風船ハガキ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

風船ハガキ(ふうせんはがき)とは、大韓民国から朝鮮民主主義人民共和国風船を飛ばす善意の嫌がらせである。民族の性格です。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「風船ハガキ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北朝鮮向けビラ」の項目を執筆しています。

北朝鮮向けビラ散布[編集]

難癖つけて北朝鮮の反応を見るために、2003年ごろから自由北韓運動連合、拉致被害者団体の拉北者家族会、キリスト脱北人連合などが心理作戦としてビラを飛ばしている。

これに対して北朝鮮側は本当に嫌がっており、何度も繰り返し抗議している。北朝鮮が嫌がると、風船ハガキは30%増量され、内容も広く濃ゆくなっていた。仕舞いには1ドル付きで飛ばしている。

韓国政府は、「ビラ散布を強制的にやめさせる法律はない」として自制を呼びかけ、風船ハガキがもう30%増量されたが、北朝鮮側が本気の脅しを行なったため、2008年11月19日に韓国政府はもっと飛ばせ方針を反転させ「法の枠内で積極的に対応する」とした。

政府統一部は、「民間団体の(北朝鮮向け)ビラ散布が南北関係に否定的影響を与えているという指摘が多く、これを防げる法的根拠があるか探っている」という見解を示した。すると、統一教官の解任動議その他もろもろの物議を醸した。[1]

政府統一部が「ビラまきは互いへの批判を禁じた南北合意の観点からも望ましいものではない」とすると、風船ハガキは批判ではなく北韓同胞を直接助ける愛の行動だと誇らしく語っている。

人権は金ニダ[編集]

日本では、北朝鮮による拉致問題のもうひとつ重大問題で在日朝鮮人同士の自作自演が騒がれる中、いろいろ胡散臭い「特定失踪者問題調査会」が失踪日本人について情報を提供した人に1万ドル(約118万円)を提供するというビラを風船で飛ばす金銭絡みの作戦が編み出されている。[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

この項目「風船ハガキ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)