青酸カリ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
青酸カリを食べてご満悦の海原雄山
「香ばしいアーモンドの味がたまらん」
青酸カリ について、海原雄山
「ひとの青酸カリ勝手になめんなよ、元太、バーロー!」
青酸カリ について、江戸川コナン

青酸カリ(せいさん‐)とはコナソキンダニがよく使用する、気持ちがよくなるお薬のことである。気持ちが良すぎてずっと眠ってしまうかもしれない。

概要[編集]

ペロッ
う…うまい!これは青酸カリだ!!

このようなシーンは推理小説推理漫画だけではなく日常ほのぼの系、料理系、ファンタジー系など、幅広い分野でおなじみとなっている。味の素とも肩を並べる。元々は自分で飲むものではなく、ほかの人に飲ませて楽しんでもらうために作られた。しかし近年においては色んな事があって自分で飲む人が急増している。そのまま飲んでも美味しいが、隠し味として料理や飲み物に入れるという方法がよくとられる(後述)。成人ひとり当たり150~300㎎あれば十分で、価格も1gあたり100~200円と、非常に安価である。

性質[編集]

アーン♥♥化カリウムとも呼ばれることがあり、少しなめただけで味わったことのないような刺激がある。また、調味料としても有名であり、基本的にはアーモンドフレーバーであるが、アーモンドとはまた違った、柑橘類のような味にもなる。血を吐くほどうまい。化学式はKCNであるが、Kentucky Fried Chickenから来ているのは言うまでもない。

飲食方法の例[編集]

コーヒーに入れる
おそらく最もよく使われる方法である。アーモンドのフレーバーコーヒーの代わりとなり非常に美味である。
コーラに入れる
これも上記と同様、最もよく使われる方法の1つである。コーラに入れることにより、炭酸の刺激だけではない新しい感覚が得られる。
カップの飲み口に塗っておく
これにより、どの飲み物にも対応できるため、食器を洗った後に塗っておくことを習慣付けておくとよい。
ドアノブに塗る
誰が触るかもわからない。つまり色んな人に味わってもらいたいときにこの手法が用いられる。
氷の中に仕込む
最初は普通のコーラの味を楽しみ、氷が溶けてきたときに青酸カリを味わうことができる。
直接飲む
粉薬を飲むかのように飲み込む。美味しいかどうかはお試しあれ。

その他[編集]

  • 使用上の注意をよく読み、用法・用量守って正しくお使いください。
  • 空気中に置いておくと味が落ちるのでご注意ください。
  • どのような事態が起こっても当方は責任を負いかねます。あしからず。
  • 実際に飲もうとしたあなたは、ユーモア欠落症のおそれがあります。

関連事項[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「青酸カリ」の項目を執筆しています。