雪見

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Icon-not-under18.png 注意 : アンサイクロペディアに未成年者の閲覧にふさわしくない記述・表現が含まれているのは仕様です。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「雪見」の項目を執筆しています。

雪見(ゆきみ)とは、人間との性的関係を指す語。またその風習。雪見を楽しむのは基本的に男性のみであるため、対する雪は女性として扱われる。

概要[編集]

現代日本は、世界で最も風俗店のバリエーションが豊かであると評されるが、そのような性文化や性に対する観念が短期間で確立することはない。事実、人間以外の物体に性的幻想を抱く、というのはかなり古代にまで遡ることができる。例えば縄文時代土偶がそうであるし、神社では和歌山県の歓喜神社などが著名である。人工物だけでなく自然物にまでエロチシズムを感じる日本人男性の本能は、やがて雪さえも性欲の捌け口とするに至ったのである。

彼らに言わせれば、雪というのは自然物の中でもトップクラスに淫乱であるらしい。体は透き通るように白く、吹けば飛んでしまうほどに体重は軽い。そのような、か弱く物静かで儚げな女性を嫌う男性はなかなかいないものだが、雪の場合はそれだけではなく匂い立つような淫靡さを兼ね備えている。なぜなら、雪の結晶を見ればわかるように、出るところは出て引っ込むところは引っ込むというとてもよい体をしている。そして何より、熱っぽく見つめていれば自ずと湿り気を帯びてしまうからである。見られているだけで濡れてしまう、というのは疑いもなく淫らな証拠である。つまりこれは雪自身も求めているということに他ならず、「据え膳食わぬは男の恥」の通り、日本男児たるもの正々堂々応じてみせねばならない。

なお、「見る」という動詞には自分のものにする・娶るといった意味があり、これが雪見の語源となった。

作法[編集]

いくら相思相愛の仲であるとはいっても、やはり人間が雪と契りを交わすのには無理がある。そこで妄想の出番となる。まず、しんしんと雪が降りしきる様子は髪の毛を梳かす女性の後ろ姿であるから、これは誘っているのだと考えることができる。次に、少しずつ降り積もっていく様は、雪も興奮が高まって待ちきれなくなってきているのだと解釈する。ここまで来れば、男性側もおもむろに服を脱ぎ雪を抱くだけである。この時、男性には二つの選択肢が与えられる。全裸になって熱情の赴くままに雪の中に飛び込んで自慰行為に耽るか、縁側や窓際で慰めるか、である。

全裸で雪に埋もれる場合、冷たい感触が心地良くて雪との一体感を得ることができる。一方の雪を眺めながらの手淫は、一見しただけでは性交とは言い難い。しかし、これは日本人の情緒に対する理解不足と言わざるを得ない。既述のように、雪の方も確かに男を求めている。完全に相思相愛が成立している状態では、たとえ第三者からは単なる一方的な自慰行為に見えても、それは確かに交合なのである。その証拠に、雪は絶頂に達すると融けてしまうという特徴がある。男性器から放出された精液を浴びれば雪は解けてしまうが、それはまさに男性と同時に雪も果てたことを意味している。

風邪を引いてしまうかもしれないので、行為が済んだなら男性はすぐさま服を着て体を暖かくするべきである。特に後戯などのアフターケアが必要とされないことから、生身の女性よりもむしろ好まれることがある。

関連項目[編集]


この項目「雪見」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)