1/2

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

1/2(にぶんのいち)とは、0の次の数に行く途中の数である。

目次

[編集] 概要

「リンゴを包丁で真っ二つにしたとき、同じリンゴが二つできる」

これは先生が1=2を学生に解説する際に最も使われるポピュラーな説明方法として有名であるが、この真っ二つにしたリンゴの二つを合体させると1になる。その計算式を表す際に使われるのが1/2である。前述した例を使った場合、真っ二つにした後のリンゴを1/2として扱い、次のように計算する。

  • 1/2+1/2=1

[編集] 概念

1/2とは0の次の数は1であるが、その合間に何かあるのではないのか、という発想から生まれたもの。また、1/2のほかにも1/3や1/4といった数字も存在し、これらをすべてまとめて分数という。しかし、前述した通り1個のリンゴを真っ二つにしたら2個のリンゴになるのだから1=2である。故に1/2という数字は現実には存在しない。しかし、1=2を証明する際にはこの1/2を筆頭とした分数の概念が必須であるため、分数は虚数と同じように学問の一端を担う重要な概念であるとされている。

[編集] 1/2を使う上での注意点

分数の中でも1/2はとりわけよく使われる言葉であり、色々な方言があるので言葉の流れなどに注意して使う必要がある。

  • 1/2をGoogle先生に検索を願い出る場合は「+1/2」と検索しなくてはならない。
  • アニオタに1/2というとらんま1/2のことだと解釈される恐れがある。
  • EXILEの第1章のファンに1/2というと羽1/2のことだと解釈される恐れがある。
  • 1/2とチャットやメモ帳などで言葉の発声を介せず文字で表現すると、1月2日と勘違いされる恐れがある。
  • 1/2の「/」をいい加減に書くと112と間違われる可能性がある。
  • 1/2よりも半分と表現したほうが触りがいい場合がある。例「ケーキを1/2下さい」→「ケーキを半分下さい」

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「1/2」の項目を執筆しています。


身長 この項目「1/2」は、内容が足りません。土井さんの身長のように。この記事をhydeも羨むように成長させてあげてください。お願いします。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語