高町なのは

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』 民明書房『"高町なのは"起源異聞』
「ミッド暮らしが長いからって地球の常識を忘れてませんかッ!?あと、ふつうの人は集束砲を撃てませんッ!」
高町なのは について、キャロ・ル・ルシエ

高町なのは(たかまち なのは)とは、時空管理局の教導官である。

ん? どこか違う? 気にしない!⌒*(・∀・)*⌒
このページでは高町なのはについて徹底解剖する!

人物像[編集]

Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。

「小太刀二刀御神流」なる、そのスジでは有名な剣術流派の継承者の一族に生まれ、父親がかつて傭兵(自称ボディガード)といういつ路上で自爆テロ食らってもおかしくないスリリングな稼業をしていたせいかどうかは知らないが、9歳にして己の進路について友人達と思い悩んだり、言葉で止められないなら力で止めると考えるなど、とても小学生の女の子とは思えない精神構造を持つ。

自らの行動で示している持論は「友情とはぶつかり合うことで生まれるもの」。その主張通りあまたの強敵達と戦いの末に友情を築くという飛翔系漫画のノリで彼女は「友人」を増やしてきた。が、攻撃前に「抵抗はやめろ、同じ姿を晒すことになるぞ!」「おはなし聞かせて!」降伏勧告懐柔しようと努力する辺りやっぱ女の子であり、むさ苦しい少年漫画の主人公とは一線を画している。魔法を使えない頃からそれは変わらず、アリサ・バニングスと殴り合いの喧嘩の末に友情を築いた事はよく知られている[1]

ショッカーの改造手術の成果、魔法を得てからわずか1ヶ月余りで戦闘力53万に急成長した[2]。そして戦う時は常に全力全壊。手加減などという行為は相手に対して失礼なだけと考えており、魔法少女リリカルなのは11話では、友達になりたいと思っていたフェイト・テスタロッサを明らかなオーバーキルで撃墜している。後々までフェイト嬢の深層心理を蝕むトラウマとなったことは言うまでもない。

彼女の常に全力全壊で戦いを臨む姿勢、そしてあまたの強敵達と友情を築いてきた行動に敬意を表し、戦いの末に、もとい、相手をフルボッコにした末に友情を築くこと、またはそのフルボッコにする行為そのものを「友愛」と呼ぶに至った。

実家が実家なのか、9歳の時点で肉体・精神共にサイヤ戦士として完成されており、日常からスーパーサイヤ人では歩くこともままならぬ負荷を肉体に課しながら「最初は辛かったけど今はそんなに」と言い放ち、実戦においてはたとえ某エイリアン映画のよろしく自分の胸郭を内側から突き破られようが(ちょっと違う?)、そのままの状態で最大魔法をぶっ放す豪胆さを持つ。ただし元々有している「気」が強過ぎる所為か、セルゲームへの参加を余儀なくされる。しかし、頭の回転の早さはそれ程でもないようではある。戦闘中の刹那の閃きにおいては後々まで優れた能力があるものの、物事の流れや相手の思考を深く読んだり、あるいは先読みし常に最善の先手を打つといったような能力は前述のそれに反比例し極端に低いようだ。要するに、瞬発力が非常に優れている反面持久力が極端に低い脳味噌[3]であるという事である。

だが高すぎる精神年齢とは対照的に、異性間の機微に関してはとにかく鈍い。魔法の先生であるユーノ・スクライアが「喋るフェレット」ではなく、「フェレットに変身している人間」と知ったあとも平然と二人で風呂に入ったり、夫婦ですら仲良しさん程度にしか考えていない。それは10年後でも変わらず、親友であるフェイトやはやてが忙しさから恋人を作る暇が無かったのに対して、彼女はそもそも恋人を作る気がまったくないらしく、仕事と友人の方がまだ大切なようである。ユーノ君の立場について思いを馳せると同時に、なのはさんの価値観、人生観について不安を禁じえない。

詳細なプロフィールは、時空管理局の機密事項に指定されているので、執務官以上の権限がないと閲覧できない。このため、正確な生年月日と血液型は不明である。一部の情報筋では早生まれとされるが、そうなると、誕生日を迎えていないのに3年生で9歳というどっかの魔法少女と同様の年齢詐称疑惑が持ち上がる可能性がある。

出身・魔法との出会い[編集]

白い悪魔、爆誕

時空管理局が97番目の管理外世界に指定している世界。つまり我々の住む地球が高町なのはの故郷である。魔法と関わりのない世界出身でありながら、何故彼女は魔導師となったのか。それは彼女が9歳の少女だった頃にまで遡る。記念すべき第一作目魔法少女リリカルなのはの第一話で傷ついたユーノ君を助けたことが、彼女が魔法の力を手にするきっかけであった。後に固い絆で結ばれた彼女の相棒となるインテリジェントデバイス・レイジングハートともこの時初めて出会った。

次いで発生した通称「闇の書」事件では、時空管理局の民間協力者として活躍した。民間人が魔法をバカスカ撃ちまくると怖い管理局のお兄さん達がやってくるので、同じ撃つにも法の下でなきゃならん、とこの事件のどさくさに紛れて、いつのまにか試験なしで嘱託魔導師になっていたりする。長い物には巻かれろ。

評価[編集]

【ユーノ・スクライア(14)のレポートより:高町なのは、及び御神一族について〔抜粋〕】

「かつてアルハザードの賢者たちは、『魔導力が先天資質に左右されるのなら、優秀な先天資質を持つ魔導師を造り出せば良い』と考え、遺伝子操作と計画交配を数世代に渡って続けた結果、桁外れな魔力を持つ魔導師を生み出す事に成功した。しかしその魔導師は、自らを生体兵器として扱う賢者たちに反発し、アルハザードを破壊して別の世界(第97管理外世界)へと逃亡した。そして自らの血脈に眠る魔導因子(リンカーコア)を封印し、現地の姓である『御神』を名乗り一般人として生活する事にした。とはいえ、理性をもってしてもその絶大な力の全てを封じ切れるものではなく、未知の世界で生活を営んでいく上ので必要性もあって、その子孫は『神速』『鋼糸操術』等人間離れした能力を使い、代々傭兵や暗殺者、あるいは「忍者」と呼ばれる、剣士と暗殺者の要素を合わせ持つ職業をもって生計を立てていく事となる」

「一方、御神の祖たる魔導師がアルハザードを滅ぼした際使用していた武器は、更に別の世界に封印されていた。(中略)スクライア一族の一人がこれを発見・開封し、『レイジングハート』と名付けて一族の所有・管理下に置かれるに至る」

「PT事件の発端となったジュエルシード輸送団襲撃後、当時レイジングハートを保有していた筆者(ユーノ・スクライア)と御神の末裔たる高町なのはが巡り合う事で、なのはの血脈に封じられていたリンカーコアが開放されたのであった。
これがかつてアルハザードを滅ぼした『白き魔王』の再臨となることに、当時誰ひとり気付くことはなかったのである――高町なのは本人を含めて」

「高町家の構成は複雑を極めている。なのはの父・高町士郎は御神において暗殺を生業とする不破家の当主であり、御神の前総領・御神静馬(故人)がテロ組織『龍』の手によって殺害されたのち、後妻の姓である高町姓に改めている。不破姓を放棄した理由はわからない(子供たちをテロに巻き込まないため、という理由は考えられない。なぜなら士郎の子供3人のうち2人は御神流を継承しており、当人が出自を口にしなくても、一旦その戦闘技術を使用すれば、それに通じた人物に看破されるからである)」

「御神の祖たる魔導師の遺伝子は優性遺伝子であると考えられる。これはなのはが士郎と、御神とは血統的なつながりのない後妻との間に生まれた子であるにもかかわらず、筆者の指導下でミッドチルダ式魔法の習得を始めてから約1ヶ月でAAAランクの能力を得た事実から容易に推察出来る。御神家及び不破家の家系図、戸籍などの公的文書などはこれを裏打ちしている」

「付け加えれば、なのはの戸籍上の兄・高町恭也は士郎が前妻との間に設けた子であるが、やはり生母が御神と血統的なつながりがないにもかかわらず、彼の持つ白兵戦スキルは(魔法攻撃禁止という条件つきだが)航空戦技教導隊のエリート兵5人分に匹敵する」

「また筆者は、士郎がボディーガード業を辞める一因となったフィアッセ・クリステラ暗殺未遂事件においては、重傷を負った士郎とフィアッセの前にミッドチルダ式ともベルカ式とも解釈できない文様の魔法陣が現れ、襲撃犯が仕掛けた爆弾の爆発から2人を守ったとの証言を得ている(付記第五『フィアッセ・クリステラ事件』を参照されたい)」

「なのはの戸籍上の姉である高町美由希は静馬の遺児で、美由希の実母・美沙斗は士郎の実妹である。静馬は御神において天才と謳われた剣士であった。(中略)御神宗家と不破家の同族交配によって出生した美由希の潜在能力は、なのはやフェイト・T・ハラオウンはもちろん、かの『夜天の書』より膨大な魔導力を継いだ八神はやてをも凌駕する可能性がある(これについては付記第三『エイミィ・リミエッタ=ハラオウンの証言』を参照されたい)。もっとも美由希が御神宗家の相続を選択した今となっては繰言に過ぎないが」

「御神の末裔の中でなのはだけが魔導師となり得たのは、長い年月を経て御神の祖たる魔導師が第97管理外世界に到来した経緯が今日に伝わっていないからである。現在もなのはら高町の一族は、自身の持つ魔導師あるいは剣士としての高い能力について、あくまで日々の鍛錬の結果であるとの立場を崩していない」

ミッドチルダでのご様子[編集]

少し、頭冷やそうか…
なのはさんの愛娘となったヴィヴィオちゃん。ん…? ぬいぐるみに混じって見覚えのある奴が…!

通称管理局の白い悪魔→白い魔王

(一部世界では『白い冥王』と呼ばれている。冥王星は占いでは「死の世界の王」と言われてるの。)機動六課の最終兵器。畏怖と尊敬の意味をこめて、普段は「なのはさん」と呼ばれている。「さん」は必須だよ。近いうちに敬称は「様」になるのではないだろうか。

数え切れない死闘を乗り越え、今や時空管理局の「エース・オブ・エース」と呼ばれる存在になっている。1期・A'sでのAAA相当からランクアップし、StS現在の魔法ランクは空戦S+。お仕事の都合で魔力はAA相当に制限されているが、制御技術は上がっているので、9歳の頃と同等以上に戦える。StSでは少年少女達にお話を聞いてもらう方法を身をもって覚えさせつつ、ますますパワーアップした砲撃で視聴者を魅了してくれている。階級は一等空尉。

全くもって信じ難いが11歳の冬に死に掛けている。これは事実である(詳細は後述)。ただ、サイヤ人の特徴である死の淵から復活したことで更にパワーアップを果たしている。その経験からか「叱る暇があるならもっと鍛えるの」と公言する鬼教官でもあり、極めて近く、限りなく遠い世界では特殊戦技教導隊のマニュアルにもなっている。これをなのはさんから聞かされた副官(当時)のヴィータ三等空尉が恐怖と戦慄を覚えたのはいうまでもない。

ある程度までの魔法ならレイジングハートを待機状態で発動できるようになっている。例えば教え子が言うことを聞いてくれなかった時とか…。

天地魔闘の構えおよびスバルとティアナに対する『愛の鞭』(メイオウ攻撃と俗称された)があまりに苛烈すぎた[4]ため、視聴者から管理局の白い悪魔からランクアップし、管理局の白い魔王(魔界の神大魔王バーン様の技を使ったため)というさらに不名誉なあだ名を与えられてしまった。スポ根展開における役回りは『過去に無理をして体を壊した指導者』。教え子に理解されず衝突し、過去話と共に絆を深めるのはお約束だ。

雑誌でも紹介されるほどミッドチルダでは有名人であり、犬・兄貴・淫獣のソウルブラザーズに唆された(出来る漢は引き際を心得ているのだ)数多の決死隊が文字通り命と引き替えにして得た盗撮映像が流出、これまた流出した管理局の記録映像やイメージアップ用に作られた合成映像と編集され”魔法少女リリカルなのはシリーズ”としてミッド地上波で放送されている。また、DVD化(特典付き)されたものは現地では高値で取引されるなど、プライバシーゼロの人間でもある。これらの動きを管理局があまり真面目に取り締まってくれないため、最近ご機嫌が斜めになりがちなのは犯罪者諸兄並びに教導隊士官にとっては非常に不幸な事であろう。少し後輩の八神部隊長なんかプライバシーだらけなのうわ貴様何whあくぁwせdrftgyふじこlp;@

ヒロインの中で唯一おかあさんではないというのも不思議な感じではある。と思ったら、おかあさんになられました。それも教育ママな。一見厳しくみえる事もあるけれどもう一人のママと共に魔王だの悪魔だのといった言葉とは無縁の微笑ましくて幸せな親子になりましたとさと思ったらヴィヴィオちゃん誘拐されちゃったよ。対外的には気丈に振舞っていたけど、とうとうこらえきれずに涙を見せたなのはさん。

さらに何をトチ狂ったか変態博士が生放送でエンジン自慢をやらかしたため(当初はアンティークのロータリエンジンだけ見せるはずが、調子に乗って内緒のロリータエンジンまで魅せてしまった)、不屈の闘志に火がついていまい、久々に全力全壊(ブラスターモ-ド)でやる事を決意する。

だが一番愛らしい時期を強制ショートカットされ、第二次反抗期を迎えてしまった愛娘を目の当たりにし、その原因となったメガネ女を八つ当たりとばかりにブラスターモード3まで開放したカートリッジ7発(リロード含む)+ビットのディバインバスターで隔壁ごと粉砕する。まさにバンカーバスター。AMFはどこにいったのでしょうか?・・・多分、なのはさんの魔力合成センスがAMFの魔力分解なんかものともしなかったのでしょう。この魔力は、某顔付き機関車を撃破するほどの威力を持つ。

「私のブラスターモードは108まであるの!」

そして、ビット(レイジングハートがバルディッシュとの間にもうけた娘達)を多重展開し、次元反転分離攻撃(ミラー)による全力全壊スターライトブレイカー5点同時砲撃による再教育を完全緊縛したヴィヴィオに施すのであった。

10年来の付き合いである親友達との関係は相変わらず良好だが、恋愛に関しては超が付くほど鈍感なせいか片っ端からフラグをへし折って今に至る。赤ん坊はコウノトリが運んでくると本気で信じている青春ど真ん中のちょっと巻き舌気味な口調が気になる約20歳。彼女にとっては夫婦ですらただの仲良しさんである。たぶん結婚後十数年経っても新婚気分バリバリな両親(元傭兵(自称ボディガード)とパティシエという普通あり得ないだろな組み合わせ)の影響だろう。

淫獣前世の運命の人、兄貴などそっちのけでフェイトさん・はやてちゃんと仲良しさんな描写をされているため、もしやレ○? という噂も立っていて、美形&優秀遺伝子を後世に残さず非生産的行為に走るのは世界の損失だと憤る方々もいるが、きっとその辺はアルハザードの超技術が何とかしてくれるのでしょう。…けど本当に恐ろしいのは、今後なのはの細胞(DNA)が「ジェイル・スカリエッティ事件」によりもたらされた、世界(時空域レベル)のパワーバランスを一気に激変させかねない程の危険性を有する種々の技術体系(に関する情報)と合わさってしまう事なのかもしれません。というか、普通に彼女のクローンを量産するだけでも充分過ぎる脅威になるのは、もはや、細かい説明の必要はないでしょう。

そして1年が経過し、立派な20s…ゲフンゲフン…いや、なんでもない。はやてやクロノを見ても分かるように昇進すると戦闘機会、いや、出番が極端に減るので昇進を拒否した。そして今日も凡人たちを徹底的に教育する(小林源文的な意味で)毎日を送っている。…が、その裏で彼女は常に、彼女を屠り去る事で己の名を上げようとするフリーランスの次元犯罪者達(ティアナの兄をムッコロしたのもそういった類の人種と思われる)や、彼女の職業柄様々な大手時空犯罪組織、そして何故か彼女の出身時空域のと~っても親切な人達にその首を狙われ続け、特に「ジェイル・スカリエッティ事件」後は、彼女の首に懸かっている賞金額は天文学的数字となり他の元六メンバー達同様、二十四時間常に戦闘(臨戦)状態で日々の生活をしているそうな。確実に親父超えたよこの娘(賞金首的な意味で)……

また、最萌2007に出場。義理の娘やゲボ子を次々殴り倒して決勝ラウンドへ。しかし緒戦で破れ、なぜか怒りの矛先をティアナに向けた。

JS事件の後に魔力の最大値が8%(大体ティアナ8000人分)落ちたらしいが、元が異常なのでこれくらいでちょうどいいだろう。飲む、撃つ、百合るをこよなく愛す困ったちゃんである。

これは、同じく魔王として君臨していたハンス・ウルリッヒ・ルーデル閣下と同様である。(ルーデルはロリコンだったので百合るでは無かったかもしれないが)とにかく魔王になりたければ毎日飲んで撃てばよい。

但しその悪魔的な戦闘能力の高さに反し、(本人もある程度は自覚してるようだが)謀略・戦略面に関して決して優秀とはいいがたく、たとえば某熱血ドリルロボアニメデコ男のように大局的観点において時に冷徹・非情なまでに合理的な決断を選択したり出来ない事もある[5][6]

使用デバイス[編集]

レイジングハート[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「レイジングハート」の項目を執筆しています。

なのはが使うインテリジェントデバイスで、なのはシリーズの真のヒロイン。かなり無茶なことをしても実に頑健。

出所不明な作品世界最強クラスの機種であり、漢の中の漢にしか使用できない。当然最初の所有者であるユーノ君(淫獣)に使いこなせる訳もなく、あっさり(デバイスの方から)なのはに乗り換えた

大抵のことは「All right.」と無責任に発言するが、なのはの馬鹿魔力によって実際にAll right.である。

第2期冒頭で、ゲボ子の強襲によって持ち主共々ぶち壊されたが、後にドーピングにより能力を一時的に激増させるベルカ式カートリッジシステム(6発式オートマティックマガジンタイプ)という物騒な代物を搭載(「お願いします!!」と自ら望んで付けてもらったのがミソ。しかし間接的には2年後なのはが撃墜された要因のひとつがコレという皮肉な結果になってしまった)。

当時の設定は通常モードの「アクセルモード」、長距離砲撃用の「バスターモード」、フルドライブの「エクセリオンモード」であった。

その数年後、ガジェットIV型の奇襲により再び破壊された際、危険極まりないエクセリオンモードがオミットされ、「エクシードモード」(フルドライブ)と「ブラスターモード」(リミットブレイク)が追加された[7]。現在4人のお子様(ビット)に恵まれ[8]、家族揃って魔王陛下に尽くしている。

たぶんカズキのサンライトハートは友達。管理局スタッフに武装錬金ファンがいたのだろう。

普段はマスターが大好きな4歳のクーデレ幼女(by中の人)だが、カートリッジを使った瞬間ブチ切れて過激な発言を繰り返すようになる。10年の時を経て前述のエクシードモードからカートリッジが大口径化しておりカートリッジ依存症が悪化。この調子では将来はジャンキーと化している可能性も否定できない。

最近はヴィヴィオによくラムネのビンに入っているアレと間違われる。(待機状態)

意外と上昇志向が激しく、更なるパワーアップを図ってる様子。名メカデザイナーに下記の「ストライクカノン」を提供するよう指示したり、バリアジャケットをバルディッシュの変化よろしくもう少しオシャレにしようと頑張ってみたり、「レイジングハート・トゥ・ハーツ」なるエクセリオンに続く別形態も考案してる模様。

管理局からの給料だけで4機の子供達を養うのは厳しいのか、新幹線で英語アナウンスのバイトをしている。

高町なのはの戦闘スタイル[編集]

これぞなのは流「おはなし」機動六課のマニュアルにもなっている
移動砲台

高い防御力で相手の攻撃を無力化し、高性能の誘導弾で追い詰め、圧倒的な破壊力を持つ主砲で撃墜する。若しくは相手が反撃できないほどの超長距離から、主砲による精密射撃で一撃で撃破する。それが砲撃魔導師高町なのはの戦闘である。スパロボでいう「一人は最強、あとはザコ」戦術の「一人」に近い。

しかし、傍目から見れば圧倒的な破壊力も本人に言わせれば『ほんのチョイです』とのこと。ほんのチョイなんてレベルじゃねえぞ!!! だがほんのチョイじゃ仕方ないぜ!! むろん主砲の発射に時間が掛かったり、機動力自体は他の魔導師に劣るという弱点もある(元来彼女は運動音痴である)。短所を直す暇があったら長所を鍛えて相殺するのという実に漢らしい思想を持つなのはは、A'sにて行われたパワーアップの際に、装甲強度の強化と砲撃の威力アップを選択。さらに強力な火力と装甲を得て、1話の時点では惨敗したヴィータと互角以上に戦えるようになった。

一般的にはただ撃ちまくっているだけと見られガチな彼女だが、実は戦闘中に相手の行動を先読みして最適な行動をとっている。事実小説版魔法少女リリカルなのはで描写されたフェイトとの決闘は、互いに相手の先を読み合いながらの戦いであり、なのはが勝利したのはほんの少しフェイトに読み勝ったからなのである。まさに後の先、真の兵法者と言えよう。

彼女の具体的な戦術は「相手を拘束した後に、全力全壊での砲撃」である。これはシリーズ通してのイペルスキルで、対聖王戦(ヴィヴィオ)でも使用された。

捕まったら最後! 零距離で打たれて糸冬である。

ただし、現状ではなのはと同様、もしくはそれ以上の力を有した敵はシリーズ通して存在しないが、もし、その条件を満たした強敵と対峙する事あらば、僅かな油断、そして、逡巡や躊躇が当人の死を招いてしまう事は、その規模や性質、形式を問わず「戦闘」一般の常識中の常識である。事実、ティアナ・ランスターの実兄も、生前はエリートと言われる程の実力者であったのにもかかわらず、結局、僅か21歳で屠り去られてしまったという先例も存在する。

つまり、もし、圧倒的かつ絶対的な力(魔力、レアスキル)を有し、己の生命を僅かにも惜しむ事無く、その殺意や敵意、悪意、そして破壊衝動が「殺意の波動」として具現化してしまう程に強烈無比な敵と彼女が対峙してしまった場合、敵の生命を奪い慣れていないなのはさんは、前述のティアナの兄同様、精神的要素の差でその生命を落としてしまう危険性が、極めて高いと言わざるを得ない。

新暦67年冬の悪夢-なのは倒る[編集]

被撃墜直後のなのはさん
リハビリ中のなのはさん

無敵の装甲を誇ると思われていた高町なのはさんだったが、なんとStS本編が始まる8年前(新暦67年[9])、それまで体に蓄積されていた疲労が原因で、エンペラ星人が差し向けたインペライザーアンノウン[10]との戦闘中に撃墜されている。この時に居合わせたヴィータはなのはを守りきれなかったとかなりショックを受け、以来なのはを守ると決意しており、二人の仲は親密になった。残念ながら性的にではない。

怪我のダメージは大きく、齢11歳にして一時はもう飛ぶどころか、立って歩くことさえ出来なくなるかもしれないとまで言われたほどだった。フェイトやユーノがつきっきりで看病していたようで(念の為に言っておくがユーノは某初号機のパイロットと違い、寝てるなのはの姿を見て「最低な事」はしていない)、フェイトは執務官試験に落ちるほど。愛である。

しかし、不屈のエースであり漢の中の漢である我らがなのはさんはこの年で寝たきり老人になるわけにはいかない。自分が働けなくなったら両親の生活はどうなる!?と、辛いリハビリ生活を努力と根性で乗り越えて、事件からわずか半年で見事復活。死の淵からの生還で更に強くなり、その後「模擬戦で徹底的にきっちり打ちのめした方が、教えられる側は学ぶことが多い」という漢らしい指導方針[11]を持つトップガンズ「戦技教導隊」へと入隊[12]したのだった。

そのお怒りも、教え子であるスバルとティアナに、自分と同じ思いをさせたくなかったが故の愛の鞭である。悪魔とか魔王とか言った子は反省しるー!

墜ちたという位だから地上戦ではなく空戦でやられたのだろうが、残念ながらⅣ型は空飛べない&Ⅰ,Ⅲ型は高機動戦ムリポな仕様なので、なのはを直接撃墜したのはⅡ型の蚊トンボということに(滝汗。本気で調子が悪かったのだろう。背中に血が付いてない(傷もない)からヴィータのように背後から奇襲を受けた訳ではない。というか、リボンやBJの端が無茶な防御魔法の展開時(一期フェイトのように)と同じ千切れ方をしてる割にバリアジャケットはパージされてないから、ガード自体には間一髪成功しているハズ。なのに口から大量の血を吐き、かなり大がかりな開胸手術、二度と歩けなくなるかも~となると…無茶な使い方のせいでリンカーコアが破裂して肺が半分吹き飛ぶとかしたのだろうか。そういえばプレシアママンも吐血してたね。優秀な魔導師の職業病か?はやて暴走も冬だったし、リンカーコアは冬に調子が悪くなるのかもしれません。

高町なのはの戦歴[編集]

無印魔法少女リリカルなのは[編集]

対戦相手 勝敗 備考
ジュエルシード・モンスター(発動者不明・不定形)
ジュエルシード・モンスター(犬)
ジュエルシード・モンスター(カップル) ディバインバスター初披露
フェイト=テスタロッサ 第一戦(於月村家裏庭) ワンサイドゲーム
フェイト=テスタロッサ 第二戦(於海鳴温泉) TKO
ジュエルシード・モンスター (発動者不明・木型) フェイトと協力する形で撃破
フェイト=テスタロッサ 第三戦(於海鳴市街) 判定負け
ジュエルシード・モンスター(発動者不明・鳥型)
フェイト=テスタロッサ 第四戦(於海鳴臨海公園) クロノの仲裁により没収試合
フェイト=テスタロッサ 最終戦(於海鳴沖) シリーズ通じて文句なしのベストバウト。決め技:スターライトブレイカー
傀儡兵軍団 フェイトの救援がなかったら危なかった
砲撃型傀儡兵 フェイトと協力して撃破
魔導炉守備部隊 ユーノと二人で全ターゲットを破壊

魔法少女リリカルなのはA's編~[編集]

対戦相手 勝敗 備考
ヴィータ 第一戦 なのは個人史に残る惨敗。ここからヴィータの受難の日々が始まる
シャマル 空間短絡でリンカーコアを奪われる。その際、胸を貫かれながらもSLB+で結界破壊を敢行
ヴィータ 第二戦 ドロー 新デバイス初披露。形勢不利と見たシャマルが戦闘空間破壊
ヴィータ 第三戦 戦闘を避け、退避するヴィータを狙撃。「やり過ぎちゃったかな?」
仮面の戦士 第一戦 実際には砲撃を防がれただけで戦闘は行っていない
ヴィータ 第四戦 ドロー 仮面の戦士の介入により戦闘中断
仮面の戦士 第二戦 不意打ちにて捕縛される
リィンフォース ただしはやてのサポート有。「ほぼゼロ距離。バリアを抜いての、エクセリオンバスター直撃。これでダメなら…」
闇の書の闇 トリプルブレイカー炸裂。フェイト、はやてとの共同撃墜

魔法少女リリカルなのはStrikerS[編集]

対戦相手 勝敗 備考
ファーン・コラード(訓練校学長) 10歳頃。フェイトと2人掛かりでも勝てず。コラード「うぬらの力はその程度か!」
ガジェットIV型(当時はunknown) 11歳時。リハビリを含め全治半年の大怪我
シグナム 本局戦技披露会にて。壮絶なる血戦になった為、撮影した映像はお蔵入りになったが後に裏に流出。高値取引になってる模様。
ガジェットII型航空部隊(1) リミッターONのままの衝撃波だけで粉砕
ティアナ=ランスター&スバル=ナカジマ リミッター有・デバイス無しで圧勝[13]
ガジェットII型航空部隊(2) 言う事を聞かない部下たちに対する八つ当たり気味に蹂躙
ディエチ 出会いざまに砲撃一閃。「む、今なにか居たか?」
クアットロ 隠れ場所の壁ごと殺傷モードで粉砕。でも死んでない
ヴィヴィオ(聖王の器) 反抗期真っ盛りな娘に全力全壊スターライトブレイカー炸裂
機動六課フォワード陣 六課解散の日、桜舞う別れの儀式。後に言う「早春の血祭り」事件
シグナム 前回で懲りずに再び本局戦技披露会にて。ドローではあるがシグナムはこの時の事を「初めて....自分の死という物を意識した.....。」と語っている。

もっとも、これらの戦歴はアニメにて公表されたものだけである。不都合な事実は隠蔽されている可能性があるかもしれない。その証拠にコミケなどでは同人誌で触手使いに以下略

本音[編集]

注釈[編集]

  1. ^ StrikerS作成決定が報じられた当時、鋼屋ジン氏が寄稿したコメントの一文「そういえばアリサと友達になったときも殴ってた」はまさに至言。
  2. ^ これがどれぐらい凄いかというと、ギニュー特戦隊ティアナ曰く、エリオ(10歳)が「あの歳で戦闘力たったの5か、ゴミめ」の秘蔵っ子……との事なので、9歳でAAA認定のうえ管理局からのスカウトを受け、11~12歳(しかも再起不能とまで言われた大事故からの復帰後)でSクラスを取得のうえ戦技教導隊入り、という経歴を持つなのはさんは、もはや人間では(ry 尚、このことはご丁寧にもコラボ漫画の中でネタにされている
  3. ^ もっとも周囲の人物にも総じてこういった傾向があり、一見精神年齢が高そうに見えるが内実思考力・洞察力はガキレベルで非常に浅薄な彼らの特性は後に如何無く発揮される事となる。
  4. ^ 実際はそうでもない…と言いたいが素手でクロスミラージュの刃を掴むあたり、もうね…(当然掌から血がだらだら。なのはさんが切れたのはT嬢持ち前のうっかりで殺傷設定がonのままだったからという説も。もし確信犯だとバレてたら? *されてます…)
  5. ^ その一例として、今後技術的に危険の萌芽になるであろうナンバーズを実質的には全員「肉体的にほぼ万全の状態で」「生かしたまま」確保している。これは某機動戦士のスーパーコーディネイターに匹敵する欠点である
  6. ^ 実を言うと、彼女がティアナ・ランスターに厳しく当たったのは、ティアナの潜在的素質が六課に(というか自分に)足りない戦略・戦術面を補えると踏んだのが第一の理由であった。
  7. ^ ブラスターモードの方が、エクセリオンモードより危険極まりないというツッコミはスルーの方向で。
  8. ^ 父親はバルディッシュと推定される。
  9. ^ 新暦とはミッドチルダにおける紀年法。StS第1話冒頭、空港火災に遭ったスバルがなのはさんに救出されたのが新暦71年。スバルとティアナが試験を受けるのが同75年。
  10. ^ 後日ガジェットの一種であることが判明、「ガジェットIV型」と呼称されることになる。
  11. ^ ゲボ子をして「おっかねえ」と言わしめたのだからさぞ隊にはなのはさんクラスの悪魔どもがゴロゴロ(ry
  12. ^ スバルを拾った空港災害の際「教導隊01」を名乗っていたので、そこでもエースだった可能性アリ。どこまで鬼なんだ、なのはさん
  13. ^ ただし、これはあくまで「試合」としてみた場合であり、「模擬戦」ならばティアナに一撃をもらった時点で★とみなされる筈である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高町なのは」の項目を執筆しています。
  • 魔王
  • ルーデル ソ連人民最大の敵という異名を持つ、スツーカの悪魔。なのはと同じく彼も撃墜王である。
  • アグレッサー部隊 私の教導に逆らう奴は撃墜なの!
  • 都営地下鉄浅草線 「交通局の白い悪魔」の異名を持つ車両が在籍している。
  • 宮崎あおい 大河ドラマで「なのちゃん」とはまた別の彼女の前世である、篤姫を演じた。


田村ゆかり2 small.jpg
来年のことを言うと鬼が笑う。
このページはいずれ生まれるであろう人物、いずれ設立されるであろう団体、いずれおきるであろう事件について取り扱っています。
故に多くの禁則事項ですを含むかもしれません。