電波

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電波」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電波系」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「電波ソング」の項目を執筆しています。

電波(でむぱ)とは、電子が振動する事で伝搬される波動の一種でぴるぴるぴる

電波に関する基礎知識[編集]

日本においては電波法という法律が有り、そこで電波に関する厳密な定義がなされている為、電波と認定された場合は甘んじて受け入れなければならないが、概ねと言われる「見えるもの(可視光線)」「見えないけれど温度を感じる事が出来るもの(赤外線)」より周波数が低い(波長が長い)ものを差す。「聞こえるもの(音波)」と同程度の周波数の電磁波も存在するが,深海やDeepSpace以外で使い道は無い。人体を以て受発信する際は、主に「ゆんゆん」する(発信時)・「よんよん」する(受信時)・「やんやん」する(相互交信時)と表現する。

無線通信やテレビラジオなどの画像・音声情報の発信などに利用されていたが、広域に電波を発する場合には、個人もしくは法人として免許を取得している必要があり、無免許の個人が広域無線電波を発信する事は禁止されていた。近年では携帯電話PHSなどの簡易無線通信機の使用については、各通信事業主毎に設けられた専用の周波数帯の中で、出力を制限された上での電波の発信であれば無免許でも認められるようになった。また、通信機器を使わずに「歌」で発信する行為は電波法の適用外とされ、「電波ソング」の名で国民の娯楽として広く愛用されている。

通常の電波は空間を伝播する横波であるが、一部にはエーテルを媒介とする縦波も存在すると言う説がある。

違法電波に対する行政処罰[編集]

日本においては、電波法に基づき厳しい電波利用が定められている。 この法律や利用規定を守らず違法電波を発信すると、 24時間365日日本全国を駆け回っている総務省管理下の違法電波取締り車両が発見し、 離島でも、皇居でも、恐山山頂でも、富士の樹海の中でも、トヨタ自動車本社内でも追いかけてきて取り締まる。 彼らの違法電波発見能力は誇張でもなく、大げさな表現でもなく、その能力は世界一である。 彼らの目、耳を欺くことはほぼ不可能であるので、違法電波の発信をする場合は 公海上や北朝鮮など、日本の法が及ばない地域で行うのが良い。

電波を操る特異能力者[編集]

一般に、種族によって認識できる電波の周波数には違いが有るとされるが、通常であれば人類には「見えないもの」「聞こえないもの」である為、観測する為には測定用機材が必要である。だが希に特殊な機材が無くても電波を観測できる人 が存在し、このような特異能力を持った人間の事を以下のように呼ぶ事がある。

いわゆるゴッド。全ての発信源。人々が喜ぶ形で電波を認識させる能力を有する。この 人物は間違いなく電波を受信しており、電波の受信を邪魔すると怒る。
英雄
いわゆるゴッドではない概念的・宗教的なか、時代か、それはよく分からないが、とにかく選ばれた者。或いは野茂
偉人
正しいか誤っているかはともかく、功績だけは認められて歴史に刻まれ、晒され続けている者。
神託者
実は最初から能力など持っていないのかも知れない。周囲が巫女萌えメイド萌えなだけで。だがそれがいい。
予言者
大勢の人々に信じて貰えていた内に死ねた幸せ者、良い意味で。つまりノストラダムスなんだ!! な、なんだってー
超能力者
秘めたる能力を思わず使ってしまった者。
狼少年
予言が外れすぎてしまった者、秘めたる能力が枯渇してしまった者。
トンデモ
に選ばれたと思い込んでしまった者、少数の限られた人々に讃え奉られてしまった者、宇宙異次元からの電波を浴びてしまった者。
天才
忘れた頃に遣って来る者。紙一重とか言うもんじゃありません。
役人
無期徒刑囚・川俣軍司氏の就職を電波を使って妨害していたといわれる。あくまで川俣氏独自の主張であるため、真相は定かではない。

その他の電波[編集]

電波には接頭語を付けて「-電波」と表現する事が多々見受けられるが、これらは電波の中でも特殊な存在である。

怪電波
「本来は見えないはずなのに、一般人にも感じられるように付け加えられた」演出の一つで、様々な音色を奏でつつ、時に単色・時に色彩豊かに、波状・輪状・放射状の状態で表現される事がある。
「政府関係者」や「消息筋」などの前置きと共に伝えられる報道もこれに含まれる事があるが、概ね無かった事にされるきれいに掃除され、後に残らない。
時の権力者やそれに汲みする者が発する事もあるが、この場合も色んな意味で後に残らない。
毒電波
「本来は見えないはずなのに、一般人にも感じられるように付け加えられた」演出の一つで、思想を持つとされる人や組織、またそれらに群がるマスコミと言われる人達が、様々な媒体を経由して発するものである。
屋上で受信できる。
何年かに1度行われる選挙と呼ばれるの前後で観測されやすくなる傾向があり、時の権力者を好まない「反体制派」「抵抗勢力」と言われる人達から発せられる傾向がある。
妨害電波
「長距離トラック」から頻繁に発せられていた電波で、突然テレビが点いたり、良い感じに歪んだりしたが、近年では携帯電話の普及により解消傾向にある。
最近の事例では某国によるラジオ放送の妨害や、社会的に疑惑を持たれた団体や組織などに対する立ち入り調査時に発するものなどが有名。
盗聴電波
あんな事やこんな事の音声を飛ばす以外にも、レーダーの様に盗聴対象の室内の金物等に照射する事により、音声による金物の振動を距離の変化で観測して盗聴する事が出来る
三十年以上以前にモスクワの日本大使館も被害に遭っていたんだって それも三年間も 当然現在では・・・
このバカチン共がぁ
興奮電波
人体に照射されると興奮しまくってつまらないことでも楽しく感じる。また、高い商品をニヤニヤしながら買ってしまう。
某遊園地では、この仕組みを利用して、高い商品を買わせている。入るだけでも高いのに。また、鳥を寄せ付けない働きも持っていると言われていることも、某遊園地がこの電波を使用する理由とされているが、実際は前者である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


この項目「電波」は、気違い死に物狂いで書いたものです。今はまだ狂った内容しかありませんハイ狂わせてくれる精神異常者を探しています。 (Portal:スタブ)