雪男

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「雪男」の項目を執筆しています。

雪男(ゆきおとこ、snowman、ieti)とは、世界各地で、の間(ただし雪のある場所で)だけ見られる謎の生命体である。UMAの一種とされる。

生態[編集]

雪男はその名の通り、雪のある場所でしか確認されていないUMAである。その生態については謎とされる部分が多く、特に彼らが雪のない時期にどのように過ごしているのか、という点が全く不明である。一説によると彼らは雪がないと生きて行けないと言われるが、もしそれが事実であれば、どのようにして夏を越しているのか、という点がますます不明である。

また、高緯度で非常に寒い地域ではあまり目撃されないか、せいぜい、先で寒さが緩み始めた時期に見られる程度である。このことは彼らが一定以下の気温では生存できない可能性を示唆するが、雪を必要とするという説と相反する面もある。

彼らの体毛は保護色として真っ白なものが多いが、都市部に現れる雪男は全体に茶色や灰色をしているものが少なくない。ただしいずれの場合も、実際に体毛が採取された例は非常に少ない。こうしてほぼ同一色の体毛の間から小さながのぞき、また身体の大きさに対して明らかに短いが飛び出している。

彼らが人間の行動様式を真似る様子がしばしば見られる。特に頭の上に帽子を被る(ただし本物の帽子は見つかりにくいので、代わりにバケツなどを用いる)ことや、手に手袋をつけることが特にお気に入りらしく、そうした雪男が頻繁に目撃される。マフラーを巻いたりサングラスをかけている姿も見られることがある。一方でこれ以外の衣類を身につけたりを履く様子はほとんど無い。この行動については、その理由や目的ははっきりしていない。

目撃情報[編集]

  • しばしば、彼らの足跡が発見されたとの情報があり、これは彼らが人間と同じように歩き回ることができることを示している。しかしながら、目撃された雪男のほとんどが、足が無い(少なくとも外見上確認できるような足を持っていない)ものばかりである。このため、「雪男の足跡」という情報自体が誤りでは無いかとする意見もある。
  • 都市部では道路の上に居座っていることがあり、しばしば交通の邪魔になる。しかし無理に退けようとする人はほとんどおらず、みな静かに避けて通るだけである。彼らの体格と体重を考えれば、不用意に雪男に手を出すことは非常に危険なことであり、この対応は正しいと考えるべきである。
  • 同様に、家のに入り込んでそこに居座ってしまう例も少なくない。この場合も、敢えて立ち向かわず、そのまま放置しておくことが望ましいとされ、実際に多くの人々もそのようにしている。
  • 子供達には無害であるとの情報もある。
  • 世界中に雪男を題材とした物語がある。また雪男が主人公であるアクションゲームもある。これらの作品のほとんどは雪男をコミカルで親しみやすい存在として描いており、謎の多い生物としてのイメージはほとんど見られない。
  • 一部の情報によると、全身赤の毛に包まれ、頭部にタケコプターを搭載した視神経が飛び出している子供の雪男恐竜の生き残りと協力してお台場を占拠しているという噂がある。

亜種[編集]

雪男の名で一括りにされているが、東洋(アジア全域)と西洋(主にヨーロッパアメリカ大陸オーストラリアなど)では姿形が大きく異なっている。東洋の雪男は寸胴なものが多く、その代わりに体重が大きくなる傾向があるが、西洋の雪男は背が高く、また髭を備えたものがしばしば目撃される。

これらは別の種(亜種)として分類されることが多いが、それぞれの地域で逆の亜種が(東洋の地域で西洋種が、西洋の地域で東洋種が)目撃されることも希にあり、これがさらなる謎を呼んでいる。

関連項目[編集]

雪男の目撃例
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「雪男」の項目を執筆しています。