魔法少女まどか☆マギカ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「テレビの前の皆様が暖かく幸せな気持ちで一杯になってもらえるよう、精一杯頑張ります!」
魔法少女まどか☆マギカ について、虚淵玄
「彼女たちがふりまく恋の魔法に陥落しちゃって♪癒し系ガールにほっこり気分♥
魔法少女まどか☆マギカ について、電撃G'sマガジン
「魔法少女アニメの原点は私たちにあるの。なぜ人気はこっちに来たのかな?いい加減にしないと6人まとめてSLBなの。
魔法少女まどか☆マギカ について、管理局の白い悪魔

魔法少女まどか☆マギカPuella Magi Madoka Magica)とは、シャフトによって2011年1月より4月まで[1]放送された、ハートフルコメディー[2]魔法少女アニメである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「魔法少女まどか☆マギカ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「魔法少女まどか☆マギカ」の項目を執筆してくれています。

概要[編集]

誕生秘話[編集]

萌え系の作風に定評のあるシャフトが手がけた初の単独オリジナル作品である。

同社の誇る人気アニメ監督新房昭之氏と、純愛ゲーム癒し系ライターとして有名な虚淵玄氏がタッグを組み、キャラデザインにはひだまりスケッチでお馴染みの蒼樹うめ先生を迎えて制作された。

魔法少女ものの基本を踏襲しつつ、様々な要素を取り入れる新たな試みも加えられた意欲作である。

かつて新房氏はリリカルな魔法少女アニメの監督を務め大成功を収めたが、監督を降りた途端ガチバトル物へと進化しすぎてしまい、その主人公「魔法……少女?」という風に少女と呼ぶ事に疑問符がつくような魔王へと成長してしまった。

魔法少女の心温まる物語だったはずが最終的に魔王の征服録になってしまったことに深く悲しんだ新房氏は「今度こそ心温まる魔法少女の物語を作りたい」と語り、これがアニプレックスのプロデューサーの耳に入って、プロデューサーが「新房監督の新たな魔法少女作品も観てみたい」と制作へのゴーサインを出したのが始まりである。

さよなら絶望先生第10話の週刊絶望先生批評にて鋭意制作中であることが発表されてから数年を経てついに放映という事もあり、スタッフ達の制作への意気込みは高く、脚本家のうろぶち☆げん氏は「皆さんの心の宝物にしてもらえるような、素敵な物語にしたいと思っています。[3]と自信満々に語っており、また、番組がその雰囲気にそぐわない別名なぜか呼ばれている事態に対して「心の花が枯れそう」と心を痛めている[4]

ただ、キャラデザイン担当のうめ先生だけは「虚淵さんの脚本をドキドキしながら読ませていただきました。この料理の中に私の食材も放り込んでよいのでしょうか…?」という感じにまるで黒魔術の儀式に紛れ込んでしまったかのように恐縮しているが、これはスタッフの気合やヤル気に気圧されているだけである。それだけの力作ということだろう。

放送日程[編集]

こうして、当アニメは2011年1月7日からMBSで放送スタートしたのを皮切りに、TBS及びCBCでも放送開始。更に、これらの放送局のエリアで無いかわいそうな御仁対策としてニコニコチャンネル等のインターネット放送や、1シーズン遅れとなるがAT-Xでも視聴可能と言う剛毅な仕様となった。

しかし、あの災害の影響でTBSの放送が休止になったばかりか、それがきっかけとなって取り立て被害のなかったMBSやインターネット放送までもが放送休止にされてしまった。

この問題は、何とか1ヶ月遅れとなったDVD/Blu-ray発売前に敢行した一挙放送で解決したものの、地上波版・インターネット放送版・AT-X版・DVD/Blu-ray版が微妙に違うと言うコレクター泣かせな仕様となる元凶となった。

あらすじ[編集]

ごく普通の中学2年生、鹿目まどかはある日友人の美樹さやかと共に不思議な空間に迷いこんでしまう。そして不思議な生物に「悪い魔女がご近所に迷惑をかけていて困っているんだ!やっつけるために魔法少女になって欲しいな♪」と頼まれる。

魔女は強くて恐いけど、同じ仲間の魔法少女達、謎の転校生のほむらちゃん、友達想いのさやかちゃん、頼りになる先輩のマミさん、食いしん坊な杏子ちゃん。皆の力を合わせて戦えばどんなに強い魔女が現れたって、どんな大怪我をしても絶対大丈夫だよね。

今ここに、まどかの魔法少女としてのドキドキワクワクの心温まる物語が始まった。

登場人物[編集]

魔法少女たち

魔法少女[編集]

鹿目 まどか(かなめ まどか)(声:悠木碧
クラスの皆には内緒だよ☆
魔法少女 について、鹿目 まどか
主人公。群馬県出身。魔法少女モノにありがちな、いい歳してノートに魔法少女の絵を描くなどしているごくごく普通の夢見がちな14才の女の子。
元々は臆病で引っ込み思案だったが、キュゥべえによって魔法少女の才能を見出される。
魔法少女になった場合の武器はに可変する杖であり、主人公特権なのか放たれた矢はマルチロックオンシステムとホーミング能力を持ち、百発百中の命中率とイヤになる位の連射力がある。
最終的に、まどかを想うほむらの気持ちによって最強の魔法少女になり、その力で本作を文字通りのアニメにした。
お胸は小ぶりだけど…そこがいい!
暁美 ほむら(あけみ ほむら)(声:斎藤千和
それには及ばないわ
魔法少女 について、暁美 ほむら
神奈川県出身。裏主人公ポジションな謎の転校生。通称ほむほむ。魔法少女モノにありがちなライバル魔法少女。
黒い長髪と俎板鋼b…ん?誰か落ちたぞ!?に例えられる胸板が最大のセールスポイントの為か、時々声が今井麻美野沢那智の様になる。
まどかと仲の良いキュゥべえとマミに妬いており、特にマミに対しては身体的コンプレックスから強烈な対抗心を燃やしている。
実は最初は内気で病み上がりと言う萌え要素を持つ極上な眼鏡っ娘だったが、まどかを守るために整形イメチェンを果たし強くなったガンバリ屋さん。
それ故にまどかに対する執念は凄まじく、そのストーキングぶりは常軌を逸しており、能力を悪用してまどかの体にぴーしてるのではないかという疑惑まで浮上している。基本的にレズビアンであることを誰もが自然に受け入れてるのだが、よく考えると充分どうかしている。
自分と自分に触れている者以外の時間を止めるというチート魔法の持ち主で、本気になれば時間修正も出来るが、魔法で出来る事は時空制御だけであり直接の魔法攻撃力はゼロに等しく、魔法少女らしい部分の能力は最弱と見る向きも多い。
そのため、武器は東アジア反日武装戦線の腹腹時計‎を入手して作り方を学んだ手榴弾や時限爆弾、自動拳銃や機関銃といったマジカル☆現代兵器という、魔法少女らしからぬ仕様となっており、火薬少女あけみ☆ほむら、ホマンドー等の異名を持つ。爆弾は自作しているし、爆弾以外の武器は時間を止めた間にから盗んだ代物である。
この様な事情から、盗まれた責任を取ってコンクリ詰めにされたり、役職を解雇させられた者もいたうえに、2011年4月21日には88式地対艦誘導弾を盗まれた陸上自衛隊宇都宮駐屯地所属の第6地対艦ミサイル連隊が解隊されるなど、各方面に与えた影響は計り知れない。
なお、最終回のエピローグでは武器がからに変わっている。恐らく、「とある人物に思う所があっての換装」であろう。
その能力に感銘した抜刀世界の活かした男たちが名前を借りて「吠舞羅」というクランをつくり、アンナという女神をかついで「赤の王」にした。むろん、ピンクの王に対抗するためだ。
美樹 さやか(みき さやか)(声:喜多村英梨
あたしって、ほんとバカ(てへっ☆)
魔法少女 について、美樹 さやか
兵庫県宝塚市出身。まどかの同級生かつ親友で、活発で明るい女の子。
宝塚歌劇団に憧れ、そして惚れた男の子の怪我を治すために一肌脱いで契約した宝塚系魔法少女。武器は刀だが、使い慣れてないため少し危なっかしい。
ソウルジェムを投げ捨てちゃうちょっぴりドジなまどかを守るため敵に立ち向かう、優しくて勇気がある第二の主人公。
腋役ながら制作者にとても愛されており、物語の中盤ではキュゥべえの指導のもとに彼女の成長がクロースアップされる。
超回復の固有能力と、キュゥべえとの厳しいトレーニングで身につけた痛覚遮断を組み合わせた独自の戦闘スタイルを編み出し、魔力を大幅に消費するリスクと引き換えの果敢なバトルで多くの視聴者を魅了した。
さらに、失恋をバネにがむしゃらな魔女狩りに励み、多くの戦闘経験を積んだ事で魔法少女として次の段階に進化を遂げ、キュゥべえにそのことを祝福された。要するに「少女から女へと成長した」のである。
なお、最終回のエピローグから恋愛対象をぴーへ移行疑惑が湧き上がっているが、その辺の真相は禁則事項です
声優陣の受けが非常に良く、また監督からももっと出番を増やすよう脚本に要請したなど、ファンだけでなくスタッフ内部の受けが非常に良いキャラだった。
その為、悲劇のヒロインとして放送後の人気が高いことからグッズ展開は他の魔法少女に比べて非常に力が入っており、Tシャツやフィギュアなどの定番アイテムは無論、じゃがいもや寿司などの食品、さらにはトイレットペーパーなどの日用品など、その種類は極めて多岐に渡った。製造数もかなり多めにとってあるため、常に潤沢な在庫が確保されている。
巴 マミ(ともえ まみ)(声:水橋かおり
もう何も恐くない
魔法少女 について、巴 マミ
福岡県出身。まどかの先輩魔法少女。得物の関係で魔砲少女にも分類される。ドリルヘアーとマミマミ……もといもみもみしたくなる胸が特徴。
まどか達を一人前の魔法少女にすべく教育係的役割を担うことになり、戦うことへの覚悟や願いの仕方、マスケット銃[5]は投げ捨てる物であることを教える。漫画版ではサービスカットが追加されており、黒塗りだが服の下の下が見えるシーンもある。
まどか、さやかにとって憧れの先輩であり、その魔法少女としての純粋な強さから、序盤から多くの視聴者を魅了した。しかし、やむを得ず第一線を退くことになってしまい、まどか、さやか、そして多くの視聴者はその引退を大いに悲しみ、深く印象を植え付けることとなった。
マスケット銃だけが注目されがちだが、その魔力の本質は「糸」であり、それを使った拘束である。その能力を表現したキャラクターグッズとして納豆[6]がラインナップされている。
実は結構な不幸体質で、とある事情から長き間一人ぼっちだった為にひどく自虐的かつ弱気になっている部分もある。そのせいでちょっとしたミスをすることもあるが、まどかがカバーしてくれた。しかも、年齢相応に必殺技に名前をつけたり、突然円環の理とか言い出したり魔弾の舞踏をしたり、同じセリフを二度も語ったり、永遠の迷路がどうたらとか、執拗に髪をファッサファッサしてくるどこかのほむらと同様に若干アレな一面もある(ただし、ほむらは嗜好がバレそうになると時間を止めてマミさんを囮にしてさっさと逃げるので全然バレない)。……おや、お嬢ちゃん達中学生?アンサイクロペディアに入り浸るのはよくな円環の理に導かれました
佐倉 杏子(さくら きょうこ)(声:野中藍
食うかい?
ポッキー について、佐倉 杏子
千葉県佐倉市出身[7]。まどかの住む町に訪れた魔法少女。武器は伸縮自在の槍。現在はニートホームレス。生活費は鉄道ビデオの案内人役による稼ぎである。
いつもお菓子を食べている食いしん坊だが巴マミと異なり食った栄養が胸にいかないスレンダーバディ(だがそれがイイ!)で、食べ物を粗末にすると怒る。その食料の入手方法は不明だが、きっと鯛焼き万引常習犯と知り合いなのだろう。
父親は神父だったが、ある時真言の教えに感銘を受け改宗。真言宗が唱える「キリストといった神は仏が姿を変えて現世に降り立ったものである」と「本地垂迹説」を唱えてキリスト教と仏教の融合を図ったが、信者は去り本家の教会からも破門された。挙げ句の果てに和解させようとしたため、魔法を使って逃れた杏子以外の家族全員がポアされた。そんな絶望的な状況下でも信仰を捨てない彼女は、今も会う人会う人に木彫りのヒトデを配りながら『空海?』と真言宗への帰依を勧める。
そんな悲しい出来事があっていつも素直になれないが、本当は他人を気遣う良い子。それ故に、当初はさやかと仲が悪く会うたびに喧嘩ばかりしていたが、自分と似た境遇であることに気づき、彼女を気遣うようになる。
最終的に女へと成長したさやかにどこまでもついて行く事を決めたが、さやかには既に慕う人がいたため振られた模様。
神名 あすみ(かんな あすみ)(声:非公開)
どうせみんなあすみのことなんか忘れちゃうんだ……
魔法少女 について、神名 あすみ
未だ謎に包まれている新加入予定の魔法少女。また、完全新作である劇場版3作目のみに登場するキャラクターなのかについても現時点では明らかにされていない。
が、早くもファンからの愛称は『あすみん』と定着。人気と期待の高さが伺える。
見滝原の小学校に通う六年生。12歳。実年齢が明かされているキャラクターとしてはシリーズ最年少の魔法少女である。
表情こそ年相応の幼さが伺えるものの、性格は実に陰湿で、魔法少女時の彼女はそれが顕著に表れている。
銀のボブカットが印象的で、魔法少女に変身時はゴスロリ衣装に身を包む。
可愛らしい外見とは裏腹に、願いは「自分の知る周囲の人間の不幸」。また、武器はモーニングスターであり、固有魔法も精神攻撃など、彼女の性格に相応しい能力となっている。
戦闘スタイルとしては、モーニングスターによる物理攻撃を繰り出している間に、精神攻撃魔法を組み上げ、幻惑による攪乱や対象のトラウマを抉り出す、H.N.Elly(Kirsten)のような戦法を取っている。 特に、事実上絶望が天敵となる魔法少女を相手とした場合、生かすも殺すも、グリーフシードと化させるも、円環の理に導かせるも彼女の勝手であり、魔法少女を狩る事に特化した能力とも言えよう。
元々の彼女はまさに純粋無垢という性格にとても当て嵌まる人柄であったが、現在の様な陰湿な性格に変わってしまった出来事は以下の通りである。
両親の離婚、母子家庭として過度の労働が祟った事による母親の急死、母方の親戚に引き取られた後の想像を絶する惨い虐待を受ける日々を経て、心身ともに傷ついたあすみは、実の父親に助けを求めようと彼の元を訪れるが、そこで既に新たな家庭を築き幸せに暮らすかつての父の姿を目撃する。これをきっかけに「もう自分には幸せはない」と絶望すると同時に、自身の苦しみも知らずに幸福な日々を悠々と過ごしている実父や周囲の人間たちに恨みを抱くようになる。
そんなあすみのもとに相変わらず都合よくキュゥべえが現れ、契約を持ちかけてくる。結果、彼女はたった一度の奇跡を「自分の知る周囲の人間の不幸」を叶える為に使ってしまうのであった。
以後、『不幸』を撒き散らす魔法少女として、らゆるに君臨するも、ここ最近とある事情によってお役御免となった
スタッフ内部からも「……銀髪ボブの小学生が棘鉄球で精神攻撃とか(中略)俺好みなキャラ(以下略)」と大絶賛。

まどかのお友だち[編集]

キュゥべえ(声:加藤英美里Qb.gif
僕と契約して、魔法少女になって欲しいんだ☆
鹿目まどか について、キュゥべえ
魔法少女モノにありがちな所謂謎のマスコット風生命体。本名はインキュベーター。
邪気のない澄んだ瞳が魅力の、常ににこやかスマイル癒し系。とても仕事熱心で、常に宇宙を元気にすることを考えている。
彼(?)に見出された少女のみが魔法少女になれるが、理系でやや不器用な為か、同僚達と比べ契約が思うようにいかないのが悩み。
全女の子の憧れである魔法少女の力を与えてくれる上、特典としてどんな願いも1つだけ叶えてくれる。要するに困っている女の子を助けずにはいられない優しい紳士的な存在なのである。
見た目に似合わずかなり厳格な性格で、聞かれたこと以外の話は絶対に答えない。たとえそれが魔法少女にとって大事な事だったとしてでもある。口癖は直ちに影響はない
また、回復能力を持っており、致命傷を受けたら新しいキュゥべえがどこからともなく現れる。あれ……?
大変な食いしん坊で、自分の体ほどもある量の食事を一瞬で平らげてしまう。カニバリスムである。キュッぷい♥
志筑 仁美(しづき ひとみ)(声:新谷良子
容姿端麗な普通のお嬢様。まどか達が魔女と戦っている事は知らない。魔女に操られ見事な腹パンをかましたことがあるが、本人の責任ではない。
友達思いで、物語の都合上ハブられ続けても彼女たちを大切にしている。
友だちの幸せのためなら、心を鬼にすることも辞さない。彼女の勇気ある行いを讃えて、周りの人たちも拍手を送った。
さやかとの一途で純真な恋のバトルを繰り広げ、さやかの心の進歩を助けた。
後に上条と恋仲になったように思い込んでいるが明らかに避けられている。どう見ても断る理由を探されてたよ、あれ。

鹿目一家[編集]

鹿目 詢子(かなめ じゅんこ)(声:後藤邑子
何かの手違いにより乱入した業界一危険な女が演じるまどかの母。
友達のさやかとの付き合い方に悩む、まどかに対して「間違えてみる」という的確なアドバイスをした剛毅な人。
この発言からお察しの通り彼女の設定はほぼ本人そのままであり、公式設定に好き(特に洋酒)があるのはその為である。
魔法少女達がソウルジェムに隠された秘密を解き明かし、さやかがパワーアップする展開の引き金を引いたのは、元をただせばこの人のアドバイスのおかげである。
あと、体形からしてBで「中の下」の貧乳なのが前述の主人公(長女・まどか)に遺伝してるんでしょう。
鹿目 知久(かなめ ともひさ)(声:岩永哲哉
サラリーマンを首になった自宅警備員家事手伝いを生業とするまどかの父。
優しく穏やかな性格。その様な性格の御仁が業界一危険な女の婿になった理由はお察し下さい
鹿目 タツヤ(かなめ たつや)(声:水橋かおり
一回り年の離れたまどかの弟。
ある意味、『早期離脱を余儀なくされた御仁担当声優の損失補填要員両親のバカップル振りをアピールする為の存在』と言っても過言では無い。作中ではほむらや杏子と共演することはあるが、中の人が同じなので巴マミと一緒に出演することは絶対にない。「タタタタタタっくん!!!ワワワワワワルプルギスが!!!!」

その他の人物[編集]

2人組のホスト(声:飛田展男三木眞一郎
魔法少女として行き詰まりを感じ、街をさまようさやかに偶然電車の中で乗り合わせたホスト達。
職業柄豊富な人生経験から、悩めるさやかに女性とはどう生きるべきかを教え諭し、新たな力へと目覚めるヒントを与えた。
なお、漫画版ではその後にさやかからお礼を貰ったらしき描写が追加されている。
上条 恭介[8] (かみじょう きょうすけ)(声:吉田聖子
さやかの幼なじみで天才ヴァイオリニストのナイスガイ。
ある事故がきっかけで指が自由に動かなくなった挙句、ヴァイオリニストとしての道を諦めかける。
しかし、CDを空手チョップでカチ割るなど、意外と元気である。
その後、さやかの願いにより怪我が全回復した際いきなり渡されたヴァイオリンを弾きこなすなど、その才能の高さを見せつけている。
早乙女 和子(さおとめ かずこ)(声: 岩男潤子
婚期を焦っているまどか達の担任。担当教科は英語
男運の悪さに定評があり、目玉焼きが半熟か固ゆでかで揉めて禁則事項です
この設定、如何考えても中の人に対する嫌がらsうわなにをするくぁwせdrftgyふじこlp;
エイミー(声:禁則事項です
まどかを演じる悠木碧の飼い猫をモチーフとして作られた謎のゲストキャラ。
どうやら、ブッチホンの与り知らない内に構築されたキャラらしく、BD/DVDの第1巻初回限定盤にドラマCDが付いたのはこの件の補完行為である。

魔女・使い魔[編集]

Gertrud
「薔薇園」の魔女。その性質は「シスコン不信」。
薔薇が大好きな魔女。自身も蝶蝶の姿をしていてとても美しい。
薔薇園を踏み荒らす人間が大嫌い。
Anthony
Gertrudの使い魔。
おヒゲを生やした毛玉で、何よりもおヒゲの手入れにこだわるお茶目さん。
Adelbert
Gertrudの使い魔その2。
視力25が自慢の鳥で、やっぱりおヒゲを生やしたダンディさん。
Suleika
「暗闇」の魔女。その性質は「妄想」。
完全体で無く猫に偽装している為か、本来の姿では本編未登場。
Ulla
主と同様、暗いところが好きな使い魔。
主が完全体じゃ無い上に明るいナショナル社会が災いし、最弱魔女コンビの噂も…orz
Charlotte
「お菓子」の魔女。その性質は「執着」。
様々なお菓子を作り出せるが、大好物のチーズだけは作り出せないドジっ子魔女。
のどから胃袋が出るほどチーズに飢える余り、黄色い物を見るとチーズと間違えて見境無く食いついてしまう癖がある。
普段は愛くるしい姿をしているが、第二形態は恵方巻のような格好をしている。
魔法少女ファンの派閥はほむほむ派に属している。もしほむらがチーズを持って行けば簡単に倒せただろう。
Pyotr
Charlotteの使い魔。黒豆に目玉と手足をつけたようなおかしな姿をしている。
ご主人様のためにチーズを探すことがお仕事だが、主に勝るとも劣らないドジ気質故に探し出す事は無理らしい。
時々女装姿で主と一緒にお茶をしている。どちらの趣味なのかは禁則事項です
H.N.Elly(Kirsten)
「ハコ」の魔女。その性質は「憧憬」。
二次元の世界に引き篭もるひきこもり魔女。
存在自体が二次元の世界に嫁を求める人達へのアンチテーゼ。
捕らえた人間も二次元の世界に引き込もうとするが、テレビを壊してしまえば問題ない。
Daniyyel & Jenniffr
Ellyの使い魔。触られるとゴム人間になる。
Albertine
「落書き」の魔女。その性質は「無知」。
かくれんぼが大好きであるが、当人及び使い魔がアレな為に本編の登場は全力で見逃されている
Anja(声:悠木碧
ブウウウウウウンブウウウウウウンとうるさい使い魔。乗り物大好き。
ご主人様が未登場な事からお察しの通り高度な抜け作キャラで、折角の高い戦闘能力を無駄遣いしている。
この様なデチューン設定がなされているが、何故か中の人はしっかりと設定されている。
Gisela
「銀」の魔女。その性質は「自由」。
エクストリーム・暴走が趣味のDQN魔女。ロマンチックな一面も。
「どこに出てきたの?」とか言わないであげてください。
Dora
Giselaの使い魔。たぶんAnjaとは別な意味でうるさい。
使用上の注意:磁石を近づけないで下さい。
Elsa Maria
「影」の魔女。その性質は「独善」。
世界のために祈り続けるひた向きな魔女。その願いは「みんな死ねばいいのに」。その正体は社会福祉公社の義体"エルザ・デ・シーカであり、担当官ふへの叶わぬ片想いの末に昔でいえば「大蛇」と化した。
討伐するには悪堕ちフラグを立てる必要がある。
Sebastian's
Elsa Mariaの使い魔。触手要員。実はそれぞれ顔がある。本名は長瀬源四郎。
Elsaの体の一部と思いがちだがそうじゃない。あくまで使い魔ですから。
Uhrmann
「犬」の魔女。その性質は「渇望」。
本編未登場である事からその実体は禁則事項ですとされているが、一説によると『外伝キャラの成れの果て』が有力視されている。
Bartels
Uhrmannの使い魔。役割はインテリア。
見てくれがマネキンである事からお察しの通り、戦闘要員としては役立たずである。
Oktavia von Seckendorff
「人魚」の魔女。その性質は「恋慕」。
コンサートホールに住み着き、オーケストラを模した手下達を文字通り『指揮』している。
鑑賞マナーに非常にうるさく、演奏中に騒ぐようなDQNな観客の存在を絶対に許さない。
以前好きだった男に対する執着心を発散させている。みんなのために戦う恋する少女さやかとは、比べることもおこがましいだろう。
つい最近、自分も演奏し初めライブを開いているが、集客力はお察し下さい
Holger
Oktavia von Seckendorfの使い魔。バンド要員。
上条某にそっくり故か専用の部屋を与えられる等、klarissaよりも好待遇である。
klarissa
Oktavia von Seckendorfの使い魔。ダンス要員。
志筑某とそっくり故か巻き添えNice boat.を食らう等、Holgerよりも待遇は悪い模様。
IsadelIzabel(声:松嵜麗
「芸術家」の魔女。その性質は「虚栄」。
芸術は凱旋門だ!と言うよく分からない主張をする魔女。
自分の作品を「どや?」と言わんばかりに見せびらかして来るが、どこかで見たような作品ばかりである。
空がウルトラマンのタイトルみたいな事になってて目にとても悪い。
この様な設定であるが、魔女の中では会話できる数少ない要員のため、中の人はしっかりと設定されていたりする。
Michaela
Izabelの使い魔。その役割は作品。
主がアレな為、攻撃手段は彼ら頼みと言っても過言では無い。
Patricia
「委員長」の魔女。その性質は「傍観」。
洗濯物のようにセーラー服が干され、そこに机と椅子が降ってきて「おめぇの席、ねぇから!」という台詞が流れると言うパンツが飛ぶEDや並にシュールで開放的な空間にいる。
その魅惑の二の腕やパンツに魅せられた人は数知れず。
Mathieu
Patriciaの使い魔。その役割はクラスメイト。
なお、名前が男性名である事から、Pyotrと共に男の娘疑惑が挙がっている。
Roberta
「鳥かご」の魔女。その性質は「憤怒」。
とてもセクシーでエロティックな姿の魔女。あまりに突然だったので視聴者の反応が間に合わなかった。
どこかの都知事香港女優に配慮してか、瞬殺される。
アルコールに目がない。つまりその実体はあの方tうわなにをするくぁwせdrftgyふじこlp;
Gotz
Robertaの使い魔。その役割は軽薄無思慮。
恐らく不正規のエロゲユーザーの成れの果てと考えるのが妥当であろう。
Kriemhild Gretchen
「救済」の魔女。その性質は「慈悲」。
当作品内のラスボスとされているワルプルギスの夜と同等以上のスペックを持つ魔女で、全ての人類をその慈悲により救済することが彼女の目的。
山のように巨大なその姿からかつての貧相な体へのコンプレックスの表れと思われる事から、その実体はぴーである事はバレバレであるが、その事の追求は禁則事項ですとなっている。
なお、上記のチートスペック故か使い魔が存在していない。もし居たとしたら、ぴーがその任を担うと思われる。
Walpurgisnacht(ワルプルギスの夜)(声:水橋かおり
舞台装置の魔女、その性質は「無力」。
ラスボス的何か。その正体は逆立ちした小林幸子である。
ベテラン魔法少女のほむらが何回やっても倒せないレベルの強さ。
アニメ放送中に現実世界でも力を発揮し、東日本大震災栄村大震災を引き起こしたと連想させるため、本作自体を無かった事にしかけた最強の魔女。
逆立ちをやめたほうが強いが、よく考えたら当たり前である。
?????(ワルプルギスの夜の手下)
舞台装置の魔女の手下。その役割は道化役者。
無数の魂であり、使い魔と言うよりは 諸事情により悪い心に染まってしまった五人組の先輩の魔法少女だと思われる。
また、ワルプルギスの夜は彼女たちの集合体である可能性が示唆されており、
ワルプルギスの夜=魔法少女×n
ワルプルギスの夜=小林幸子
小林幸子÷n=魔法少女
と、小林幸子の断片が魔法少女であると証明できる。
Chidejika
地上デジタル放送」の魔女。その性質は「宣伝」。
場所や時間を選ばずに地デジ化を薦めてくる非常に鬱陶しくKYな魔女。倒すにはそろそろ絶滅しそうなの力を借りる必要があったが、アナログマの絶滅、それに伴い東京スカイツリーという最強の武器を手にしたために倒すことは不可能となった。
Chonan Gang
Chidejikaの使い魔。その役割は怠け者
アルコールを摂取すると脱ぎ散らかすというRobertaもびっくりな設定がある為、現在断酒中。
Chidejikamo
ペルソナ4』に登場した「地上デジタル放送」の魔女。その性質は「偽物」。
カモシカっぽいのはお察し下さい
Errorness
PSP版『魔法少女まどか☆マギカ』に登場した「凍結の魔女」。その性質は「不具合」。
突如ゲーム内に「バグ」「不具合」「無限ロード」という名の"黒魔術"を起こさせる。
「決算の魔女」の討伐に成功した発売元・NBGIが翌月下旬に発表。但し、対処されたのはほんの少数と「使い魔」レベル。
Homulilly
此岸の魔女として上記のPSP版で名前だけ初登場した魔女。自分のキャラ全員のライフが0になるとほむらの敗北演出になりこの魔女が現れてゲームオーバーとなる。で、結局どういう魔女なの?
その後「コードマギカ~叛逆のほむほむ」で名前と性質が明かされることになった。「くるみ割りの魔女」でその性質は「自己完結」。
魔女ほむが倒されることを望んだ姿。他の魔法少女に倒されることで悦楽に浸るドMで倒されなくても結界の処刑台で文字通り自己完結できる。処刑台に辿りつくことは永久にないが。
名前自体が「ほむ+百合」ということでついにクレイジーサイコレズを拗らせすぎてセルフ処刑に手を出してしまった模様。なおPSP版が本来の姿で叛逆版は不完全な姿らしい。
LOTTE
チョコレートではない。人形の兵士の使い魔 ブリキの兵隊。役割は処刑執行。パチモンのめがほむフィギュアがあったらこうなりそう。なお大きさは操れるらしい。巨貧兵
LUISELOTTE
リーゼロッテではない。虫歯の騎兵。役割はネズミの駆除。進行の邪魔者を迎撃する。
LILIA
骸骨楽団ではない。歯の使い魔。役割は咀嚼。進行の邪魔者を迎撃する。
CLARA DOLLS
偽街の子供達の使い魔。役割は泣き屋。葬儀を盛り上げるために嘘泣きをする。全部で15人おり、それぞれ名前が「イバリ」「ネクラ」「ウソツキ」「レイケツ」「ワガママ」「ワルクチ」「ノロマ」「ヤキモチ」「ナマケ」「ミエ」「オクビョウ」「マヌケ」「ヒガミ」「ガンコ」「アイ(未登場)」
LIESE
キグルミ鳥の使い魔。役割は凶報。かぶり物なので視界が悪く、動くものに突撃する習性があるんダヨー

用語集[編集]

魔法関連[編集]

魔法少女
キュゥべえと契約を交わすことで魔法の力を得た少女。昭和後期以降に生まれた全少女にとってはまさに憧れの存在。悪い魔女から世界を救う希望の存在でもある。
魔法少女には願い事を一つ叶えてもらう権利があり、元気で居られますように(byマミ)とか好きな男の子の怪我が治りますように(byさやか)などの純粋なお願い事をする娘が多いという。
つまるところ心がピュアな方が魔法少女になり易いという事だろう。
また、願い事によっては変身後に特殊能力を得る事がある。
魔女
悪い心とか呪いとかが産み出した、絶望を撒き散らす悪い魔女。罪の無い人々を操り、悪い事をさせようとする。
いざゆけ魔法少女!世界を救うために頑張って倒すんだ!
最近になって魔女達にも幼い子どもだった頃があったことが明らかになった。
ソウルジェム
魔法少女の必須アイテム、つまるところ変身アイテムである。魔法少女を魔法少女たらしめる、魔法少女の魂であり命そのもの
魔力の源で、使うと少しずつ力を失うので、魔女から後述のグリーフシードを分捕って手に入れて回復させなければならない。
このアイテムを肌身離さず持つことで魔法少女達は「無敵」に近い存在になる。
ソウルジェムの魔力は医療分野にも応用され、実用化へ向けて研究が進められている。特にレーシック手術は臨床試験が成功し、実用化へと大きく前進した。
グリーフシード
魔女が持っている魔法の卵。魔法少女が使うと魔力を回復させることができる。使い過ぎると魔女が孵化してしまうが、その前にキュゥべぇがキチンと処理してくれる。
魔法少女のために必要な物であり、悪い魔女の持ち物であるから、魔女から取り上げても倫理的に何の問題もない。世界を守るという良い事をしたのだから当然の対価である。
いぬ☆かれー空間
魔女が住まう結界の中の異空間の通称。またの名をシャフト空間。
デザインしたアーティスト、いぬ☆かれー氏の名前を取ってこう呼ばれる。
蝶蝶や草花やお菓子などを基調としたファンタジックで愉快な世界である。ガイナックス出身のアニメ演出家デュオ。

その他[編集]

群馬県前橋市見滝原特別区
当作品の舞台。
近未来設定なのにそれらしい乗り物が一切登場しないのは、この舞台設定の悪影響であるのは言うまでも無い。
しかも、当作品の近未来らしい部分はこの町と無関係な所が元ネタだったりするのも…。
インキュベーター
地球外生命体。宇宙を股に駆ける敏腕営業チーム。
彼らが取り扱う品物は奇跡。歴史の偉人たちの中には、彼らのお世話になったという者も少なくない。
ローソン伊藤園に派遣されたときは売り棚から「お〜いお茶」が消えたり、松戸市でカフェをプロデュースすれば7時間待ちまで行列が伸びるなど、その豪腕営業振りを示すエピソードには枚挙に暇がない。
彼らを敏腕営業たらしめているのは、その巧みな話術にある。世間話や身の上相談などの日常会話から助けを求められる緊急事態に至るまで、あらゆる会話をいつの間にか営業トークに結び付けてしまうその手腕は、全営業マンの鑑と評されている。
魔獣
最年少鬱クラッシャーズメンバーであるぴーがやらかした行為の副作用。
彼女のやらかした鬱クラッシュにより、『布一枚しか纏っていない某ロボットアニメ監督ハゲ男の集団が、第二次性徴期の少女を追い回す』と言う破廉恥極まりない世界を産む結果となった。
なお、この惨事の尻拭いをほむらがする羽目となったのに文句を言わない事情はお察し下さい
謎の白い液体
10~12話で執拗に伏線の張られた謎のキーワード。一説によると、あの方の御機嫌取りアイテムとも言われている。
なお、この言葉に関わるシーンは関東以外の放送ではすべてカットされた為、地方人は地団駄を踏んだと言う。
トータル・メディア・エージェンシー社製作による実写Vシネマ版では、ストーリーの結末部において非常に重要な役割を持ったアイテムとして登場する。

メディアミックス[編集]

  • 当項目内では、本編以外のアニメの概要のみを紹介する。詳細は某電脳放送局経由で調べましょう。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「スペースほむら」の項目を執筆してくれています。
スペースほむら
某電脳放送局で絶賛放送中の、鬱フラグクラッシュ魔法少女アニメ。本編である『魔法少女まどか☆マギカ』が脚本家・うろぶち☆げんの都合により急遽休止されると放送を開始する。
元ネタはタイトル名からお察しの通りであるが、元ネタ選定には元ネタのファンであるうろぶち☆げんの影響があったと言うのが定説となっている。
基本的に、Aパート・テーマソング・Bパートと言うフォーマットになっている。但し、テーマソングの方が本編より長かったり、大半のエピソードではBパートが省略されている。
この様な仕様であるが、『本編の展開をぶっ飛ばす、それは漢娘(おとこ)という名の物語』と言う斬新なコンセプトが受け、本編以上の大好評を博している。
なお、某電脳放送局での当作品紹介記事のクオリティーの高さは一見の価値があると言われている
模倣少女まどか★マジか?
魔法少女たちと見分けのつかない完全なりすましのコスプレ集団(模倣少女)が、町の中をいたずらし放題。
これに激怒した本物のの魔法少女たちが、彼女らに制裁を加えようとするが、あの手この手の巧妙な反撃に合う。
ここに、魔法少女と模倣少女の奇想天外のバトルが始まった。
各話のタイトルは以下の通りで、全12話。
1話 夢の中でも有り得ない
2話 それはとっても悲しいなって
3話 もう、あんたらなんて怖くない
4話 奇跡も、魔法も、あるわけないじゃない
5話 公開なんてするわけない
6話 こんなの絶対おかしいぞ
7話 本当の自分と向き合えますが、なにか?
8話 お前らって、本当にバカ
9話 そんなの、あなたを許さない
10話 もう誰も頼れない
11話 最後に残った仕掛け罠
12話 わたしの、最低の友達

漫画作品[編集]

魔法少女まどか☆マギカ(漫画版)
本編そのままのストーリーの描きおろしコミカライズ版。
絵はハノカゲ氏が担当しており、魔法少女ものにぴったりな可愛らしい絵柄となっている。
また、巴マミの命を助け、上条の腕を治し、ほむらに運命を変える力を与えた大恩人のキュゥべえがアニメ版以上に表情豊かに描かれている。
そして、最終局面にてほむらから衝撃の「最後に残った道しるべ」が明かされ、アニメとは全く異なるハードなエンディングへと向かっていく。
魔法少女かずみ☆マギカ
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「魔法少女かずみ☆マギカ」の項目を執筆してくれています。
『まんがタイムきららフォワード』2011年3月号より連載の、原作・平松正樹、作画・天杉貴志による公式スピンオフ。
主人公全裸マラソンをさせる「クッキングバトル魔法少女漫画」と言う今までに無いコンセプトが大好評!何故本編でやらなかった。
なお、宗教団体ネタが盛り込まれている関係か、魔法発動時に毒電波を発動と言う巴マミ大喜びな設定が加えられている。
三話まで収録の一巻だけを読んだ読者からの評価は芳しくないが、四話以降を読むとアブラカダーブラここはまんがタイムきららフォワード。今宵はこの私、魔法少女ユウリがおまえたちにとっておきの料理を振舞ってやる
魔法少女おりこ☆マギカ
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「魔法少女おりこ☆マギカ」の項目を執筆してくれています。
ムラ黒江氏作の描きおろし公式スピンアウト。スピンオフとの違いは公式との距離の差であり、つまりこちらはお察し下さい
オリジナルキャラクター(演:八雲紫美樹さやかでじこ)の他に、佐倉杏子や巴マミといった原作のキャラクターの過去にもスポットライトが当てられている。
本編でも大人気、佐倉杏子のちょっぴり刺激的♥な姿が見られるのはおりこ☆マギカだけ!早乙女先生のポロリもあるよ!
なお主人公は禁じ手の"魔法"で作った"人造人間"とのこと。ほかにもサカーネタとか獣医ネタとか合体技とかいろいろあるよん☆
魔法少女すずね☆マギカ
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「魔法少女すずね☆マギカ」の項目を執筆してくれています。
『まんがタイムきららフォワード』2014年1月号より連載の、GAN氏作による公式スピンオフ。
魔法少女の破壊者』という魔法少女同士の戦いに重きを置いたストーリーである。
〜魔法少女を斬り裂く魔法少女、天乃鈴音。幾つもの絶望の芽を摘み、その瞳は何を写す?〜

ノベライズ[編集]

虚淵玄の監修の下で、一筆氏が文章を担当して、ゆーぽん[9]がイラストを担当したノベライス作品。
まどか視点で書かれており、作中でのまどかの心情などが詳しく描写されており、評価も高い。
影の魔女と満面の笑みを浮かべて戦う美樹さやか戦闘シーンはアニメ版以上の大迫力のイラストになっている。

脚注[編集]

  1. ^ 当初は3月内を持って終了予定としていたが、諸事情により延期となった。
  2. ^ Hurtful Comedy
  3. ^ [1]
  4. ^ [2]
  5. ^ 何故か銃身にライフリングらしきものが施されている。おそらく、マジカルヤーゲル銃もしくはマジカルミニェー銃と思われるが、なぜ着剣しなかったかは禁則事項です
  6. ^ なお、商品名は幸せの黄色いマミ
  7. ^ ※本編内では隣接市の月見台と設定
  8. ^ 元々は「上條」という苗字だった。
  9. ^ 身内の人間の絵描き。因みに同氏は「ギルティクラウン」「進撃の巨人」等の作品にも関与している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

おことわり[編集]

本記事を閲覧して作品に興味を抱き、興味本位でアニメ本編を視聴して、精神等に何らかの不利益が発生した場合、この記事の編集者及び当サイトは一切の責任を負いません。
このサイトが何であるかを理解した上でご了承お願い致します。

Uncyclomedia Commons.png
アンコモンズに、魔法少女まどか☆マギカに関するガラクタがあります。
「君たちはいつもそうだね。
事実をありのままに伝えると決まって同じ反応をする。
わけがわからないよ。
どうしてウィキペディアンはそんなに記事の信憑性にこだわるんだい?」
ウィキペディアン について、キュゥべえ


キュゥべえ 僕、君たちにお願いがあってきたんだ。
魔法少女まどか☆マギカ』と契約して、魔法少女になってよ!! (Portal:スタブ)