2月30日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
2014年2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2月30日(にがつさんじゅうにち)とは、カレンダーから抹殺された日である。

目次

[編集] 概要

現代社会では一般的に太陽暦が採用されており、公的には2月は28日、うるう年には29日までである。しかし、昔は2月は30日まで存在していたことが、文献の調査によってわかっている。ただ、その痕跡は古いカレンダーを見ても残っておらず、カレンダーから抹殺されたものとみて問題ない。

[編集] フェブルウス

2月をつかさどる神であり、死者の魂と密接な関係にあるとされる。鎮魂にかかわっているからか心優しく、自分が支配する日数を7月8月の支配者に、一日ずつ譲渡してしまうほどのお人好しである。そのため、2月は他の月に比べて明らかに日数が少ない。それをかわいそうに思った他の月の支配者は、うるう年によって増加した日数をフェブルウスに与えている。

[編集] 2月30日にまつわる人

カレンダーから日付自体が削除されているため、表面上は存在しない。29日の場合は、4年に一度誕生日を迎える人がいたりするが、30日にはそれすらない。ただ、何らかの理由で3月を迎えたくない人にとっては、2月30日の存在は生きる道しるべとなっている。その理由としては、3月で卒業するため就職しなければならない学生とか、定年を迎えるのが嫌なサラリーマンなどが挙げられる。もちろん、2月30日はカレンダーから抹殺されているため、永遠に訪れることはない。その人たちに言えるのは、おとなしく3月を待ってくださいということだけである。

[編集] 太陰暦

そもそも、太陰暦の時代であるならば、いつまでも1月は29日か30日であり、2月も30日はごく普通、さらに言うなら閏月などという3年に一度、1年が13ヶ月になっていた時代が、日本でも千年以上続いていたりもする。そのため、ユリウス暦が導入される明治5年まで2月30日が普通。むしろ、28日で月が終わるなんておかしい、という話だった。

ま、そんなもんである。

ちなみに、導入した結果、諸外国の暦と合わせなければならず、その反動として明治5年の12月がたった2日しかなかった。そのため、明治5年の12月3日から31日は、日本に存在していないことになっている。ちなみに、明治政府は「12月は2日しかなかったので1ヶ月としてカウントしません」などと言って公務員の給料を支払わなかった。(ガチ話)明治政府は財政的にヤバかったので1ヶ月分の給料を節約できてラッキーだった。

[編集] この日に生まれた主な著名人

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「2月30日」の項目を執筆しています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語