風呂敷

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「風呂敷」の項目を執筆しています。
「今、風呂敷を使っている人はほとんどいないんじゃないですか。」
風呂敷 について、松岡元農水大臣

風呂敷(ふろしき)とは、物を包むために使用される布である。特殊な素材であり、非常に高い展性を持つ。現在は包むという機能は衰退しているが、ただただ広げるという用途に使用する者が多い。

概要[編集]

見た目は単なるである。通常は正方形をしていて、畳むとかさばらない上、美しい染め物の風呂敷で包むことによりつまらない物でも立派に見えるという効果も期待できるため、贈答品を包むのに現在でも使用されることがある。

かつてはどの家庭にも大判の物が必ず一枚はあったので、留守中に勝手にお邪魔して黙って物を借りていく職業の人はまず風呂敷を借り出し、他の借りた物を押し込んで包んで持っていくことが多かったという。現在ではそういう職業の人が使用することは少ないが、そういう職業の人々に別荘を貸し出す方の職業の人は現在でも利用している。検察庁ごとに独自のデザインの風呂敷を作っているほど切っても切れない物である。

また、近年エコの人たちや古い物が好きな人たちにより、包むという機能の見直しが行われている。何度も使える上、様々な使い方が出来るため、使いこなすと大変便利であると主張されている。使いこなせない場合はただ中の物がこぼれる出来損ないのバッグに過ぎないということはあまり顧みられない。

広げるための風呂敷[編集]

風呂敷は引っ張るとやたらに広がるという特徴を持つ。世の中にはこれをおもしろがってむやみに広げる人々がいるが、物には限度があり、あまり広げすぎるとあちこちがほころびてしまったり、最悪の場合完全に破綻して使い物にならなくなってしまうため注意が必要である。また、幸いにして最小限のほころびで済んだとしても、たたむことが不可能なほど不可解な形に変形してしまうことがある。その場合、ぐちゃぐちゃに丸めてうち捨ててしまうか、最初からなかったことにして放置する程度しか処置の方法がないため、一部で問題となっている。

なお、この節に関しては拡張を予定している。この節だけで10キロバイトを越える容量になるはずなので、期待してほしい。

唐草模様[編集]

実際は様々な柄の物があるのだが、風呂敷というと唐草模様が連想されることが多いようである。元々古代エジプトで生まれ、現在もアラビア世界で「アラベスク」と言う名で無限のアラーの力を表す文様として使われているという壮大な出自や、唐草模様そのものが表している「どこまでも広がっていく繁殖力の強さ」という意味からしても、やはり風呂敷にふさわしい模様であると認識されているのだろう。