18歳未満の者がその営業所に立ち入ってはならない旨のマーク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「18歳未満の者がその営業所に立ち入ってはならない旨のマーク」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

18歳未満の者がその営業所に立ち入ってはならない旨のマーク( - さいみまん - もの - えいぎょうしょ - た - い - むね - )は、風俗店の入り口などに標示している装置。俗に「18禁マーク」と呼ばれているが、18に斜線が入ったマークとはわけが違う。

概要[編集]

従来の「18禁マーク」は、Icon-not-under18.png←このような18に斜線が入った単純明快なやつばかりであった。だが、このマークを無視して18歳未満の人が大人と一緒に風俗店に入店し、アーン♥♥に巻き込まれるケースが後を絶たない。この状況を見かねて、18歳未満の人が入店できないようにする対策として「18歳未満の者がその営業所に立ち入ってはならない旨のマーク」が登場した。

特徴と効果[編集]

18歳未満の者がその営業所に立ち入ってはならない旨のマーク。

18歳未満の者がその営業所に立ち入ってはならない旨のマークは、人が両手を差し出してブロックしているようなポーズをとって、その間に「18」と書かれている。遠くから見ると「◆」の形に見え、テナントビルやホテルの看板に「◆」のようなものが見えたらそれは18歳未満の者がその営業所に立ち入ってはならない旨のマークであり風俗店であることがわかる(ただし、18歳未満の者がその営業所に立ち入ってはならない旨のマークではなく「18歳未満はお断りします」のような文章のみの場合もある)。

風俗店に到着すると、18歳未満の者がその営業所に立ち入ってはならない旨のマークははっきりと姿を現す。常識的に考えてれば18歳未満はその店に入ることはできないが、大人が18歳未満の人を連れて入るという非常識な事例がある。「18歳未満はお断りします」のような文章のみの場合、完全に入れないようにするのは困難である。

だが、冒頭でも記述したように18歳未満の者がその営業所に立ち入ってはならない旨のマークは装置であることを忘れてはいけない。人が入店しようとすると、マークの人がその人の顔や体をスキャンし、18歳未満であると判断すればマークの人はマークから飛び出てかめはめ波を発動し入店できないようにしている。もちろん、18歳未満の人と一緒にいた大人の人もろとも。

18歳未満の者がその営業所に立ち入ってはならない旨のマークを設置している主な店[編集]

18歳未満の者がその営業所に立ち入ってはならない旨のマークは風俗店に設置していることがあるが、中にはそれ以外の店にも設置している。中には18歳未満の者がその営業所に立ち入ってはならない旨のマークを設置していない店もある。

関連項目[編集]