靴下

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

靴下(くつした)とは、(時には)を覆う袋状の布のことである。

目次

[編集] 役割

靴下の分類。

靴下の役割は、を履いたときに肌が擦れて痛くならないようにするほか、足を暖かくすることである。その他の機能は、男性用と女性用で異なる。

男性用のものは、少量破壊兵器としての価値が高い。戦争ケンカ警察による被疑者逮捕や自白要求などの際には、危害を加えることなく相手の動きを麻痺させる効果が活用されることがある。

[編集] 野球拳と靴下

一般的に、野球拳に負けた女性が最初に脱ぐ衣服である。容易に脱ぐことができるから、というのが理由として挙げられる。例えば、最初にブラジャーを脱ぐパターンと比較すれば、靴下を先に切り捨てる選択の有効性がわかるだろう。上着を着たままブラジャーを脱ぐというのは、物理的にかなりの困難を伴う。これは、女性がズボンを着用している場合のパンツの関係と同様である。ズボンを履いている状態では、パンツを先に脱ぐことはできない。また、仮に履いているのがスカートであったとしても、パンツを先に脱いでも外見上は変化がないために対戦者(主に)から否定される傾向がある。ただし、「なんかスースーする……」などと恥ずかしそうに言いながら顔を赤らめたり体をよじらせたりされると、男側としてはそれはそれでオッケーというか、むしろご褒美である。「それなら先にズボンとかスカートから脱げよ」とか主張する馬鹿は全く何もわかっていない。

しかし前述の通り、女性の素足はフェティシズムの対象になりがちなため、靴下だけ脱いでいる状態がしばしば男性の目と股間を充血させてしまう。さらに下着フェチ、パンスト・タイツフェチ、脱衣フェチなど男性が隙間無く注視しているため、女性は羞恥心を通常の3倍にしたくなければ、これらの事実に気づかない方がよい。 もしこの文章を読んで気づいてしまった場合は、注視するフェチの最も少ない脱ぎ方を研究する必要がある。

たとえば、宇宙服のみを着用しておくのがよい。

[編集] ソックパペット

靴下が進化した怪獣としてソックパペットが存在する。この怪獣はウィキペディアンに愛好されており、議論や投票の場において敵対者を脅す為に利用されている。ただし、ソックパペットの飼育はワシントン条約で禁止されている為、ウィキペディアンは皆、ソックパペットの存在を管理者にひた隠しにしている。今ではウィキペディアのあちらこちらでソックパペットが見かけられるようになったが、管理者達はこれに気付かないでいる。

[編集] 公害

2週間も履きっ放しだと当然ながら臭気は強烈なものになる。真似はしないほうが賢明だ

近年、中年男性の靴下が公害であると問題視されている。そこから放たれる異臭や有害ガスなどが人体に悪影響を及ぼすことも証明されており、中年男性にはこれを防止する措置が必要である。防止法の例として、靴下を茹でる、靴下を靴に縫い付ける、靴下を十分に濡らして使用する、ブラジャーを着用するなどの方法が挙げられる。

[編集] 方言

宮城県民は靴下に穴が開いていることを「おはよう靴下」と呼んでいる。日の出みたいに見えるかららしい。 漫画名、アニメ名に似てるって??あのドタバタ&シリアスな70年代末期に大ヒットした少女漫画(恋愛が中心)、後にアニメ化され、80年代初頭に大ヒットした少女アニメ(日常生活が中心)とは全く無関係。

[編集] 光学迷彩靴下

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語