顰蹙を買う

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
顰蹙から転送)
移動: 案内検索

顰蹙を買う(ひんしゅく-か-)事は、この世で最も代償が高く付く買物の一つである。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「顰蹙を買う」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

概要[編集]

「顰蹙を買う」といったフレーズを誰もが一度は聞いたことがあると思われる。買う方法自体は至って簡単そのものである。この買物には金銭を用意する必要がない。なぜなら体で払うものだからである[1]。同様に特別な店に行ったり、パソコンを立ち上げたり電話をかけたりする必要もない。何故なら相手として人が一人でもいれば取引は成立するからである。

取引[編集]

先述の通り、財布は持つ必要はない。仮に貴方が一人相手を見つけたとしよう。相手の前で何か不遜な振る舞い(例えば暴言を吐くのでもいい)をしてみる。すると、それまでの好感度や信頼を代償に顰蹙は手に入る。目に見えぬものであるが、確かにあなたの中に有るものだ。そして抵抗や嫌悪感が相手の中で芽生えた段階でこの取引は成立する。このように、買物自体は簡単に済んでしまうが、相手は安い取引で当分の間、高く付く取引だと二度と前と同じような態度で接してはくれない。時には事後の処理が大変な事になる事もちょくちょく有るので気をつけたほうがよい。

買った後[編集]

顰蹙を買われた人からの声を一部抜粋して載せる。但し一番下除く。(提供:Amazon.co.jp)

「のび太さんったら、あたしの風呂を覗いたのよ!大嫌い!」
のび太 について、源静香
「何が友愛だ。日本は今一番厄介な国だ。鳩山のせいで。」
鳩ぽっぽ について、バラク・オバマ
買ってはいけない。」
顰蹙を買う について、オスカー・ワイルド

畢竟[編集]

買わない方が身のためである。このPricelessには何の価値も無ければ何の利益も齎さない。寧ろ仇が帰ってくるばかりで、かといって手放すのも相当難しい。ならいっそのこと最初から手を出さない方がよいのである。触らぬ神に祟りは無いのだから。

脚注[編集]

  1. ^ 無論交尾の事ではない

関連項目[編集]

2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「顰蹙を買う」の項目を執筆しています。
ツンデレ ……見ての通り、この記事「 顰蹙を買う 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)