黒澤明

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
黒沢明から転送)
移動: 案内, 検索
映画撮影時の黒澤明 (1985)

黒澤明(クロサワ アキラ)とはサムライ映画と時代劇で知られる日本映画監督であった。映画史においても特筆すべき映画監督の一人であり、ジョージ・ルーカスコッポラスティーブン・スピルバーグ、セルジオ・レオーネ、クエンティン・タランティーノなどに影響を与えたとされる。今後も後世の映画監督に影響を与え続けると一般的に考えられてきた。

しかし近年、黒澤明への評価は一変している。新進の映画評論家として注目されているティミー・ブレントン(14歳)とステイシー・サマーズ(19歳)はクロサワ映画には致命的な欠陥が内包されていると論じている。ブレントンによるとクロサワ映画は「特殊効果、爆発、バイオレンス、女」が欠落しておりプロットや登場人物の造形といった退屈な部分にばかり力を入れているとされ、サマーズは「クロサワ映画はどれもこれも退屈。MTVでも観ている方がマシ」と評している。

目次

[編集] 生い立ち

黒澤明は1910年、東京郊外で生まれた。サマーズはクロサワ映画の欠点は生い立ちに原因があると断じ「たぶん、MTVなんか観てなかったのよ」と述べている。結果として、黒澤明はラップのミュージックビデオの再放送を飽きるまで繰り返し観る代わりに、他の事に時間を回していたのである。

父君は有力な軍人さん、兄上は兵役中にケガをしている兵隊さん。これらが縁で彼自身は兵役を逃れ、「やった~!!」と涙ながらに叫んだ。

明治時代の男性で、身長が180cmある珍しいケース。昭和のhydeで比べても落差が激しすぎる。

当初は画家になることを志していた。この時の経験がクロサワ映画の代名詞となる綿密なショット組成に活かされたと言われている。CG特殊効果や無意味な爆発を監督が好まなかったことをブレントンは残念だと評している。

学生時代に黒澤明はドストエフスキーやアメリカの推理小説などを読み漁り、この読書体験から強い影響を受けた。サマーズは「どのクロサワ映画にも文学の影響を感じられる。本の虫だったとしても、まあ不思議でもない」と述べている。

[編集] 作品

この盗賊はウィル・スミスではない。どう見ても三船敏郎です
休憩があるなんて、長すぎる(サマーズ)
ウィル・スミスですか? いいえ、三船敏郎です
奇妙な衣装を着た日本人俳優

黒澤明は半世紀に及ぶキャリアの間に30本の作品を監督した。主要作品は前述の映画評論家によって綿密に分析され、クロサワ映画の致命的な欠陥の数々が明らかにされている。初期の作品の大半がモノクロフィルムによって撮影されたこと、物語を進めるにあたってプロットのような退屈なものに依存していること、劇中における「奇妙なたわごと」(ブレントンが発見)の多用などが欠陥の一例として挙げられている。

黒澤明の代表作としては『羅生門』、『七人の侍』、『用心棒』、『乱』などがある。一般的な映画評論家たちはこれらを「不朽の名作」と評しているが、ブレントン及びサマーズはこうした見方に対して否定的である。

私生活で生来ずっとヤクザを嫌う体質を反映し、作品へ大きく取り込んでいる気骨な方。

[編集] 羅生門

羅生門は黒澤明の初期の代表作であり、国際的に注目される契機となった作品である。森の中で発生した殺人事件を、関係者4人による回想によって描いたものであり、性別や立場の違い、自己中心性など退屈なテーマを客観的に表現する手法が注目された。

ブレントンは「ムチャクチャ退屈」と断じ、最も有名な殺陣のシーンも「素人くさい」と評している。更に「ウィル・スミスならもっと格好よく盗賊を演じる」とまで述べている。

またモノクロ映画を「バカ」と一蹴するブレントンはクロサワ映画の象徴でもある光の使い方については「えっと、何のこと? 地獄の象徴?」と述べている。結論を出す前にも「いや全く何が言いたいのか分からなかった」と漏らしている。

[編集] 七人の侍

七人の侍はクロサワ映画の中で最も人気のある作品である。スティーブン・スピルバーグやジョージ・ルーカスに強い影響を与えたことでも知られ、黒澤明が世界の映画史に名を残すことになった記念碑的作品であるとも言える。

野武士が村で略奪をする場面から物語は始まる。村人たちは七人の侍を雇って野武士の一団と戦うことになる。身分、不平等、自己犠牲、協力、指揮、生存などを問う大叙事詩となっている。

「消極的な主人公」「場を和ませる脇役」「若者たちの恋という伏線」「気象の利用」「アクションを際立たせるスローモーション」といったこの映画の特徴は、現代のアクション映画においても欠かせない要素となっている。

それでも、七人の侍が退屈であることについて疑いの余地は無いようである。ブレントンは「アクション映画だろ? それなら何で爆発シーンが無いんだ??」と痛烈に批判している。サマーズは「何で休憩なんてあるの? 意味わかんない」とコメントを残して、夜の街へ去って行った。

[編集] 用心棒

用心棒も黒澤明の代表作であり、『荒野の用心棒』や『ラストマン・スタンディング』などのリメイク作品が何十本も制作されている。三船敏郎演じる浪人・三十郎が宿場町で対立する二つのヤクザ集団に用心棒として近づき、全滅させて去っていく物語である。ブレントンは用心棒の殺陣シーンについて「流血が足りない!」と述べ、殺陣の振り付けや正確性よりも流血が最も重要であると力説している。

Quote1.png 面白いアクション映画には流血シーンが欠かせない! 流血はクール! 流血は最高! だから俺はゴッド・オブ・ウォーのような残酷なゲームが好きだ!! Quote2.png

[編集]

乱は黒澤明自身が最高傑作だと考えている作品である。シェイクスピアの戯曲『リア王』を下敷きに、裏切りを重ねる三人の息子の確執を描いている。

この作品は有難いことにモノクロではなくカラーで撮影されている。しかしカラーフィルムで撮影した結果、登場人物が着用している日本の民族衣装が無意味に目立っていることをブレントンは「奇妙極まりない」と指摘している。

また、乱の複雑なプロットは「観客を混乱させる」とブレントンとサマーズは指摘している。その理由は「皆同じ顔に見える」からである。

[編集] 結論

サマーズは以下のようなクロサワ映画について以下のような結論を出している。

Quote1.png クロサワ映画は、ムチャクチャ退屈。だって、格好良いアクションも無ければ、ウィル・スミスも出ないんだから。モノクロだし、日本語が訳分かんないし。それに字幕読むの面倒だし。読むのはキライ! 本なんて、ほとんど読んでない。でもバカってわけでもないし。 Quote2.png

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「黒澤明」の項目を執筆しています。
この記事は、en:Akira Kurosawaから翻訳されたものです。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語