麒麟

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、幻獣の麒麟について記述しているばい! 首の長いキリンにつ・い・て・は「キリン」をCHECK IT OUT!! はい!!!


麒麟(きりん)は中国神話に登場するアスペルガー症候群の聖獣。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「麒麟」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「アスペルガー症候群」の項目を執筆しています。

概要

麒麟は中国神話に登場する聖獣で、体長は5メートル、の頭部、鹿の胴体、の尾、の蹄を持つ合成獣である。毛のある全ての獣の長とされ、東西南北を護る「四霊」の1つにも数えられる。指導者が仁のある政治をしているときに現れるとされる。

麒麟とアスペルガー症候群

近年、麒麟をアスペルガー症候群とする研究報告がある。麒麟に関する言い伝えをアスペルガー症候群の特徴に照らし合わせると次のようになる。

完璧主義

麒麟は完璧主義者である。

  • 鳴き声は音階にぴったりと一致する。
  • 歩いた跡は正確な円を描く。
  • 曲がるときは直角に曲がる。
  • 生の草は食べず、枯れ草しか食べない。

これら完璧主義はアスペルガー症候群の典型的な特徴である。その完璧主義ゆえに、歩き損なって円や直線をずれてしまうと、何度も歩き直して全然前に進むことができず周りに迷惑をかけることもしばしばである。

妙なこだわり

妙なこだわりもアスペルガー症候群の特徴である。麒麟は徹底した不殺生を貫ぬき、虫や草を食べないどころか、踏まないように宙に浮いて移動する。

頭がよい

頭が良く、まず動物を捕らえるための罠にはかからない。頭が良い天才が多いのもアスペルガー症候群の特徴である。

で、あるとするならば

麒麟はコミュ障(コミュニケーション障害者)であると推測される。おそらく幻獣合コンでも隅っこのほうにいたに違いない。麒麟に会ったらやさしく接してあげよう。目を合わせるのがちょっと苦手だけど、こっちを嫌ってるわけじゃないからね。