたいがために浮気をするケースが圧倒的に多い。ただし、金銭的リスクおよび肉体的リスク、精神的が非常に高く、お勧めできない。

金銭的リスクとして、示談金およびそれにかかる間接的費用があるが、裁判ともなると痴話げんか専門の弁護士を儲けさせるだけなのでやめたほうがいい。場合によっては、裁判に勝ったけど弁護士に負けたと言うケースもある。

また、肉体的リスクとして直接「法律上の嫁さん」に殴られるほかヤンキーほかその他「怖い人たちの集団」が相手側の家族だった場合に、冷蔵庫に入れられ近くの港で半永久的にクルージングを楽しむ羽目に合う。

精神的リスクとして、裁判にかかる長い時間、ご近所の目、職場の口の軽い人事担当が内輪ネタほしさにちゃっかり口を滑らせ光のネットワークより早く同僚に伝わるなど考えただけでも不名誉な評判が広がる。

[編集] 新婚旅行

成田離婚」として広く知られている。初めての旅行先で欲求の不一致(行き先や食事や体位)を目の当たりにし、そのような相手とは一生の生活を共にすることに不安を抱いて別々のリムジンバスに乗ることをいう。これを理由として離婚したい向きの場合、行き先の設定が非常に重要になる。渡航先を決める段階で相手ともめていると、成田前離婚になりかねない。

これについては、単純に回避方法があって、何でもいっぺんにやらないと言うことや、セックルおよびそれに対しての期待もほどほどにということである。お互いに、海外旅行から夜のお供まで未経験のことを連続するのであって何でもかんでもできたらそれは怖いのである。

[編集] すれ違い

芸能人に多く見られるものである。というよりも、芸能人は結婚すると基本的にすれ違う。すれ違う、といえばモテると考えているケースが多い。

[編集] 手順や方法

[編集] 協議離婚

お互いの意思を確認し、離婚届を作成し提出すること。もっとも簡易な方法だが、お互いの同意のある場合のみ成立する。

[編集] 離婚届

婚姻届は、両者の同意をもって(両者のサインによって)夜間の窓口にこっそり提出すればOKとなるが、離婚届はサインのほかに、成人の第3者2名による署名が無いと成立しない。また、提出先は平日日中の有人窓口に限られ、窓口担当者に大きな声で「離婚ですか?」とたずねられるので覚悟が必要。

めんどくさければ、勝手に署名捺印しても役所は確認しないので受理されるが、これは公文書の偽造と行使からなる犯罪であり、後から不利な立場に立たされること請け合いである。

[編集] 調停離婚

調停離婚は、家庭裁判所にその旨を申し込むことで実現可能。お互いの言い分を冷静かつ公平に、調停員が(時間差を設けて)個別に聞いてくれる。時には離婚を解消しようと親心を見せる調停員も存在するが、単なるセレモニーである場合が多い。調停離婚として成立した場合、家庭裁判所から離婚届を発行、提出してもらえるので市役所の窓口で恥ずかしい思いをしなくて済む。また、場合によっては行方不明の相方と分れる手段として知られている

[編集] その他

[編集] パワー

結婚の場合は、2人で力を合わせて成立させるため体力も2分の1、財力も2分の1の消費で済み、財産は2倍となる(そうならない場合もある)が、離婚の場合は、体力も財力も2倍使い果たし、財産分与によりそれは半分かそれ以下となる。

[編集] バツイチがモテる理由

一度離婚を経験した者は、結婚生活の酸いも甘いも心得ていると思われているため、思いつきの行動を起こさないと信じられているが大きな間違いであることは、小泉前首相を見れば一目瞭然である。

[編集] 雑学

ちなみに、スタートからすでにずっこけている(DQN)と、離婚率が上がるという。また、田中真紀子の長女が離婚したと書くと発禁になる。これを元にした「言論の自由VSリコン」を立花隆が執筆している。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語