出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

鼻(のーず)は生きとし生けるもの全てが所有する器官である。地方出身者は鼻と書いて「はな」と読む傾向にある。

目次

[編集] 概要

鼻は古来より、嘘をつくと伸びるとされている器官である。つい最近まで迷信であると信じられてきていたが、20世紀後半に嘘しかつけない人形(キノピオ?ピノキオ?)の鼻が伸びる姿が全世界に報道され、事実であることが確認された。

[編集] 鼻を見ればわかること

概要より、嘘つきであればあるほど鼻が伸びる傾向にあることがわかる。このことより、キリンさんよりもさんの方が嘘つきであることがわかる。もちろん、母さんの鼻も長いので親子そろって嘘つきである。また、アメリカ人も嘘つきである。日本人は鼻が低いから嘘つきじゃない。

[編集] 様々な事に利用される鼻

2007年8月現在、鼻の伸びる距離に上限がないことが確認されている。嘘をつけばつくほど鼻が伸びるのである。この特性を利用し、嘘つきの鼻は世界中の様々な事に利用されている。

[編集] 問題点

日本人より鼻の長いアメリカ人は嘘つきであることは明確な事実であるが、アメリカ人より嘘つきな韓国人中国人の鼻が短いことが問題となっている。ある学者の説によると、「彼らは地球外生命体、もしくはロボットであるから伸びなくても仕方ない。」またとある学者の説によると「彼らは嘘をついているつもりが全く無く、自分が話している事全てが事実であると認識しているから伸びないのである」と述べている。どちらが真実かはまだ解明されていないが、どちらにせよダメダメのダメである。

[編集] 萌える鼻

今更言うまでもないことだが、二十世紀末期~二十一世紀初頭の二次元空間的「黄金の国」ではこれが低い女性が持て囃される傾向にある。いや、女性に限らず、少年もコレが低いと可愛い、と称される傾向にある。どれ位低いか、というと、「く」の字に類する形で表されていればまあ良い方で、1ドットサイズの黒点が鼻の頂点付近と思われる場所に付いていておしまい、という事も多く、下手をすると鼻が全く表記されないキャラも数多く存在する。

勿論これは、現実社会で様々な欺瞞に晒されて来た流浪の民たちは心の拠り所として嘘吐きでない女性を希求して止まない、という悲痛な社会問題を如実に反映したものに他ならない。

[編集] 歩く鼻

19世紀帝政ロシアでこれらに対するアンチテーゼを取り扱ったのがゴーゴリの『鼻』。自称「少佐」のコワリョーフ八等官の鼻が、ある日突然に意志と肉体と教養と社会的地位を手に入れてコワリョーフの顔を離れて街を闊歩する、という不条理小説だ。コワリョーフは鼻が消えて晴れて萌えキャラの仲間入りか、と思われたが、元が冴えない中年男性では鼻がない位で萌える訳が無く、又、鼻がなくなった所で正直者になったりはしない、と百数十年も昔から本項目に対する反論を用意していたその先見性は見事と言う他無い。

[編集] 関連項目

この項目「」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語