1

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

1(いち・ワン・ひぃ・ひとつ・アン・アインス・ウノ・アジーン・イー・ウンなどなど)とは、全ての始まりを示す数であり、全ての数をあらわす数字である。世界中のどこにでも存在し手に入りやすいという特徴があり、工夫次第で強くも弱くもなる道具である。 そしてエロゲーである。

目次

[編集] 書き方

  • 縦棒を上から下に真っ直ぐ引く。(折れたり曲がったりしてはいけない。)
  • 縦棒を下から上に真っ直ぐ引く。(折れたり曲がったりしてはいけない。)
  • まず、右上へそして下へいく折れ線を引く。下に横線を引くことも。
  • Iと書く。
  • 横線を引く。

[編集] 主な入手方法

学校をサボりまくる
  • おそらく通知票により多量の1が入手できることだろう。ただしやりすぎると留年、退学になるので注意が必要である。最悪の場合、人生の歯車が狂いだす。
テストで1問だけ正解する
  • 1問あたりの点数が大きい場合は部分点を狙うとよい。
テレビゲームのRPGにおいて、防御力が高いに対して素手もしくは弱い武器で攻撃する
  • 元の攻撃力が高いと手に入りにくい。
  • ドラゴンクエストシリーズではどくばりという武器を用いることにより容易に量産することが可能であるが、この武器は安全性に問題があり稀に急所をついて1撃で敵を倒すことができる。
漢数字の「二」を大量に縦書きにし、その書いたものを90度回転させる。
  • 失敗するととある部首に見えてくるので注意。上下の棒を同じ長さで書くのがコツ。

[編集] 主な使用方法

[編集] 武器・兵器として

  • その形状を生かし、矢として扱う。ただし矢羽根がついていないため軌道が不安定になる。
  • 大量に投擲し、相手を埋めてしまう。結果として相手が身動きできなくなる。

[編集] 遊戯・競技として

  • 縦に積み重ねていき、バランスを崩して倒壊するまでに何個積み重ねられるかを競う。

[編集] 使用における注意

  • 1を超える有理数無理数が来た場合は無力化されてしまうので、もし1を使用しようとしている場合にそれらを見かけたら速やかに待避すること。
  • 相手がマイナスの値でも油断は禁物である。絶対値というバリアを張っていることがあるので、その場合も待避した方が無難である。
  • 通知票により入手した場合はいかにして親の目をごまかすかが大事である。なぜならそれを見たとたんに大量の1を蹴散らして襲ってくるだろうから。

[編集] 0.999999999999…との関連性

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「0.999...」の項目を執筆しています。
実際に書こうとするととんでもない手間がかかるので注意。

1は、1に限りなく近いとされている0.9999999999…と同じものだとされている。

簡単に証明すると、


 \begin{align}
   & 0.3333333333\cdots = \frac{1}{3} \\
   & 0.3333333333\cdots \times 3 = \frac{1}{3} \times 3 \\
   & 0.9999999999\cdots = 1 \\
 \end{align}

というものになるが、0.9999999999… = 1という数式を使う機会があるのか、という方がこの式の正誤よりも気になる。

[編集]

にはイチと言う名前をつけることが野比のび犬によって定められている。さらに、日本においては、犬はワンと鳴かなければならないことから、犬と1の関連性が指摘されている。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「1」の項目を執筆しています。
Bouncywikilogo small.gif
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「1」の項目を執筆しています。
Undictionary Logo Text.png
この記事「1」は何故か「アンディクショナリー」にも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語