鷲宮神社

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

鷲宮神社(わしのみやじんじゃ)は、埼玉県久喜市(旧:北葛飾郡鷲宮町)にある神社

神社の概要[編集]

神社の鳥居と参道

鷲宮神社は古事記の編纂以前より存在している、関東地方では最も古い大社である。関西地方(大和奈良京都)の為政者が関東に進出するにあたって、現地の鎮守としての神を祀るために建立したといわれている。その割には延喜式神名帳に名前が載っていないから、けっこうテキトーに扱われていたのかもしれない。

古来より武将の崇拝篤く、関東や東北を制覇しようとした日本武尊(ヤマトタケル)や坂上田村麻呂、源義家らが奉祀したり、源頼朝も武運長久を祈ったといわれる。

昨今、京都の一企業が関東地方の北部に進出するに当たって、当社に新たな祭神を与えるとともに、それら祭神の力を借りたいのか神社の宣伝活動を実施している。こういった事象が示すように、今なお関東における影響力は強いといえよう。

今日ではその宣伝活動が功を奏し、日本中のみならず世界中(主に台湾韓国香港など)から参拝者が多く訪れ、2007年からの2年間で正月三が日の参拝者数が3倍以上(13万→42万)になるという快挙を成し遂げた、全国屈指の有名神社となった。これは、新たなる神々と主神である天穂日命(商売繁昌の神)、そして大己貴命(縁結びの神)のご利益の大きさを世に知らしめることともなった。

「平成のお伊勢参り」とも称される聖地巡礼ブームの中心地として知られている。昨今ではLGグループなど、企業内でこの神社での祭神をあがめることを社訓とする企業も現れ始めている。 きまぐれかはわかないがフジテレビの最初の番組に大きく登場した。

21世紀には痛ミ濾しを開発し人気を博している。

鷲宮神社の祭神[編集]

鷲宮の三大女神。左から柊司命・柊鏡命・泉此方命(初詣客で賑わう神社に集結)
  • 天穂日命(商売繁昌、出世金運、厄難消除の神)
  • 武夷鳥命(交通安全の神)
  • 大己貴命(家内安全、縁結び、病気平癒の神)
以下、2007年に追祀
  • 柊鏡命突照大神:月の女神、ツンデレ、人気上昇、学業成就、交通安全の女神)
  • 柊司命天然大神:太陽の女神、天然、人気上昇、無病息災、家庭円満、商売繁昌の女神)
  • 泉此方命賓乳大神:水の女神、賓乳、人気上昇、必勝祈願、文化振興、五穀豊穣の女神)
  • 高良美幸命最萌大神)
  • 美水鏡命(創造神)
以下、2011年に降臨
  • 暇を持て余した神(メンフェンティスの方。元旦未明に降臨)
  • 女神メロウス(同じく元旦未明に降臨したが、実のところは泉此方命の中身と同じらしい。)

鷲宮神社の主な祭事[編集]

ウィキペディアでの差し戻し騒動[編集]

新神を称えるべく関連した絵馬も多い

さて2007年以降、ウィキペディアではこの記事を巡って醜い編集合戦が行われたのか、現在では保護とまでは行かないが、編集に際して厳しい事前審査を要するなど、管理者投稿者などの間に極めて大きい隔たりが出来ている。

その原因は、2007年に新たに奉られることになった祭神が営利法人の手でつくられたものであり、本当にその地位に相応しいのかということを巡って、未だ統一世論が形成されていないことにある。

反対派は神道の神と新たな神は全くの別物であり、異端だと主張している。一方で支持派は、地元および全国の人々に親しまれる者であり、その影響力を考えれば神道の神と同じであると主張している。

しかしながら、もとより神道は自然、生物、事物、事象等あらゆるものに神が宿ると考える宗教である。また古来より有名無名を問わず多くの人間が後世の人々に親しまれ、あるいは悼まれ祀られてきた。このような大らかさ、親しみやすさは神道が長年日本人の心のより処となった所以であり、新神たちによる鷲宮町の経済効果、知名度上昇効果のみならず国内のみならず海外の人々の心をも癒し安んじる活躍を考慮すれば、彼女達が新神として祀られるのは妥当であると考えられている。

また、神社の名称は「わしのみや」であるのに旧町名は「わしみや」であるため、町名に反感を抱いて軽率な行動(編集合戦)をするものもいる。

新神のご利益[編集]

30万人参拝を報じる記事。若手の商工会員の英断が結実した
かのフリーザ様もご参拝。信仰は惑星フリーザにまでも及んでいるようだ。

さて、いまだ上記を公式な神と認めるかについては賛否両論があるが、2008年の三が日には新たな神々の話題を聞きつけて、早速それに肖り、そして称えたいと考えたのか参拝客が急増し、前年の13万に比してその倍以上、約30万人の人出を記録した。このような事例は、どれだけ大きい神社でもそう見られることではなく、早速新たな神が神社にご利益をもたらしたのかと評判になっている。

正月以降も、同人作家にとっては「鷲宮神社にお参りすれば、必ず同人誌の売上高が上がる。」とか、「柊鏡・柊司命にあやかりたい」と思いついた人のためか、(初詣以外でも、全国から)年に数回~数十回以上もお参りする人たちが増加している。

なお毎年鷲宮神社に「絵馬を(年に)2回以上」納めない者には、必ず「鷲宮神社(または柊姉妹)の祟り」が発動するとの噂が、同人&仮装(など御宅関連業界)の世界では広まっているらしい…(詳細不明)。そのためか(敬虔な)「鏡命&司命」の信仰者が、日本国外(特に台湾)からも来訪したりしている。

また、車体に自分の好きな作品の登場人物を書き込んだ、通称「痛車」での参拝者も見られ、神社前の駐車場に停まっていることも多々ある。コスプレ参拝者、痛車、荘厳なる境内、そして鳥居横の大酉茶屋がかもし出す雰囲気はまさに聖域と呼ぶに相応しく、この点でも「神道と副文化、そして地元商工会の融合」が実感できる。

ことに鏡命司命此方命という三女神(三連星とも)の人気ぶりは、神道の総締めである天照大神をも凌ぎ、現在最も人気があり、かつ愛されている神々となっている。

2007年から2008年にかけ三女神信仰は過熱していたため、2009年の初詣では流石に参拝客が減る(=人気の陰りが訪れる)のではないかと危惧されていたが、それは杞憂にすぎず、三が日で昨年の30万人をも更に上回る42万人もの参拝客が訪れた。この結果は人気が信奉者のみならず一般の人々にも広く浸透してきた証だとも言える。これは県内の神社ではさいたま市大宮区の大宮氷川神社(205万人)に次ぐ数値であり、名実共に鷲宮神社は埼玉・北関東を代表する神社の地位を取り戻したといえる。

そして翌2010年。この年の正月はさすがに奉納より2年半から3年もの月日が経過したこともあり、前年より参拝客は少なくなるだろうと予想された。埼玉県警も前年と同様程度と見積もって、警備計画を立案していた。しかし結果はさにあらず。45万人の初詣客が訪れ、参拝客数記録をまたも更新したのである。

神代よりの歴史を持つ神社とはいえ、この地に一度にこれほどの人々を集めたことは初めてであろう。初詣客の大多数が地元及び近隣の住民であることをみると、三女神を中心とした幸星信仰は移り気なオタクが騒ぎ立てた一過性のものではなく、女神達及びこの地を愛する信奉者や地元の人々の支持に支えられた着実なものであるということを証明している。三女神は観光大使としての使命のみならず近隣住民に地元の素晴らしさを改めて実感してもらうという使命をも十分すぎるほど果たしているとも言える。

このように、2007年に追祀された三女神は商売の神こと天穂日命と共に、鷲宮を中心とした東埼玉へ明るい話題を振りまき続けている。世界的な不況の中、人々の心を明るく照らし潤し癒し続ける女神達の果たす役割はますます大きくなっていると言えよう。

土師祭[編集]

そして、9月に催される土師祭はじさいと読むが、決して祭ではない)。この土師祭は重さ1トンにもなる千貫神輿が町を練り歩く、江戸時代から続く伝統的な祭なわけだが、2008年からは一味違う。なんと新たな三大神を描いた神輿が登場したのだ。そして、全国津々浦々から集まった100余人もの社会に晒されることも恐れない猛者有志が担いで町を練り歩く。鷲宮町の新神への力の入れようが伺える。なお、素人にも担げるようミ濾しは相応に軽く造られていた。

その後、土師祭にて女神達を載せたミ濾し(痛ミ濾し)は9月14日の幸手市にて催されたOVA発売記念イベントにて幸手市民や信者に披露され、最後は鷲宮町の郷土資料館に保存された。女神達は名実ともに町の歴史と共に歩み語り継がれることなった。その後もこの神輿は年越し・初詣やハワイパレード上海万博等の世界中のハレの舞台に際し女神達を載せ出張し、日本の文化外交の顔として向かう先々で人々に僥倖を振りまいている。

鷲宮神社からの文化伝播や、それに関する「派生」[編集]

宮城県塩竈市の塩釜神社にて。画面左側の司命を描いた絵馬に注目。信仰は既に東北地方にまで達している

「文化伝播」関係では[編集]

聖地巡礼の流行から派生した新たなる文化であり、今や鷲宮神社名物となっているのが絵馬掛場に所狭しと掛けられている通称「痛絵馬」である。

一般の愛好家が各々のお気入りの女神を描いたものから、本職の人間が自身の成功を祈願し数十枚にわたり奉納した本格的な絵画入りのものまで様々。奉納されたそれら痛絵馬を見ていても飽きない。中には女性や子供が描いたと思われる、かわいらしいものも。玄人級の萌絵師が奉納した絵馬にはそれぞれに愛好家が付くほどの人気であり、ウェブサイト等を用いて紹介も人気を博している。

ちなみに最も多い願い事は「第2期映像作品放映祈願」である。

鷲宮の「オタ絵馬」の件を受け、全国各地の神社・寺院において何者かが「作品人物を描いた絵馬」を納める現象が、少数ながらも続いているらしい…。

ところが近年、大規模な神社を除いては「正月と例大祭しか絵馬を販売しない所が多い」ことを知り、「自分の地元の神社等で絵馬を正月あたりにまとめ買いし、週や月ごとに分けて少しづつイラストを描いて奉納する」者も、最近になって目立ってきている。特に、国産アニメの発祥地の練馬区あたりでは顕著である。

「痛絵馬」が奉納された、(鷲宮以外での)神社&仏教寺院での例[編集]

神奈川県川崎市に鎮座する川崎大師の絵馬奉納所でも、正月に仏教関連の絵を描いた人がいたとの「目撃情報」があり、東京都板橋区の縁切榎では「『幸星』関係の絵を納めた絵馬を目撃した」情報も出ている。

それから広島県尾道市の御袖天満宮では、(鷲宮の件以前に)「『神中』なる作品の制作参考地」とみなされたせいか、「それら人物の絵を描いた絵馬を、奉納した輩」が多発した情報もある・・・。

続いて(世界遺産こと)岐阜県白川郷でも、「『』の聖地」と注目された年に、世界中(または日本全国)から「痛絵馬」が集まった。特に、作品が実写映画化された時期は多かったという。

また東京都練馬区内の神社でも、「東映が製作した『少女二戦士』」の登場人物を描いた絵馬を見かけた情報が、最近になって寄せられている。

同じように、聖地秋葉原近郊の神社(特に神田神社)でも(幸星等の)「痛絵馬」を見かけるし、仙台&新潟(上越地方)等の「戦国大名のお膝元」の神社でも、女性の「戦国大名信者」達による「痛絵馬」の目撃情報が、最近になって寄せられている(この時は神社側でも大歓迎の様子だった)。

長野県諏訪市にある諏訪大社でも、この地が「東方計画」の舞台の1つとなったためか、同社に縁のあるロリ祭神並びに2P腋巫女を始めとした登場人物を描いた絵馬が萌絵師達の手によって奉納されているとか。

近年「干支にちなんだ痛絵馬」が密かなブームになりつつあるのか、2011年(卯年)には埼玉県さいたま市浦和区の「調(つき)神社」では、「が御神体」であることから地元(またはその近隣)の有志らを中心に「兎に関連する痛絵馬」を多く奉納しようと、計画されているとか…。

「痛絵馬」以外での「派生」[編集]

また、此方命在住の幸手市では「鷲宮神社のように信者が集える聖地を解放しよう」との動きが現実のものとなり、泉一家及び猫型創造神の了承の下、権現堂桜堤近くにある泉家が一般信者のために公開されることが決定した。

商工会や信者等有志による奉仕の甲斐もあり、部屋の整頓やDドライブ内のメモリの保護等巡礼者を迎えるための準備も完了し、2009年3月28日をもって無事公開の運びとなった。

2008年の此方節では鷲宮神社に信者が集中したが、2009年以降はこの地が此方節の中心となっている。

新たなる交流[編集]

聖地巡礼ブームは一時の過熱ぶりも治まり、聖地巡礼者の姿はすっかり当たり前の風景として定着してきているが、それも鷲宮町の住民の努力と温かさがあってのことである。地元商工会や町役場が一体となり様々なイベントを介し巡礼者達を迎え入れ楽しんでもらう努力を重ねた結果、この町を舞台に巡礼達同士、あるいは巡礼達と地元住民との間に新たなる交流が生まれるきっかけとなっており、このことは縁結びの神である大己貴命のご利益の大きさを示しているといえる。

巡礼者の中には地元住民の温かさにふれ町そのもののファンとなり、この町での彼らと再会を楽しみとする者も多い。「鷲宮町に帰る」と表現する者、鷲宮、もしくは関東地方への移住を希望する者も後を絶たない。町を好きになってもらう、という点でこの町が町興しに大きく成功したといえる。

鷲宮神社内での「作法」など[編集]

以前、何者かが「1日に20枚以上もの絵馬を納めた」事例が発生したが、さすがの鷲宮神社もこれに関して当惑したことがあった。このため神社では、「(絵馬を納めるのは)1日に1枚だけ」の規定が本格化されたとのこと。

また、自分の出身地&在住地の近くで販売されている神社の絵馬を、(神々の絵を描いては)鷲宮神社に持ち込む人も少なからず登場している。だけどこの場合は「おとがめなし」なので、「(TPOの範囲内なら)別に気にしないで良い」とのこと・・・。

上に記した「神中」の聖地において「巡礼記念ノート」が設置されている情報を受け、鷲宮神社側でも(絵馬以外でも)「巡礼記念ノート」記入への呼びかけを最近計画しているとのことである(絵馬を買うよりは安上がりの上、巡礼者同士との交流にもつながるので)。

最近になって、「(鷲宮神社の)絵馬を家に持ち帰ってから、1・2か月」ほど経過すると、必ず「鏡命・司命から、複数の災厄を賜る」と言う情報が、最近になって寄せられている。そのため絵馬は、「購入してから1か月以内に願い事を書いて、必ず鷲宮(神社)に奉納する」ルールが創設されたとのこと…。

去年、東京都23区内の数ヶ所の神社において「何者かが18禁的な痛絵馬を奉納した」ことを受け、(一部の有名神社を除いて)全国の神社の大半が「絵馬のサイズを、(去年の)半分以下に縮小する」とか「絵馬の販売を今年から中止する」などの対策を取った(治安上の理由により)。このため鷲宮神社でも、今年から「絵馬を奉納する際には、18禁(またはそれに準ずる)イラストは慎むべし」というルールが創設された。

(前述の「自分の出身地&在住地の絵馬」関連においての追伸だが)2010年代に入って、(長引く「世界的な不況」のためか)「(鷲宮より値段が安い)自分の地元&在住地の神社の絵馬を使用し、(鷲宮に)奉納する人が増加してしまった。このままでは、(鷲宮神社の)絵馬の売れ行きが減少する」との危惧を受け、(神社側でも)「鷲宮以外の神社の絵馬を使って、(鷲宮神社に)納めることを禁止する」ルールの創設が本格化されている。(同時に、「絵馬納め所」の警備員配置の検討も…)

大酉茶屋[編集]

神社のすぐそばには「大酉茶屋」なる茶店がある。地元商工会の運営するささやかな観光物産館といったところだ。神社に参拝したついでに、と立ち寄る参拝客も多く、店内には品が飾られ歓迎一色である。

店は築100年以上、こと古い物を好む人物の心を「鷲づかみ」することは間違いなし。

2007年の地元出身の女神達の活動絵巻の放送後、女神達の肖像画や創造神のサイン等や幸運の女神達に因んだ関連グッズ、果てはジオラマまでもが置かれるようになり、古民家を改造した店内に華を添えている。

この茶屋は旅路の果てに夢に見た聖地に辿り着いた巡礼者達を温かく迎え入れるオアシスでもあり、茶屋訪問そのものも巡礼化している。巡礼者は皆絵巻の通り神社入り口の大鳥居と大酉茶屋をセットで(あるいは鏡命のまねをしつつ)撮影するのが習わしとなっている。

柊姉妹の石碑除幕式、柊一家への住民票交付等様々なイベントの舞台ともなっておりその際彼女たちに因んだオリジナルメニューを用意したりとサービスも旺盛。現在ではそれらオリジナルメニューが元々あったメニューに変わりメインメニューとなっているのはご愛嬌。

大酉茶屋の当初のアンティークな趣から、女神達がそれに華を添えた現在への変遷は、静かな門前町から研究機関までもが町興しの例として注目する観光都市に変わろうとしている、この町の変遷をも象徴しているかのようである。そして今や、世界一有名な茶屋としてその存在は知られるようになっている。

アクセス[編集]

東武鉄道伊勢崎線「鷲宮駅」を下車し、東口を出て徒歩5、6分ほどで神社に到着する。

なお駅前には銀行(さいたまりそうな)と駄菓子屋、本屋はあるが、コンビニは全く無い。かつては駅構内に東武ストアもあったが、2007年の新祭神追祀を待たずに閉鎖してしまったため、今日駅構内は廃墟となっている。食事は上述した大酉茶屋を始め、周辺の飲食店を探して食べることをお勧めしたい。なお鷲宮の蕎麦は、埼玉県内でも有数の作付け面積を誇っているため、現地産の蕎麦を出す店舗が多い。若干固めの歯ごたえのある蕎麦なので、食べ比べをしてみるのも一興である。

鷲宮駅は鏡命、司命が普段利用されている駅であり、この駅より鷲宮神社への道が女神達が春日部市まで通いなれた巡礼の道である。川沿いに進めば近道だが、初めての巡礼者は「コスモスロード」と銘打った通りをまっすぐ進み、突当りを左折しまた直進するのがお勧め。

鷲宮町にはもうひと駅、JR東日本宇都宮線東北本線)の東鷲宮駅があるが、そこで下車すると不慣れな道を30分ほど歩くことになりお勧めできない。JRを利用する際も、1つ隣の久喜駅で下車し東武線に乗換えるのがお勧めだ。まあでも、女神達が鎮座される街並みや郊外の田園地帯を気ままに散歩しつつのんびり聖地を目指すのも良いかもしれない。

ちなみに2009年の秋より東鷲宮駅・鷲宮神社間のバス路線が創設されたので、東鷲宮駅からの移動が少し便利になったとのこと(便数は、毎時2・3本くらい)。

注意事項[編集]

同じ久喜市内にはもう一つの鷲宮神社が存在し、しかもその最寄駅である久喜駅は伊勢崎線で鷲宮駅と一駅しか違わない。 しかし、その神社は女神とは何の関係もないので、誤って下車しないように注意されたい。

誤って久喜駅で下車すると駅からかなり歩かされ、神社前の住宅街に住む住民たちからは不審に思われた挙句、そこには女神がいなかったと言う悲惨な結果になってしまうので充分注意されたい。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鷲宮神社」の項目を執筆しています。


岩崎みなみ.jpg どうも、みなみです。この記事「 鷲宮神社 」はらき☆すたに関連した書きかけ記事だから、誰か加筆したら嬉しいと思います。ご協力を心からお願いしますね。 (Portal:スタブ)