魔界戦記ディスガイア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「魔界戦記ディスガイア」の項目を執筆しています。

魔界戦記ディスガイア』(まかいせんきでぃすがいあ)とは、日本一ソフトウェアが開発している史上最凶のS-RPGである。キャッチフレーズは「史上最凶のやりこみ系シミュレーションRPG」。

目次

[編集] 史上最凶の概要

「やり込み」というゲームの一種の根源的な楽しみに着眼を置いた、「たけしの挑戦状」に並ぶ悪魔的やりこみゲームである。具体的に言うとレベルの最大値は9999、HPなどの能力値は二千万を超えるところまで成長させることができるので全クリするのには200時間は確実に要る。そのため、一般の人には疲れるゲームだ、買うなら覚悟を決めろ、ということで3では「400万時間遊べる」と公表(大真面目である。HPとSPのステータスをカンストさせることは現在のゲーム機および人類の寿命では達成不可能らしい)。なお、全エンディングを見るのは何らかの助けがないとまず不可能。

また、そのやり込み要素の凄さうえ、廃人ゲーと呼ばれる事もあるが、オンラインゲームとは異なりやっているといつか終わりが来るのでそういう意味ではよっぽどマシと言える(ただ、チートを使わずに『終わり』を迎えた者は、現時点では存在しないはず)。その実力はオンラインゲーム廃人の矯正用ソフトにも名を連ねているほどであるが、廃人ゲーには違いは無い。なお、人によっては病状が却って悪化する。

発売元の日本一ソフトウェアにとっては史上最凶に売れたため、岐阜放送に無理言って2006年4月にはめでたくアニメ化された。勿論無理を言ってアニメ化したために6月には打ち切られた。シナリオ、作画とも準キャベツ級。キャラ画すら萌えないのはネタにさえ使えない。完全に黒歴史である。この項目を読んでいるあなたもディスガイアのアニメ化は無かったことにしていただきたい。 謎の公式コラボで、チョコレートが不味いと評判のロッテビックリマンの新シリーズ漢熟覇王にディスガイアのキャラクターのそっくりさんが(イラストレーターが違う)登場しているが、買うならブシロード武士団のTCGヴァイスシュヴァルツの「ブースターパック 魔界戦記ディスガイア」や「2008年度トライアルデッキS(シュヴァルツサイド)」のどちらかをオススメする。ブースターパックの第2弾も出るらしい。

あまりに奥深いゲームなので、テストプレイヤーも途中で面倒になったのか、最初はあまりバグ取りがなされていなかった。ただ、魔界戦記ディスガイア3ではPS3の性能を生かしオンラインで修正パッチが何度も配信された。同時にユーザーから挙がった各種要望を順次追加したため、大人気を博した。

また、ディスガイア2 PORTABLEでも修正パッチを出した。「ユーザーにデバックさせている」とも言われるが、一応修正される分だけまだマシである。

[編集] 史上最凶のゲームシステム

[編集] キャラメイキング

ディスガイアの売りの一つ。普通にプレイしていてもそれなりにはキャラクターは出てくる。その気になればインフレの凄まじいドラゴンボールの戦闘力的な数字も体感できてしまう。史上最凶のキャラクターも作れるため、一部のゲーマーの間ではディスガイアを使った、「エクストリーム・キャラメイキング」というものが流行っている。ディスガイアが廃人ゲーになる要素の一つであり、文部科学省厚生労働省からは撤廃の声が上がっている。

[編集] 転生

キャラメイキングの肝。最大レベルは9999であるが、条件を満たせば転生しレベル1からやり直すことも出来る。 パラメーターの初期値や成長率が良くなっていくため、最終的には総レベル186000くらいまで上げることが必須である。

[編集] 暗黒議会

ディスガイアの売りの一つ。魔王城にいるプレネールさんというキャラに話しかけると行ける、国会みたいなところ。敵を倒すことで入手できる「マナ」を使って、さまざまな議題を提案することができる。議員のご機嫌が損なわれるが、力ずくで議案を通すことができる。買収と権力乱用ができるあたり、現実を忠実に再現している。最初は「キャラクターを作りたい」だの「お店の商品の品を良くしろ」といったショボイお願いしか出来ないが、やり込んでいく度に「転生がしたい」だとか「ディスガイア2に不必要なアニメムービーを入れたい」、「テレビアニメ化がしたい」、「日経スペシャル ガイアの夜明けでディスガイアを取り上げさせて欲しい」、「トヨタ・ガイアにディスガイアというグレードを入れたい」といった大変高度な事もできるらしい。一応付け加えると、アニメについては実話である。ちなみに、ある条件を満たしてからラハールに提案させると、否決されることはほとんどなくなるという裏技も存在する。

[編集] キャラ投げ

ディスガイアの売りの一つ。味方や敵を持ち上げ&投げ飛ばすことで移動力を補ったり出来る。戦闘総ターン数が短くなったりする。敵を合体させてレベルアップも出来るが、特に廃人ゲーになる要素では無い。

[編集] ジオエフェクト

ディスガイアの売りの一つ。結構つまらないS-RPGのバトルを楽しくするためだけに入れている。いろんな色に輝く飾り的要素の強い「ジオパネル」を用いて、普通のSRPGではあり得ないバトルが出来る。それぞれのジオパネルには「攻撃力50パーセントアップ」、「味方ダメージ20パーセント(ターン終了時)」、「無敵」といった特殊能力を持っており、これを使って楽々ステージクリア、という事も可能である。とってつけたようなエトナの説明に反して、実用性は高い。ただし、アイテム界などのランダムステージによっては、無敵、持ち上げ禁止、超敵強化3倍等の理不尽極まりないシンボル達が全体に張り巡らされているような配置になってることもある。ジオエフェクト破壊によってジオパネル上の攻撃も可能で、運次第では1ターンキルも可能。連鎖ボーナスは1では5200あたりが実質的最高値である。戦闘時間が短縮して多少の爽快感が得られるかもしれない。

[編集] アイテム界

ディスガイアの売りの一つ。ドルアーガよろしく自動生成ダンジョンに延々と潜って、不毛な戦闘を半永久的に行って達成感と悪魔的優越感に浸るというもの。ここでしか得られないアイテムの中にはものすごい強いものがあるのは言うまでも無い事である。あまりにゲームバランスを崩壊させうるので、表のエンディングを見るまでは最小限に留めるべき。普通のゲームでは面倒臭いやり込み要素だが、キャラメイキングと違って最大レベルはたったの100とする事があまりに少ないため、ディスガイアのプレイヤー的には不親切設計の扱いである。 ただし同アイテムでもレア度やステータスや強化限界に違いがあるため、より育て甲斐のあるアイテムを引き当てるという多少のやり込み要素が発生する。なお続編のたびに改善か改悪か判らない新要素が追加されているので注意。

[編集] リメイク・移植版・続編

同タイトルでもPSP・DSなどリメイク・移植するたびに同社の他作品に出演したキャラクターが隠しで増えていくので、廃人化したプレイヤーは思惑通りに囲われ買うことになろう。何度も購入すると慣れてノーマルエンディングに掛かる時間が半分程度になるらしい。逆に今から初代ディスガイアを買うならPS2版でなくPSPリメイク版をDL購入するほうが値段的にも内容的にもお得だ。 PSP版購入者にキャラ作成上限や音声が大幅に削られたDS版は改悪なんてことはなく、なんとプレネールさんが使用可能である。ゲーム設定でタッチパネル操作機能と戦闘エフェクトをカットすれば、簡易MAPが常時上画面に表示される超快適環境なのでDSで出した意味はあった。なおアサギを使用するためにはソフト2本とDS2台が必要だ。 続編も同様でPS3版では有料で前作や他作品のキャラクターが配信される。やはり廃人化したプレイヤーは思惑通りに囲われ買うことになろう。たとえ続編再登場時の扱いが悪くてもキャラメイキングで何とでも育てられるので、前作主人公をメインに育てることが可能となっている。悪魔的に親切設計である。

[編集] 通信対戦

廃人の集い。

[編集] 史上最凶のあらすじ

魔王クリチェフスコイが好物の「暗黒まんじゅう」をのどに詰まらせ死亡。それによってそれまで魔王の支配下にいた魔物たちが征夷大将軍の座を狙い、魔界は戦国時代に突入する。その2年後、魔王の息子ラハールが2年もの昼寝から目覚めたところから物語は始まるのだが、詳細はwikiで。

[編集] 史上最凶の登場人物

ゲームは真面目なつくりをしているのに、なぜかキャラクターの方は全員変人である。

[編集] 魔界

ラハール (Laharl)
声優:水橋かおり
本作の主人公サモンナイト3スバルではない。変態フェレットでもない。暗黒まんじゅうをのどに詰まらせ死んだ魔王クリチェフスコイと、そんなのを嫁にしてしまった人間の母親の間にできたハーフ悪魔で、父の後を継ぎ魔王を目指す。年齢は1313歳と、主要キャラ3人の中では最年少だが、どう見ても10歳くらいにしかみえない。性格は自己中心的・自分勝手・冷血であり、悪魔としては素晴らしいものであるが人間なら張り倒したい性格であるのは言うまでもない。そして愛や優しさ、明るくて前向きな言葉、あと巨乳嫌い(自称)。その一方で巨乳の魔法剣士にエロイ発言をしてたりするので、巨乳嫌いは饅頭怖い発言であると邪推できる。さらに、手加減をしていても魔界に侵攻してきた人間達の200万を超える宇宙大艦隊をたった一人で滅ぼしてしまうほどの力を持っているが、ゲームにはあまり反映されていない。
他作品にもゲストキャラとしてよく出演する。ちなみに日本一ソフトウェアは声優の水橋かおりがよっぽどお気に入りらしく、後々の作品で登場するゲストキャラのほとんどを水橋が担当する水橋祭りがあることもしばしば
エトナ (Etona、なおPSP版のエンディングではEtna)
中の人・半場友恵
ラハールの家来。プリニーは道具、家来。フロンと同様、本作のヒロインだが、フロンよりも本作での扱いが悪い。しかし日本一ソフトウェア自身はエトナがお気に入りらしく、プリニーに次ぐ準マスコットキャラ的な存在である。若く見えるが年齢は1470歳。なお、バストサイズについて言及されると激怒する、それでいて強調されそうな服を着てるのはもはや自虐である。また、魔界戦記ディスガイア PORTABLEでは外伝として『エトナ編』が存在するが、続編の2で家出。
プリニー隊 (Prinny)
ディスガイア及び日本一ソフトウェアのマスコット的キャラクターである。金で雇われているエトナの家来。
外見はできそこないのペンギンの着ぐるみ。中は人間界の犯罪者の魂なので中身もできそこない。超重労働の超低賃金でこき使われているため、性格は適当で勤務態度は最悪。しかしエトナによる恐怖政治のため無断欠勤はしていないので自宅警備員よりはずっとマシである。投げると爆発するので戦争にも使えると好評である。
また、プリニーの労働条件は「福利厚生なし、20時間勤務、給料サンマでエトナが気が向いたときしか払われず、ボーナスイワシ一匹」というもので非常にひどい。そのため、厚生労働省はプリニーに対し、ストライキをやるよう命じたが行っていない。これはエトナへの忠誠心の現われだと思うが実際は不明である。まあ、「給料が日払い」という他所のプリニーがあっさりエトナの元に寝返るあたり、目先の事しか考えてなさそうだが…。なおストライキでなくクーデターがPS3ディスガイア4で起こった。
姉御肌のプリニー (Big Sis Prinny)
普通のプリニーと違い赤い色をしており、また語尾に「 - ッス」をつけずに話す特別なプリニー。ラハールに深い関係がある。
ビューティー男爵バイアス(中ボス)
ナルシスト。通称中ボス。エンティングのキャラ名も中ボス。何回も自己紹介するが誰も聞きやしない。役柄も中ボス。彼の技にはビューティー弾など全て「ビューティー」が付いているがその実は全くビューティーではない。エトナ編では最初から最後まで「バイアス」と呼ばれることになるが、キャラデータは中ボスのまま。他作品や続編では味方加入することがある。
クリチェフスコイ (Krichevskoy)
先代魔王で、暗黒まんじゅうをのどに詰まらせ死んだラハールのダメ親父。ラハールの不肖の父親で大魔王と呼ばれるほどの力を有していた。ラハールが生まれたときに喜びのあまり、湖を凍らせてしまったことなど相当のトラブルメーカー。なぜエトナに刺されなかったのかは永遠の謎。故人であるため作中では回想程度にしか登場しない。性格はいい人らしいが悪魔的にはダメである。悪魔的やりこみの結果、彼の死の真相が明らかになる。

[編集] 天界

フロン (Flonne)
中の人・笹本優子
本作のヒロインで愛マニアかぼちゃパンツにコルセットと、ロリコンを狙っているのは見て分かる事である。大天使ラミントンの命令で魔王を暗殺するために魔界に来た天使見習い。愛マニア。年齢は1509歳と、主要キャラ3人の中では最年長の愛マニアであるがどう見ても10歳くらいにしか見えない。ことあるごとに「愛」を語る愛マニアであり、全ての事を愛の一言で片つける筋金入りの愛マニア。穏やかな性格で、天然さんでもある萌え要素たっぷりの可愛らしい愛マニア。戦隊物や変身ヒーロー物、スーパーロボット物等も大好きという、マルチなオタクでもある。操縦も上手いがゲームとアニメではキャラクターとして萌えないという理由でカットされている。
ラミントン (Lamington)
中の人・プリニー(一人二役)
天界の指導者である大天使。フロンや配下の天使兵の格好から類推するに重度のロリコン。どう聞いてもプリニーの中の人とは思えない穏やかな声。
ブルカノ (Vulcanus)
ラミントンの部下。天使とは思えないほど悪魔に似ている顔と性格。悪魔の中の悪魔、ラハールから「天使にしておくには勿体ない」という台詞さえ貰っているから指折りの悪である。結構ひどい人。なぜ天使なのかというと、世間の聞こえがいいからなのだそうだ。ネタキャラとしては悪くない。

[編集] 人間界

こいつら同士の連携発動率が常に100%であるが、1キャラの攻撃力が高ければ済む話なので微妙。

ゴードン (Gordon)
37代目の地球勇者。機関車トーマスにも同名の機関車が出てくるが全く関係が無い。アメリカンヒーローのノリで行動する大馬鹿者・不審者変態・ダメ人間である。正義感は誰よりも強い(ディスガイアの辞書に正義なんて言葉はない)が、ストーリー的にもゲーム的にもジェニファーに劣るダメ人間。なんとなく敵強制移動技や投げ特化している。なんかアニメ化で老けた。ギャグ担当としては評価は高い。HAHAHAHAHAHAHA-。
ジェニファー (Jennifer)(声:斎藤千和
ゴードンの助手。露出狂。10歳で博士号を取得した天才科学者なのだが、なぜこんなダメ人間ゴードンの助手をしているのかは不明。ラハールたちを「ちゃん」付けで呼ぶ色気たっぷりのお姉さんだが、人気は無い。狙いすぎであるし、巨乳人気は夜魔族とネコマタに奪われている。巨乳嫌いのラハールが気絶するほどのナイスバディで、その破壊力はバツグン。さらにビキニのような服装をしていることから、ゴードン同様不審者・変態の称号を手にしている。人気と魔法習得は微妙だがキャラ固有技が使いやすく、おかげでレベルが上がりやすい。
サーズディ (Thursday)(声:落合祐里香
ジェニファーが5歳の時に製作した万能型ロボットで木曜日になると活発に活動する。変形することで巨大なランチャーにもなり、木曜日になると威力が倍増する。最終手段として自爆装置(木曜日だと威力倍増)も搭載するバケモノであり、取り扱いには木曜日でなくとも免許を要する。またこのキャラクターの特性に気づくと史上最悪の廃人プレイも可能である。ちなみにゲーム版の声優は…
カーチス (Kurtis)(声:鳥海浩輔
自称・地球勇者。ダメ人間ゴードンの仕事を卑怯な手段で奪い取る(ゴードンの無能ぶりを見た限り本当に卑怯な手段を使ったかは疑わしい)最低の人間だが、実力はあり、周りからはそれなりに信頼されている。一見してありがちなキャラクターであり、ゲームでは使い捨てキャラとして一旦退場するが、更なる使い捨てキャラとして再登場する。お涙頂戴の話はあるが、ぶっちゃけ長すぎる上にベタすぎ。元ネタは「どこに落ちたい?」の人、…って最近の若者には無理か。味方加入時期が遅いので使う機会が来ない。

[編集] 別の世界

超魔王バール (Lord of Terror Baal)(声:若本規夫
伝説の超魔王。3ではプロモーションビデオのナレーションもしていた。とある人物によって封印されていたが小説版では封印がとかれ、城下町を木っ端微塵なまでに破壊する。

[編集] 史上最凶の関連項目

Uncyclomedia Commons.png
アンコモンズに、魔界戦記ディスガイアに関するガラクタがあります。


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「魔界戦記ディスガイア」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語