香港

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

香港(ほんこん,Hong Kong)は、人々を誘う怪しいりが常に漂っているがあることで有名な、中国広東省南方にある魔界地域であり、中国の植民地である。

目次

[編集] 香港の概要

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「香港」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文を読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「香港」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
後世の物好きのために香港が放った発言は、有志たちによって「Unquotable/都市伝説」へ収録されています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者 (略してニコ厨) のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「香港」の項目を執筆してくれています。

[編集] 怪しい香りの街

この魔界地域は19世紀、大英帝国と尊大なる自称を持っていたかの海賊王国ことイギリスが、麻薬アヘン植民地インドから大量に中国本土へ流し込み、代わりに中国から紅茶好きのイギリス人が大変好みそうな葉を大量に強奪して本国へ持ち帰るため、中国から一つの島を戦争で強奪したことで生じることになった。

アヘン貿易の拠点として強奪された島だけあり、イギリスのものとなった島からは常にアヘンの香りと、それに釣られてきた麻薬商人のキナ臭い話ばかりが漂うようになったという。それゆえ、怪しい香りがする港町として香港の名前がつけられることになった。

更にそののち、イギリスはまたしても中国に対して戦争を仕掛け勝利し、中国本土側の九龍と呼ばれる地域まで分捕ることに成功した。それゆえ、この地域は本来の香港(香港島)とは別の地域になるが、やはりイギリス領となったからには漂う香りに変化はなくなり、九龍も次第に香港と呼ばれるようになる。

[編集] カオス化の進行

第二次世界大戦終結後、中国で共産主義を唱える中国共産党が覇権を握ると、中国本土では急速に土地も人も赤くなるという「赤方偏移」現象が進行するようになった。1960年代の文化大革命期にそれはピークに達したという。しかし赤色よりも白色を好む人々はこの事態を喜ばず、白色主義者の中国国民党が何とか落ち延びた台湾か、白色主義者が行き過ぎて色主義(帝国主義ともいう)者と化した人々が統治していたイギリスの支配下にあった香港へ落ち延びることになった。いわゆる香港難民であり、狭い国土に大量の中国人が逃げ込み、もともとそこにいた人々と混じり合ったことで、香港はカオス化が急速に進行することになる。香港はカオスの香りが漂う港としても有名になったのである。

更に落ち延びてきた中国人の一派は、中国・イギリス間の協定関係でどの国の主権も実質的に及ばぬ九龍寨城という城の中へ逃げ込んだ。どこの主権も及ばない九龍寨城は、その地域で有効になる法律が存在しない地域―いわゆる無法地帯となり、無秩序に建築物が立ち並ぶ異様な地域と化す。いつしかそれは九龍城砦と呼ばれるようになり、これまた香港のカオス性を象徴する存在と化した。

またこんな狭い地域であるが、その歴史の中で生まれた異常なほどのカオス性を好むマゾヒストマニアックな人々が、香港の魔力に惹かれて世界中から押し寄せるようになった。それゆえ、この狭い地域の一角を何とか確保して造られた香港の玄関口である啓徳空港は、世界中から殺到する人々を捌くために異様な混雑を示すようになる。結果として後ろを山、前を海に挟まれた狭い地域に無理やり輸送力の大きいジェット機を着陸させるべく、香港アプローチという無茶な着陸方法が開発された。これは苦肉の策とは言え極めて危険性が高いもので、飛行機が海の中にダイビングする事故がしばしばみられるようになった。しかし人は、これも香港のカオス性を示す存在ととらえ、問題にせず香港の象徴の一つと位置付けるようになった。そして、香港のカオス化はこの世界中から押し寄せる人々、それらが混じり合うことで生まれた様々な文化により、ますます加速することになる。

[編集] 赤方偏移の波

中国の手による「浄化」が完成した際の香港予想図

しかしカオス化が進行しすぎたことを危惧した中国は、1997年に香港をイギリスから奪い返し、この地を赤方偏移の波に組み込んで浄化してしまおうと行動を開始した。返還前の1993年に九龍城砦が取り壊され、返還後の1998年には啓徳空港が廃港となり、その行動は一見すれば成功しているように見える。

けれど、このカオス性はすでに述べたとおりマニアな観光客を多数呼び込む要素ともなっており、外貨を得て成長を果たしたい中国にとっては容易に捨てることができないものでもあった。それゆえ、中国による赤方偏移運動は徹底させることができなかった。結果、中国が奪還して10年以上が経過した今日でも、いまだ香港はカオスの状態から抜けきらないでいる。実態は宗主国がイギリスから中国に変わっただけだからだろう。

[編集] 近隣地域


20140610 236039.jpg この項目「香港」は、執筆者が何事も続けられないヘタレのため、クソの山記事です。ユーモアあふれ、ヘタレを戒められるプロの執筆者を求めています。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語