2006年

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。
世紀  20世紀 - 21世紀 - 22世紀
 10年紀  1980年代 1990年代 2000年代 2010年代 2020年代
  2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年

2006年について説明。

  • 皇紀2666年
  • 戦後61年
  • 仏暦2549年
  • 民国95年

2006年の総括[編集]

北朝鮮 核実験で、国際社会が緊迫。他にもミサイル7発打ち上げ。いじめ自殺、履修不足問題。ホリエモン、村上世彰など時代の寵児が逮捕された。フセイン元大統領が処刑された。

ハンカチ王子ワールドカップWBCトリノオリンピックなど大きなスポーツイベントが多かった。

2006年は、他の年と比較しても、社会にとって大切で重い課題を内包した出来事が、かなり多かったような気がする。核実験など、平和を不安定化させる問題がすごく多かった。

前年度は世界から失笑を買われていたアニメ業界が回復に成功。牙-KIBA-や久々のデジモン,なによりかいけつゾロリが3年目で一期のキャラクターを出させるなど誰もが目を疑う展開であった。しかし,宮崎吾郎が監督したゲド戦記が唯一賛否両論に陥ったのである。

出来事[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

  • 21日 WBC、日本優勝。

4月[編集]

  • 8日 四半世紀ぶりに怪獣出現。
  • 23日 かいけつゾロリにおいて待望のミャン王女が再登場する話が放映。まだ,前年度のワーストアニメ連発の悲しさを引き摺っていた年である。そんな中,この話はかつて2004年の栄光を蘇らせ大成を取り立てたアニに人々は誇りを持ち自信を取り戻していった。
  • 28日 ジャガー横田が、ホワイトハウス大統領執務室でブッシュ大統領と面会。拉致問題の解決のためアメリカ合衆国政府の支援を求めてブッシュを殴り倒し、SPに射殺された。

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

  • 5日 北朝鮮 ミサイル7発打ち上げるが、どいつもこいつも途中でダルくなったため仮病をつかって帰宅。
  • 23日 スイスジュネーヴで、WTO加盟主要6ヶ国・地域の閣僚脱衣麻雀大会開催。

8月[編集]

  • 1日 アメリカ合衆国内での7月の月間新車販売台数で、トヨタ自動車がフォードで抜いた。
ありゃりゃ、とうとう(核)実験やっちゃった
  • 11日 英でテロ未遂。
  • 23日 ハマスタで世界の松下が絶叫。何のための前進守備だ!
  • 24日 国際天文学連合により、冥王星が惑星から除外。米の天文学者がそろってスネる。

9月[編集]

  • 10日 アメリカ航空宇宙局のスペースシャトルアトランティス号(ペットボトルロケット)打ち上げ成功。
  • 20日 総理が安倍晋三へ変貌した。

10月[編集]

  • 9日 北朝鮮 核実験。安保理が制裁決議を採択。

11月[編集]

  • 11月1111日 の日。韓国では犬がよく売れたという。

12月[編集]

  • 30日 フセイン元大統領が処刑された。
  • 31日 ローマ法王が世界の実権を掌握。

2006年の概略[編集]

日本の2006年を一文字で表せばもちろん「Sekinin.jpg」だろう。この年に日本の権力者となった安倍晋三を筆頭に政治家や有名企業はこぞってエクストリーム・謝罪に参加し、誰に責任を押し付けるかを巡って駆け引きに明け暮れていた。またこの年に相次いだ大なり小なり様々ないじめエクストリーム・いじめの仕返しの低年齢化に拍車をかけたが、加害者や責任者はのらりくらりで被害者や遺族からの批判をかわし続けた。その一方で野球フィギュアスケートなどの普通のスポーツの競技者は敗北すれば自己責任、運悪ければ検閲により削除という問答無用の圧力に屈さず華々しく活躍していた。ちなみに、2006年の東アジア]を一文字で表せば「核」である。1年中、核兵器や核実験のニュースが流れてた。こわかったー。

世界ではイエス・キリストが生まれた年から数え始めることが流行っているようだ。しかしこれも元をたどれば、彼自身が死んでから数百年経ったのちにどこかの物好きが始めたことであり、それを起点にすることの意義はまったくないといってよい。

出来事

  • 1月1日 2006年誕生。
  • 3月31日 2006年の4分の1が経過する。
  • 4月30日 2006年の3分の1が経過する。
  • 6月30日 2006年の半分が経過する。
  • 8月31日 2006年の3分の2が経過する。
  • 9月30日 2006年の4分の3が経過する。
  • 12月31日 2006年死去。享年1歳。

国際年

2006年は「国際『2006年』年」である。これは国連が制定したもので、2006年について国際的な関心を喚起するとともに、2006年の重要性を再認識することを目標にしている。ちなみに2005年は「国際『2005年』年」であった。

関連商品・企画

2006年を記念して日本各地で2006円の商品が売られた。しかしこれを買うのに3000円や5000円を出す人が多く、お釣りの硬貨切れを起こす店舗が続出した。そのためこの企画を早々に打ち切った企業が多い。アメリカの各都市では2006ドルフェアが開かれた。しかし2006ドルの商品を躊躇せずに買うことができるのは一握りの富裕層のみで、庶民には浸透しなかった。

中国の各百貨店では2006個同じ商品を買ったら、おまけにもう1個タダでもらえるというキャンペーンを展開した。しかし同じ商品を2006個も買う人はごくごく稀な上に、タダになるのは1個だけというセコさから、ほとんど企画倒れであった。ロシアでは2006年中に2006回来店した顧客に様々なサービスを提供するというキャンペーンを展開中である。しかしそのためには1日平均6回程度店を訪れる必要があり、顧客が鬱陶しがられる事態が発生している。そのような状況にもめげず、クラスノヤルスクのパブロフさんは10月1日現在、近所のスーパーに1528回訪れており、年内の2006回来店達成が期待されている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「2006年」の項目を執筆しています。
この項目「2006年」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)