馬超

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「馬超」の項目を執筆しています。
「なにがむむむだ。」
馬超 について、李恢

馬超(ばちょう 176年 - 222年)は、三国志の武将。字は孟起、あだ名はバチョンまたはヴァモーキ。馬に乗っている間は三国志最強の人物であったとされている。正義正義とむさ苦しさで有名。父は汎用キャラ、兄弟に汎用キャラ汎用キャラ、従兄弟に迷族名族、子に錦野旦がいるが割とどうでもいい。

概略[編集]

本名、錦馬超(にしき うまこえ)。いつの間にか苗字は消失した。

最初のほうからいるが、三国志本編での登場が割と遅めであったために、若年の頃は山賊討伐戦などの汎用シナリオで時間をつぶしていたり、高幹・郭援と鬼ごっこをしていたとされている。近年では黄巾賊董卓、呉と争っていたという説も出ており、この頃に愛馬である絶影と出会っているとされる。

本編に初めて登場するのは214年成都攻略戦である。当時張魯のもとに身を寄せていた馬超は、劉備に攻められた劉璋からの要請に応じて、蜀軍の背後を突く。しかし急遽引き返してきた趙雲関羽張飛でも可)に破れ、説得により蜀の軍門に下っている。

蜀軍に好待遇で迎えられた馬超であったが、それに対して古参の関羽や張飛が異を唱えている。そのため、趙雲ほか1名と共に劉璋軍の兵をどれだけ迅速に斬れるかを競い、その武勇を知らしめたいう。このときに「五虎将軍」が結成されたとされている。

211年、長安以西に進出し始めた曹操を迎撃するため、そして曹操を暗殺しようとして返り討ちされた父上の仇討ちに、魏延や張飛、龐統の支援を受けて馬超は潼関に陣を敷いた。このとき、ゆっくり時間を掛けて戦闘していれば曹操が「久しぶりだな韓遂」などと昔話を始めたであろうが、馬超そして配下の龐徳夏侯淵曹仁許褚に続いて曹操をさっさと片付けてしまったため、何も起きなくなってしまった。別説では、馬超や龐徳が3種全て有った中立拠点欲しさに北路から進軍してしまい、曹操が韓遂へ進軍しなくなってしまったので、何も起きなくなってしまったとも言われる。これにより西涼の諸侯の出番を奪ったとして仲違いとなり、以後馬超と龐徳は涼州に戻らなかった。また、この戦いで、絶影のに付属していた不離手綱を奪い取られた事に腹を立てたのか、龐徳が馬超を裏切って魏軍門についた。

その後、馬超は蜀軍の主たる戦闘に参加している。南中平定戦夷陵の戦い街亭の戦いなどにも出陣し、白帝城の戦いにおいて大徳に磨かれた正義の刃を振るったのを最後に戦場を退いた。享年45歳。 「西涼の野獣め、その牙を取り戻したか!」 「否!我が手に宿るは正義の槍!猛虎の牙折る、義人の刃よ!」 「孫家三代の志、正義をも越えてみせよう!」 「貴様らの志など、俺の正義が貫き砕く!」

人物評[編集]

今日において、馬超は三国志の中でも人気がある部類に入る武将であるが、かつては見た目に反してそれほど注目をされない武将のひとりであった。その後、待望の愛用品・不離手綱が登場したことによって馬上の猛勇を存分に見せることが可能となり、名実ともに最強の地位を手に入れた。後に手綱は愛馬・絶影とセットになっている。

三国志の名馬の逸話には赤兎馬の「人中の呂布、馬中の赤兎」というものがあるが、残念ながら現在まで馬超と絶影に関することわざは存在していない。これらの事象にに関しては詳しいとされる2ちゃんねる三国志・戦国板においてこの件について提唱しても、正しくない日本語で反応がある程度で、理知を持って答えられる利用者がいないのが現状である。真・三國無双5からハゲが進行して悩んだ。

なお、無双厨の存在からとてもウザがられるのが特徴である。

ちなみに馬超の前で田村ゆかりの悪口を言ってはならない。正義の刃があなたの身を滅ぼします!!

関連項目[編集]

この項目「馬超」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)