2

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

2(に・ツー・ふぅ・ふたつなどなど)とは、1の次の数で、3の前の数である。そして、1と等しい数でもある。

珍しい2のトランプ?

概要[編集]

2にはさまざまな特殊能力があるらしい。その中の一部を紹介する。

素数の中でひとつだけ偶数
普通、素数の中には偶数は入ってはいけないが、2は偶数のくせに入っているという。
2+2=2×2=22
なぜか、2だけは足してもかけても同じである。この謎を解明した人は1人もいない。
いただきストリートDSにおける2
何故かマリオのBダッシュが出来る。マリオじゃなくても。

自然界の2[編集]

カップルと2[編集]

2はカップルを表す数として、とくに結婚の場などで喜ばれる数字である。その理由は2つある。1つめは、結婚がこれからの2人の生活に「荷(重荷)」になるからであるとする説である。もう1つは、ペアグラスなど2つ揃いのものを送ると、離婚の際に財産分離をしやすいからだとする説である。

ウィキペディアでの2[編集]

ある良心的な利用者が1+1=のリダイレクト先を2にした所、さっそく実験をする。すると?赤リンクになっているではありませんか!これはどうしたのかと再度作り直し再度実験。しかしやはり削除されてしまう。後にその利用者はブロックされてしまったがその利用者は消息不明である。

その他の2[編集]

\frac{ 2 + 2 }{2} = \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} = \frac{ \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} + \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} }{\frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}}} = \frac{ \frac{ \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} + \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} }{\frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}}} + \frac{ \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} + \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} }{\frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}}} }{\frac{ \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} + \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} }{\frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}}}}  =

\frac{ \frac{ \frac{ \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} + \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} }{\frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}}} + \frac{ \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} + \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} }{\frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}}} }{\frac{ \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} + \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} }{\frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}}}} + \frac{ \frac{ \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} + \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} }{\frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}}} + \frac{ \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} + \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} }{\frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}}} }{\frac{ \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} + \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} }{\frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}}}} }{\frac{ \frac{ \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} + \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} }{\frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}}} + \frac{ \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} + \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} }{\frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}}} }{\frac{ \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} + \frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}} }{\frac{ \frac{ 2 + 2 }{2} + \frac{ 2 + 2 }{2} }{\frac{ 2 + 2 }{2}}}}} = 2
上の答えは全て2である。
また、上の等式が成り立つ場合、 2delorean.png このように整数でなくても成り立つ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「2」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「2」の項目を執筆しています。