出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
町中の至る所で姿を見ることができる。

ハト)は、一般的には鳥類といわれているが、実際は機械に近い。歩行とともに首を振ることによって自己発電し、その電力を用いて飛行を行う。だが、おばちゃんを唆すために食物を得る機能も有し、豆類よりパンの耳によく反応するよう設計されている。その精巧な電子的頭脳は、モーツァルトとベートーベンの楽曲判別、ピカソとマチスの真贋鑑定といった分野に利用されている。

帰巣性に優れるが、これは、鼻コブに内蔵された超小型なディファレンシャルGPSをはじめとするバイオ・アビオニクスの性能に左右される。最高航続距離は概ね1000km。日露戦争中は、夜間飛行が敢行されたが、現在は非常に稀。戦後、KGBの陰謀により、我が国で夜間飛行の遺伝子系統と、それを高める伝承が消滅し、現在におけるまで復活していないことが原因。

人間に容易に接近する鳥類としても有名であるが、実際の目的は餌の搾取ではない。眼球部分に装着された特殊カメラで人類の監視を行う為である。鳩を通して得られた情報は全てロシアに転送されるが、用途について政府は黙秘を続けている。

歴史[編集]

ハトの歴史は非常に古く、一説によると紀元前4000年まで溯ることができるらしい。確実なところでも紀元前3000年ころには利用されていたことが記録に残っている。

近年では第二次世界大戦中のイギリス軍が156万羽の軍用ハトを所有し、それに対抗するためにドイツ軍ではタカを飼ってハトを襲わせていた。 また、アメリカのシクレト・バラス・スキナー博士は、誘導ミサイルを開発した。ミサイルの中にハトと標的を映し出したスクリーンを入れ、ハトがスクリーン上の標的を豆と認識して嘴でつつくことを利用し軌道修正させるものであった。このハトポッポミサイルの命中率精度は現在のミサイル以上のものであったが、製造方法の漏洩を恐れた当局は実用化を断念。以後、ハトポッポミサイルが諸外国によって製造されないようハトを「平和の象徴」とした。

ちなみに、日露戦争時にロシア軍が利用していたハトを襲わせるために、日本軍宮内庁にいた鷹狩り用のタカを使おうとしていた。余談だがこのようにハトとともにタカも軍事利用される機会が多かったことが、「ハト派」「タカ派」という言葉の語源であるとされている。

また、「鳩に三枝の礼あり」という言葉の語源は、落語家の桂三枝が、かつてTBSホールで生収録していた番組「ヤングタウンTOKYO」に由来する。「土曜の夜は・・・」「ヤングタウンTokyo!!」と叫ぶ番組オープニングのフレーズと共に、ホール後方からステージに向かって、訓練された3羽の鳩が放され、三枝の掴んだマイクに着地し、「コロッポ、コロッポ、コロッポ」と3回鳴くという企画である。桂三枝は、自腹で訓練時に使う餌代を持っていた為、鳩に感謝されまくっており、これを見たADが発した言葉が語源とされる。この企画は見事成功を収めたものの、餌代の高騰により、三枝への気遣いから、プロデューサーが打ち切った。この為、成功した回数については、当時の録音テープが消失し、今となっては実証困難となっている。

関連項目[編集]

この「」には
まだまともなことがかかれてないけど、
おいしいものをたべてかきくわえたらなおるよ! (Portal:スタブ)
Naoruyo Transparent.png