露出

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

露出(ろしゅつ)とは、19世紀、フランスの技術者ダゲールにより発明されたSMプレイの一技法である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「露出」の項目を執筆しています。

日本での愛好家[編集]

露出、ことに野外露出は、日本で最も一般的なレクリエーションのひとつとなっており、成人男性の95%が野外での露出を1回以上経験しているとされる。

特に家族の中でも父親は家族の野外露出画像を製造所持することが多く、子供を追いかけまわす父親という微笑ましい光景をよく運動会などで見ることができる。動画については、画面中に写り込んだ他の者の肖像権が問題視され、最近になってDV防止法が制定され規制の対象となったが、静止画について野外露出を取り締まるには、各地の迷惑防止条例のみに頼るのが現状である。

最近ではチョナンカンが檜町公園で露出を行い(正確には裸踊り地デジのPRをしていて)騒動に発展した。

技術[編集]

どれだけ露出時間を長くするか、またどれだけキツく絞り上げるかは反比例の関係にあり、露出を行う場所の環境を示すEV値(Erotic Vagina)と、露出相手が不感症かどうかの基準値ISOIyaanSOko)に従って適切なF値(Fuぴー)と露出時間を決定する必要がある。

絞り1.0、露出時間1.0秒、感度100で適切な露出プレイを行える状態のEV値=0と定義されており、感度が半分、もしくは絞りを1.4倍、露出時間を半分にするごとにEV値は1増加する。

例えば、地下牢はEV値が2~4程度、通常のラブホテルでは6程度、小学校の教室が8、体育館の裏は12、よく晴れた公園のトイレ前にあるベンチでは14、よく晴れた日のビーチは16となる。つまり、明るく楽しい雰囲気の行楽地では、警官が飛んでくる前に露出を終了させる必要があるため長時間の露出プレイは困難であり、逆に陰鬱な地下牢や、ひとけのない夜中のハッテン公園では長時間露出が容易にできる。

しかし最近は機械化が進み、露出プレイは全自動でも失敗なく行われるようになった。

歴史[編集]

最初にダゲールにより発明された方法は、銀板に硝酸銀を塗布し現像・定着させるものであり、定着された恥ずかしい姿は半永久的に残るようになった。

この際は2分間程度縛った裸体を暗箱の前に置く必要があり、また長時間露出では非常に強く絞りを入れるため肌に跡が残りやすかったといわれる。

当時は密室の監禁場所でのみ実施された。写真機が少しでも動くと長時間露光のためぶれが生じたためである。また写真機自体が巨大で持ち運び困難であったことにもよる。

その後、ロールフィルムが発明された。最初のロールフィルムは6×9判といわれ、感材の性能向上もあり、互いの股間に頭をうずめる姿を、なんとか手持ちで露出することが可能となった。

本格的な手持ちによる露出が可能になったのは、映画フィルムを使用したライカ判が一般的になった1930年代以降であり、以後、露出を旅行時に野外で行うことがごく一般的に行われるようになった。

1950年代以降は、機材に露出計が内蔵され、誰もが手軽に野外露出を失敗せず行えるようになり、1970年代以後に本格的な自動露出機構が実用化されると、観光客の多くが景勝地での野外露出を楽しむようになった。

2000年ごろからは、フィルムが不要なデジタルの露出が主流となっているが、これは、しばしば操作を誤ると全世界に対して露出を行ってしまうことがある。子供が好き放題いじれるパソコンに露出の成果を詰め込んだ場合などには「つこうた」によってそれらの事故が起こりやすい。

関連項目[編集]