2月3日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
2016年2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

2月3日は、暦上はこの日でが終わり、翌日からを迎えるはずの日である。だから節分(季節の分け目)というのだが、そんなことは到底実感できるはずないため、節分という言葉は本来の意味を無視して使われている。

節分の行事[編集]

五穀の一つであるを、ゴミとして撒き散らす。
鬼を追い払うためというが、ただ資源を無駄にしているだけではないのかという指摘が根強い。またに対する虐待ではないか、と言う声も聞く。現在では反対運動も起こっており、大豆の代用品として、何度でも撒くことが出来て、殻をむけば美味しく食べられる落花生が推奨されている。
豆を数え年の分だけ食う。
邪気を追い払うために食うそうだが、老人にとっては逆に死期を早めるだけなのでは、という指摘が昔からある。
恵方の方角を見て太巻きを食べる。
昨今になって、2月14日3月14日などと同様、貪欲な食品関連の会社経営者が広めている行事。元から関西地方にあった行事とされているが、戦後廃れていたのを70年代に無理やり復活させたことは事実である。とはいえ、節分自体が関西地方の風習というところは何故かスルーされている。
兵庫県西宮市とある組織では、某平団員団長から恵方巻を思い切り口にぶち込まれ、思わず「すごく..大きいです」と漏らすのがお約束となっている。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「2月3日」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「節分」の項目を執筆しています。

誕生日[編集]

関連項目[編集]