出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

その威光に電車でさえ立ち止まる

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

(かみなり)とは、が発情した時に空から降ってくると轟音のこと。落雷しやすい季節、天気、人がある。雷は夏の季語であるくせに、稲妻は秋の季語だという。神鳴りとも。

目次

[編集] 概要

一部の科学者は雷を電気であると説明しているが、これは誤りである。古来より雷は、太陰暦の夏から秋のはじめにかけてと共に多く発生することが経験的に知られており、また落雷した田でのみ稲が育つことが確認されていた。近年ではこれは、魚類や両生類の放精と同じ、いわゆるぶっかけであることが科学的に実証された。名は体を表わすの通り、稲のなわけである(「つま」は配偶者を意味する)。古今東西の雷神に男神しかいないのはこういう理由からきているものであり、落雷しやすい季節とはそのまま発情期と解することができる。雷に打たれた経験のある人がテレビに登場することがあるが、彼らは神に愛されているのだから、むしろ喜ぶべきことであろう。

ただし、さすがに神だけあってその愛情表現はすさまじく、打たれれば人も動物も死ぬし、電化製品の故障や火事の原因になるので注意が必要である。(なお、打たれた人によっては、逆に復活することもある。)

[編集] 解釈

空から迸る白い液体 (?)。

日本では雷神といえばタケミカヅチ(古事記では建御雷之男神・建御雷神、日本書紀では武甕槌、武甕雷男神)で、そのタケミカヅチを出し抜いて天神に祭り上げられた菅原道真が有名である。雷が空を縦横無尽に走り回ったり、目にも止まらぬ速さで地面に突き刺さったりするイメージ、またその破壊力は古代人にとってはをイメージさせるものであった。同時に、剣の細長い形状は容易にに通じる。また、雷神(天神)とはそのまま龍神のことであり、龍といえば蛇であることは周知であろう。

このように雷はどうあっても蛇に繋がるのだが、ではその蛇はどのように捉えられているかというと、脱皮や冬眠は不死性、つまり豊穣やら永遠の生命やらを象徴する。また、鎌首をもたげた姿はXXXXXにそっくりである。ジークムント・フロイトの夢分析においても同様に見なされているので、やっぱり雷は神のぶっかけということになる。ギリシャ神話において雷を司るのはゼウスであるが、この神もあっちこっちに女を作っては子をもうける色好みであった。

こうした神話伝説が世界中に多く残っており、またその内容がある程度の一致を見ているのは、雷が神の放精であることの裏付けと考察して差し支えない。古代人たちは素晴らしい観察眼と洞察力で、雷の本質を見抜いていたのである。科学などという目くらましで呆けてしまった現代人は、大いに見習うべきであろう。

ちなみにイケメン俳優だった市川雷蔵も隠れてぶっかけをしまくっていた。彼はプライベートでよく「俺の股間はイカ臭い雷が詰まった蔵だ」と言っていた。故に彼は名乗った、「雷蔵」と。

[編集] 人工の雷

最初に雷は電気ではないと説明したが、電気で雷を人工的に発生させようとする試みもある。

身近な例としては静電気である。これはよく乾燥した冬に発生させるもので、ドアノブなどの金属に触れることで発生させることができる。が、極少量の電力しか発生しないので、雷にはほど遠い。

しかし、まだそんな小さな雷しか発生させることのできない地球人を驚愕させる事件が起きた。バルスの変である。1850年代、少年少女がラピュタに籠城した際に、大佐は「ラピュタの雷(いかずち)」と称して城から大規模な雷を発生させた。その雷は九州西部の海上に落ち爆発、一時騒然となった。後に、ラピュタの雷は通常の雷の100万倍に及ぶ威力であったことが発表された。

ただし、人工的に雷を発生させることは、神の業を許しなく人間が行うことに値し、特にキリスト教徒の間で反論が挙がっている。

[編集] 関連項目


この項目「」は、執筆者が徹夜でやろうとしていたかもしれませんが一身上の都合により書きかけであれなんです。お願いです社員は悪くありませんから検閲により削除してくれたら検閲により削除なんですが… (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語