2月

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
2016年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

2月(に がつ)とは、1年で2番目の月だよ。昔の日本だと、如月(さきらぎ)と呼んでたってさ。

年が明けて、大いに浮かれた1月の事をスッカリ忘れている月。むしろ年度末を意識し始め、

  • 「どこの学校に受かるんだろう」
  • 「来年度は、誰と同じクラスなんだろ」
  • 「進級できるんだろうか」

といった様々な思惑が、チラついてくる月でもある。でも、まだ3月が控えている。心配する割に、新年度の訪れは、まだ遠い。

経済面から言えば、3日の節分恵方巻、14日のバレンタインデーといったイベントに便乗した、商魂たくましい大規模な『販売促進キャンペーン月間』に相当する。

一般的には、気分的に重たい月なのだろうか、おかげで他の月よりも短縮されてる特典に恵まれている。ただ、その功罪は大き過ぎて、2月29日まで省かれてしまう年さえある。その日に生まれた人は、何だか やりきれない。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「2月」の項目を執筆しています。

日本での2月はなので、基本的に寒い。どうやら1月よりも寒そうだ。

1日から北海道では、雪祭りがスタート。

また1日は他にも、沖縄を始めとする、あったかい各地でプロ野球の春季キャンプがスタートする。横浜ベイスターズのような どう考えても無理だって!!という球団であっても、「今年はイケるっ!!」なんて、ファンに酷な妄想を抱かせる期間である[1]

3日には節分恵方巻。成田山などの「マメ撒き」でタレントや有名人が、臨時収入を得ている。

そして4日辺りには、「立春だよ」なんてニュースのお天気コーナーが報じてくれる。ただ、春というには程遠く、北国ではがチラついていたりする。いくらなんでも、気の早い話である。

11日になると街頭では「愛国精神に溢れる人たちの無敵行進」に、お目に掛かれる。でも選挙の街宣車みたいに、愛嬌を振りまいてないので、チョッと怖い。

14日には、ウナギ御飯の日に匹敵するほど経済活動を促進させる、当月最大のイベント「バレンタインデー」なるものが存在する。恩恵に与る人と、一方で甚だ迷惑だ!!という人。両極端な人間模様を見られる。
「バレンタインデーなんて、大っキライだーっ!!」などと叫んでいた兄ちゃんが思いがけずチョコレートを貰えて、だらしないくらいに表情を崩したりする。その一方で、貰えるつもりで余裕こいてた兄ちゃんが貰えもせずに、ドン底へ叩き落されたりする。そんな具合である。

カノジョの居る兄ちゃんであっても、機嫌を損ねたら貰い損ねる恐れもあるという。当月の前半に低姿勢でいる男性を見かけた場合には、そんな事情をお察し下さい

前述に在る通り、29日を省いてる年がある。←それが、どう決められるのか?というのは、難しすぎて解かりませんでした。

脚注[編集]

  1. ^ なお、解説者たちも各球団の順位予想を始める。でも、1位から6位まで完璧に当てる解説者なんて、まず居ない。キャンプで何を見てきたんだ?と思いたくなるのは、仕方ない。みんな、板東英二と変わらない、ただの「野球好き」なだけですから、許してやって下さい。

関連項目[編集]

2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「2月」の項目を執筆しています。
この項目「2月」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)