黒人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「黒人」の項目を執筆しています。

黒人(こくじん)とは、神聖なる神の子である。白人たちは自分たちが神の子であると思っているが誤りである。

」という言葉で表現されるが、その色は日焼けした白人ぐらいの色から、ダークブラウンまで幅広い。

起源[編集]

黒人の特徴

 初めに、があった

 土はと共にあった、土は神であった

 万物は土によって成り、その内に土によらずに成ったものはなかった

と、古代の書物にあるように、神々がをこねて作り出し、地上に落としたのが黒人であり、現在も神の子の血が流れている。

彼らは肥沃な大地で神が与えた作物を作り平和に過ごしていた、しかし、ある朝宇宙人が空飛ぶ船でやってきた。

体をびしょびしょに濡らした肌の白い宇宙人を見た黒人の子供は、興味を持ち、タオルを持って駆け寄ると、いきなり白人は散弾銃で駆け寄ってきた子供のドタマをぶち抜いた。

そして何か声高に叫ぶと、宇宙人たちは彼らを鎖でつなぎ、UFOにすし詰めにすると、日本に向かい築地で彼らをセリにかけた。

差別からの脱出を目指して[編集]

彼らの住んでいた土地はその日から白の宇宙人たちの住処となった、白人たちが森を焼き払うと黒人たちがまだいることに気付いた、試しに鳥でも打つように一番近くの黒人の頭を打ちぬくと、彼らは石を投げてきた、白人たちはこれを宣戦布告と受けてでも潰すように虐殺した。

「あなたの国(ブラジル)に黒人はいますか?」
黒人 について、ジョージ・W・ブッシュ

黒人たちはこのままでは神の子の血統の絶滅をも免れぬと判断し、白人たちの支配に甘んじた。

白の宇宙人たちは黒人がよく働くのを見て、その一部を自らの星へ連れて帰った。この星は新大陸と呼ばれるようになる。黒人は奴隷となった。

その後アメリカと呼ばれるようになった白人の住処では、日本における穢多、非人のような基本的人権のない差別を受け、KKKという秘密警察に監視されるようになり、反抗すると強制収容所で一生生活させられた。

また、KKK上がりの大統領、ジョージ・W・ブッシュは黒人のことを猿に近い生き物として国際社会に発表していた。

しかし、黒人は何代にもわたりその苦役に耐え、そのたくましさを見た白人は次第に黒人を恐れるようになった。エイブラハム・リンカーン紛い物の自由を黒人に与え懐柔を試みたが、黒人は決して白人に媚びることはなかった。

やがて、敬虔なローザ・パークスキング牧師の導きにより社会進出に成功した黒人たちは、大勢でホワイトハウスに押しかけ、ウィル・スミスバラク・オバマという首長と共にブッシュを剃刀を研ぐ革砥でぶちのめすと、大統領の座から引きずりおろし、元々に似ているというので動物園の猿山の中に入れてやった。ちなみに、今もブッシュは猿山の中で醜い権力闘争に明け暮れている。

このようないきさつはありながらも、今では彼ら黒人が最も神聖なる種族であるということは常識となった。

ぶちのめされ、動物園にて飼われるブッシュ

大地の解放[編集]

一方、相変わらず白人が我が物顔で暮らしている土地があった。黒人たちの大地である。

アパルトヘイトという有刺鉄線で国土を二分された土地アメリカ合衆国の手先が支配する土地、鉱物も水も耕す畑さえも白人が支配する土地、人種差別に凝り固まったコインランドリーの隔離制度。そんな中、黒人たちが持つ土地は、僅かしか残っていなかった。それさえも、ひととき潰えてしまう。

しかし、白人は互いに銃を向け殺し合いに明け暮れた結果、その力を失った。黒人たちは彼らの大地を取り戻すために立ち上がった。最初は支配を維持しようとした白人も、神の子たる黒人の団結を前にしては、彼らに土地を返すほかなかった。

こうして、大地は黒人の手にかえった。

だが、団結は脆いものだった。大地を手にした黒人たちの間にはたちまち諍いが生まれた。

彼らに横たわる溝は、今も埋まらない。

黒人の特徴[編集]

小さい頭、細く長い手足、高いヒップの位置。

ステルス性が高く、夜間常人の目には留まらぬ暗黒色となり老若男女問わずに股間の帯刀した性剣で人間の穴をぶち抜くことを特技とする黒人男性が多い。 目と歯の白い輝きとその形状が、ステルスを解く手がかりになる。

関連項目[編集]