1月

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

1月(いち がつ)とは1年の始まりの月である。昔の日本だと、睦月と呼んでたそうな。

特に1日には1年の始まりということで、世界中どこでも浮かれている場合が多い。
でも「浮かれ期間」は、その国、その民族それぞれ。月末になる頃には、浮かれていた事すらスッカリ忘れている。

なお日本では、何かとイベントの多い月でもある。場合によっては、肥満化に突き進む恐れもある。

概要[編集]

当月に日本で見られる現象・事象・行事を、以下に挙げる。

  • なので、基本的に寒い。
  • 前年最後のイベント「除夜の鐘」に引き続き、って言うか、鐘が鳴り続けている最中に年が明けてしまうケースがある
  • 最大のイベントである「正月」によって、この月は幕を開ける。
    初詣に行こうが、初日の出を拝みに行こうが、基本的には自由。犯罪や、他人の迷惑でなければ何をやっても許されている[1]。特に、3日までの『正月三箇日』は老若男女、挙国一致で「ぐうたら生活」を決め込んでも大丈夫。ただし、食っちゃ寝の産物である肥満化には、自己責任で対処して下さい。国を訴えても敗訴するのは、目に見えています。それに、過剰な肥満化で別人に変わってしまった場合には、犯罪扱いになるかもしれませんので要注意。
  • 1日は冬休みの真っ只中であるが正月のおかげで、子供はおろか大人でも、その恩恵に与るケースが多い。
    ただ、ごく稀に仕事をしてる大人もいる。こういう大人が居てくれないと、実は非常に困る。外食屋も、アミューズメントパークも、レンタル屋も休んでいたら、家に居るしか娯楽が無い。餅を喉に詰まらせた老人なんて、救急隊員が来ないと死んでしまう恐れもある。
  • お年玉」という風習によって、就労していない子供にとっては堂々と収入を得られる、ハッピーなイベントがある。しかも、どれだけ貰えたとしても、税金で一部ピンハネという心配が無い特典にも恵まれている。ただし、この程度の収入で1年を乗り切れるほど、子供の暮らしは楽じゃない。
  • 年賀状」という郵送物が、家に届けられる。すでに学校や、仕事が始まった頃であろうと届けられる。届いて嬉しく感じるのは、貰ったその日ではない。当選番号に当たった時である。
  • 子供から大人への脱皮を強要される「成人の日」が制定されている。嬉しい、嬉しくないは、人それぞれ。
  • 7日には、「七草粥」が控えている。ただ、美味しそうに食べる人は、あまり見掛けない。
  • 11日になると、「鏡開き」が待っている。七草粥でダメージを受けた人を回復させるのに、必要不可欠な行事・風習である。←三箇日で「ぐうたら生活」を決め込んだ後、僅か1週間程度で、こうも食べるイベントばかりでは、どんな人であろうと肥満化を抑止するなんて至難の業である。
  • この月に開催される大相撲を、初場所という。でも、朝青龍が活躍するかは、知ったこっちゃ無い。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「1月」の項目を執筆しています。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、コタツの中でのオナラは厳禁!!迂闊にも、そんなコタツに頭から潜った際には、練炭自殺よりも強烈であり、ハッキリ言って犯罪です。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「1月」の項目を執筆しています。


この項目「1月」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)