霜降

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

霜降(しもふり)とは、二十四節気の一つ、10月23日ごろのことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「霜降」の項目を執筆しています。

概要[編集]

堅い方のあそこでは「太陽黄経が210度のとき」「露が冷気によって霜となって降り始めるころ」「楓や蔦が紅葉し始めるころ」などと書かれているが、そんなことよりもっと重要なのは、この日は古来よりすき焼きしゃぶしゃぶの解禁日だったのである。

本来酪農業が行われていなかった日本においては、農作業も一段落したこの時期に限り、実りの季節の恩恵にひたるべく農耕用のを一頭つぶして、ちょうどそろそろ寒くなって鍋が恋しい季節でもあるわけでこの日が「すき焼き」「しゃぶしゃぶ」解禁日となったのである。近年のように牛肉が一年中供給されるようになるまでこの風習は続いていた。近年でも夏場にはすき焼きやしゃぶしゃぶを食べず、秋の深まりとともに食卓で鍋を囲むのが一般的であるが、当時のような「解禁日」という縛りが失われてしまったのは伝統を重んじる立場にとっては嘆かわしいものである。

風物詩[編集]

この日から立冬までの間、つまり期間としての霜降には、ハロウィンがある。今でこそカボチャといえばハロウィンで、町中はオレンジ色のカボチャで埋め尽くされるが、本来カボチャは冬至のものであるということ日本人である私たちは忘れてはならない。

また、期間としての霜降の間に吹く冷たい北風のことを特に「木枯らし」と呼ぶ。童謡「たきび」で歌われているのはまさにこの季節のことであり、本来この期間以外は山茶花咲いた垣根の曲り角で落ち葉を燃やしてはならなかったのである。もっとも現在は多くの自治体で落ち葉を勝手に燃やしてたき火することを条例で禁止しているので、そんなの関係ねえ

もちろん、すき焼きやしゃぶしゃぶを食べることも忘れてはならない。ちなみに、ステーキやシチューにするのは反則である。鍋料理であればよいので牛鍋は可。最近は解釈の幅が広がって、牛肉以外でも許されているようだが、本来はあくまでも牛肉、それも霜降に限られるということを忘れてはならないだろう。

関連項目[編集]

二十四節気
霜降