非暴力不服従

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「戦わずして服従するくらいなら戦って不服従した方がマシ。」
非暴力不服従 について、マハトマ・ガンディー
「弱かったり、運が悪かったり、何も知らなかったとしても、それは何もやらない事の言い訳にはならない。やらなきゃいけないと思ったらやるよ。」
非暴力不服従 について、野上良太郎

非暴力不服従(ひぼうりょくふふくじゅう)とは、世界にとっても日本人にとっても偉大な平和思想である。

意味[編集]

本来は「非暴力をもって服従を拒絶する」という意味と思われるが、現在の日本では「とにかく暴力をふるってはいけない」と解釈されている。その思想が広く定着しているため、この思想に疑問を呈するとあちこちから非難が来る。また、年金が横領されようが防衛省次官が接待を受けようが厚生労働省が薬害肝炎の被害者リストを隠蔽していようが暴動は決して起こらないのである。よって、事実にそぐわないということで、国連では密かに教科書の内容を「非暴力服従」に改めるよう呼びかけているという。

この思想に関連する事例[編集]

第二次世界大戦[編集]

第二次世界大戦中、大日本帝国臣民は赤紙が来ようが治安維持法が施行されようが特別高等警察が設置されようが一切抵抗を見せず、「非暴力不服従」の思想を忠実に貫いていた。これは世界に誇るべきことである。この事実に大いに感銘を受けた中華人民共和国朝鮮民主主義人民共和国が「非暴力不服従」の思想を取り入れている。

愛知県警察[編集]

現在の日本でこの思想をもっとも忠実に貫いている組織が愛知県警である。2007年5月17日から5月18日にかけて発生した長久手町立てこもり発砲事件の際、愛知県警はこの思想に基づき、死傷者を二名も出しながら犯人への発砲を一切行わなかったという快挙を成し遂げた。また、時津風部屋の若手力士変死事件の際も角界から圧力を掛けられた際も、この思想に基づき、一切捜査を行わなかった。この忠実ぶりに感銘を受けたノーベル財団が愛知県警にノーベル平和賞を授与する予定だという。

ミャンマージャーナリスト殺害事件[編集]

2007年8月15日に発生した反政府デモの際、日本人ジャーナリストが射殺され、撮影機材が不当に押収されたが日本政府はこの思想に基づき、一切の対応を放棄している。

道路標識[編集]

現在の日本では殆どの法定速度標識や横断歩道が違法に無視されているが、道路交通法はこの思想に基づき、当局による違反者への制裁を禁じている。なお、それでも警察官が取り締まっているのは小遣い稼ぎのためであり違法であるが、「非暴力不服従」の日本国民は一切抵抗をしない。

関連項目[編集]


この世界に誇る偉大な思想をより多くの人に知らしめるには記事の量が足りません。この項目に関しては「非暴力不服従」を放棄し、速やかに加筆・修正を行ってください。 (Portal:スタブ)