飛行機

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
飛行機(ひこうき)とは、鳥綱航空機目飛行機科に属するの総称。エンジンという特殊な器官で羽を羽ばたかせずに飛ぶことが出来る。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「飛行機」の項目を執筆しています。

概要[編集]

鳥類の中で金属質の身体を持つものを航空機というが、その中でも翼を羽ばたかせずにプロペラエンジンやジェットエンジンによって身体を前進させ、その時発生する空気の流れを翼で受け止め、揚力を得て上昇する能力を持つものを飛行機という。空港という巣を拠点に、高度1万mまで上昇し、時速800〜900kmという凄まじい速さで世界の空を駆け抜けている。

非常に人懐っこい性格で、自身の身体に人や貨物を載っけることを厭わない。そのため多くの飛行機が人間の手で飼われ、世話をされている。

特徴[編集]

形態[編集]

身体の表面の色は機種によってさまざま

体長は8〜80mという巨体で、円形の断面かつ流線形の胴体を持つ。これにより高速での飛行を可能にしている。また、翼を空洞化したり、身体の材質そのものを軽くしたりしていることから、骨が空洞である従来の鳥と同じように進化をしていることが分かる。

胴体の中央には「主翼」と呼ばれる大きな翼を持つ。この翼の最大の特徴は動かないということであり、これが飛行機の最大の特徴にもなっている。そしてエンジンによって高速で前進することにより、風を発生させ、主翼を持ち上げることで上昇する。

自分だけで飛行するのならば主翼だけで十分だが、わざわざ人間のために安定飛行出来る器官が付いているタイプがほとんどである。これが「尾翼」である。身体が重くなる上抵抗も大きくなるが、人間思いの彼らはそんなことまでしてくれるのだ。

生態[編集]

餌を求めて一斉に飛び立つ飛行機達

空港」と呼ばれる巣を拠点に活動している。空港には餌となるガソリンが存在しているが、それを食い尽くすと新たな食糧を求めて新たな空港に旅立つ。かなりの大食漢で昼夜寝ずに空を飛び回ることもしばしばである。しかし格納庫で長時間の眠りにつくことも多い。

意外にも天敵は普通の鳥である。その大きさゆえ他の鳥など何とも無いように思えるが、エンジンに突っ込まれた場合の損傷は大きく、双発機では航続が不可能になってしまう。飛行機が高度1万mを飛ぶのは天敵を出来るだけ避けるためである。

空港内では他の飛行機と一緒にいたところでなんら不満はないが、巡航中は他の仲間と近付き過ぎるのを酷く嫌う。特に戦闘機同士の場合は喧嘩が勃発し、戦闘機特有の銃弾やミサイルで相手を叩き落とそうとすることも多い。

繁殖[編集]

アメリカシアトルフランストゥールーズなどが繁殖地となっている。飛行機に雌雄があるのかが不明かつほぼ同一形状の飛行機が誕生するため、基本は単為生殖を行うとされている。しかし突如として新種の飛行機が誕生するため、何らかの生殖行為はするとみられる。

利用[編集]

前述の通り、飛行機は人懐っこくハイパワーな生き物であるため、人間に重宝されて来た。やって来る飛行機のために予め空港に餌を用意し、その代わりに自分達を乗せて貰うという構図が出来ている。たまにメンテナンスを行うと非常に好感を持ってくれる。怠ると暴発して乗客ごと墜落ということもあり、意外とデリケートな一面もある。

問題[編集]

人間の良き友として飛行機は世界中を飛び回っているが、問題もある。飛行機が排出するガスが環境を汚染し、地球温暖化を促進しているのだ。それにも関わらず人間達はもっと飛行機を増やそうという方向性で動いているため、逆に飛行機の方が省エネタイプに変化するという奇妙な事態に発展している。

分類[編集]

飛行機の中でも二大勢力を誇るのは、ボーイング属とエアバス属の二属である。他にもボンバルディア属など多数あるが、知名度はあまり高くない。

属の下に「ボーイング787」や「エアバス380」などの種や亜種がある。

ボーイング属[編集]

アメリカを生まれとする。日本だとバードウォッチングの際に一番目にすることが出来る。軍用機からスタートし、一部が民間機に進化した。ジェット機をいち早くだしたグループと呼ばれ、他の属の追随を許さなかった。近年は少ない食事でも長く動ける種族が台頭中。

エアバス属[編集]

ヨーロッパの鳥々を掛け合わせて生まれた一属。様々な種のいいとこ取りである。ボーイング独占状態だったジェット機の縄張りに果敢に乗り込み、見事牙城を崩すことに成功した。軍用機種も空中給油機に留められ、平和なグループである。ボーイングの対抗進化で図太いアザラシのような鳥が出現したことにより、小型、中型、大型機の3タイプ全てで白熱した空中戦が繰り広げられることとなった。

関連項目[編集]