鹿児島県

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「鹿児島県」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「鹿児島県」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「鹿児島県」の項目を執筆しています。

鹿児島県(かごしまけん)とは、日本九州の南に位置する鹿児島の全域を県域とする県。かつては薩摩藩がおかれ、軍事都市として栄えた。


地理[編集]

衛星写真や地図では九州と一体化しているように見えるが、鹿児島県と熊本県宮崎県との県境には、東シナ海と志布志湾をつなぐ水道があるため、鹿児島は九州とは分断されたとなっている。

また、鹿児島本島周辺には、小さな島々が多く存在する。無人島等も数多く存在し、何処に軍事拠点があるか諸外国からは判断出来ない。ロケット開発の応用した遠距離ミサイル等も種子島に数多く所持しており、日本の国防の一端を担っている。また、縄文時代からタイムカプセルのように保管されてきた「花粉症兵器」こと屋久杉も、屋久島に多く備えられている。

桜島という軍事拠点があり、たびたび噴火を起こしてはどのようにしたら効率的に相手に攻撃をあてることができるか日々実験されている。因みに2012年現在、桜島は活発な戦闘行為を行なっている。以前は霧島山に拠点を置いていた。その証拠に最高峰の韓国岳付近にはその跡と思われる巨大なくぼみが存在している。 また奄美諸島では毒蛇であるハブが生息しており、人を飲み込んだりかみちぎられるなどの被害のせいでこの地域を支配している。

西側の薩摩半島は比較的交通網が発達しているが、東側の大隅半島は付け根の方で鉄道は終わっており佐多岬周辺は陸の孤島となっている。

鹿児島の歴史[編集]

鹿児島の歴史書にはこうある。 「ある所に一本の木があった。家出少年達がやって来た。木の上にぼくらの秘密基地を作った。変な女がやってきた。いつの間にかめいじせいふと呼ばれた。なんかよくわからないけどほかのひとに迷惑をかけたので木をきるといわれましたぼくたちはいや」ここで途切れている。

古代[編集]

古くから軍事産業が異常に発達し古墳時代には核兵器の基礎となる設計図は完成していた。

中世[編集]

島津一族が大フィーバー、朝鮮でウン十倍の敵軍を打ち破って鬼と呼ばれたとか関が原でウン十倍の徳川軍を中央突破したとかカッコイイ逸話がある。…らしいのだが、当時の音声ファイルを聴いてみても「ムカシ、チャンユトヨッドンニ、イッダマシュオットラレタセンゴッノサムライタイショウデ、フルタオリベチュウヒトガオイヤシタ」などとぶっちゃけ何言ってるのか聞き取れない。関ヶ原の件もかろうじて聞き取れたのが「家康、夜襲、もっそ、ごわす」の四語だけという有様である。解読サルッコトンマコトマッナゲカコトデゴワス。

江戸時代[編集]

光線銃等多くの超近代化学兵器を乱用した。中でも最強の威力を誇った兵法がちぇすと流剣術櫻島砲であり、今日まで鹿児島の軍事的優位性を支えている。 この二大兵法をもって琉球王国に対してしばしば侵略し、沖縄本島以北の島を全て奪った。東京の幕府から目の届かないのをいい事に、中国と密貿易をやるなど、北朝鮮並のならず者国家であった。ちなみに当主である島津家は源頼朝の隠し子の末裔とも言われている。

ちぇすと流[編集]

薩摩軍の公式兵法。歴史家平田弘史とみ新蔵の筆に詳しい。人体ラグビー「ひえもんとり」や実弾ロシアンルーレット「肝練り」によって鍛錬され、振り下ろす速度は雷と等速だとか初太刀を避けたら楽勝だとか好き勝手言われている。この流派を修めた連中は銃弾を食らっても倒れず、敵陣になだれ込んで銃身ごと斬りまくったという(史実)。

櫻島砲[編集]

県中心部に据わる全高1100mの古代文明兵器(世界最大の建造物)。かつてアトランティス文明により製造され、島津家により復活した。発動した際には大量の死者を出し、普段からも噴煙を撒き散らし県民を困らせている。その破壊力は絶大で、かつての島状だった地域を半島にし、海流を大幅に変えてしまうほどであり、もう何回か噴火したら対岸の鹿児島市とも繋がり、でっけえ湖ができるのではと懸念されている。

近世[編集]

明治維新でここ出身のものが政府を打ち立てるが、当然ながら民衆にとっては地獄の始まりとなった。後、政府が分裂し、西郷隆盛を中心とする者が鹿児島で再独立を目指し蜂起、西南戦争として名前を残す事になる。しかし見事に敗北、鹿児島は東京の軍門に下った。ちなみに、その独立運動のあった明治時代にちなみ、鹿児島の暦は継続して明治(西暦年-1867年)を使用している。

日露戦争でもちぇすと流は一線で通用しており、修練者の東郷平八郎は当時世界最強と言われたバルチック艦隊を全滅させるなど冗談のような戦果を残している。

人種[編集]

鹿児島国民は全員血の気が多い。しかも体毛が濃い。これは南に位置しているからだと、精神科学者達が検証している。熊本県人を見ると「ちぇすとー」なる怪鳥音を発し、蜻蛉の構え(具体的にはアクトレイザーのアレ)で切りかかるが、相手もタイ捨流の太刀筋で返してくるため、討取り率は年々減少傾向にある。また宮崎県民は同志であり、我が弟子であるという勝手な妄想を持っている。一人称は「おいどん」、語尾は「ごわす」。これらは一般的には九州北部の方言であり、明治大正生まれの現地民も殆ど使わない。何かにつけて幕末、明治時代に想いをはせる。男は本当にバカで「その代わり死を恐れない」と称するハタ迷惑なバカである。即ちドMなのでいじめられると喜ぶ。いい死に方があると聞くと目を輝かせて飛びつく。それ以外の行動原理は存在していない。その為に何も学ばず何も持たず何もしない。女の生態についてはほとんど知られていない。「まるでブタのように太っている」「いや、むしろやせていて美人が多い。ただしドS」など意見はあるものの憶測の範囲を出ない。そして異常に酒好きが多い。人口はそんなにいないのに、アルコール類(特に芋焼酎)の消費量は全国トップクラス。またグラスに目盛りがついているのは鹿児島ぐらいである。

行政[編集]

薩摩藩時代には軍事都市国家としての独裁制がしかれており、島津家全権を掌握していたが、幕末期の薩摩併合により実権を失い、現在は日本の市政下にある。また、代々黒豚が県副知事にされているが、その副知事は自身の息子達を食糧にして、県民に与えると言う慈悲に満ちた貢献をしている。


県内市町村[編集]

  • 鹿児島市
    • 県庁所在地。南の辺境の独立国気取りの地方都市で、県内に絶大な権力を有する。
  • 薩摩川内市
    • 北薩の中心地。名前が長いが、仙台市と区別するため仕方なく改名した。
  • 出水市
  • 鹿屋市
    • 大隅の中心地。体育大学があるため親しみを込めて脳筋都市と呼ばれる。
  • 神聖阿久根帝国
    • 現存する幾つかのキャラクターのモチーフになったのでは?と考えられる壁画が数多く発見された古代芸術都市。皇帝タ・ケハラの失脚により現在は滅亡したとされる
  • 指宿市
  • 霧島市
    • 天孫降臨の地。霧島連山を独り占めしているが、宮崎県民は黙っていていいのだろうか。
  • いちき串木野市
    • マグロの町。青森県大間に宣戦布告し、圧勝した。小さいながらも、活気のある、県内でも類をみないまともな市。
  • ほか多数

関連項目[編集]