2009年新型インフルエンザ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

2009年新型インフルエンザ(2009ねんしんがたいんふるえんざ)とは、2009年3月ごろからメキシコで発生しその後世界各国で流行しているインフルエンザの一種。

医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。


概要[編集]

2008年からの未曾有(みぞうゆう)の不景気で、アメリカを中心とした多数の会社が潰れてしまう恐れがあった。そんな状況をリセットするために何者かが豚インフルエンザを基にした新型ウイルスを開発した。しかし、あくまで兵器として用いるわけではないので敢えて弱毒型にしたのである。当初はアメリカだけで広げる予定だったが瞬く間に世界各国に広がった。さらにメキシコやカナダにも広まりWHOは、「公衆衛生上の緊急事態」と宣言し、フェーズを引き上げた。そしてその後も感染爆発はとまらず、ついにフェーズは6になり、日本を含む多数の国で百万人を超える患者が出た。

新型インフルエンザの毒性・症状・予防法[編集]

国立釘宮病研究所によると、新型インフルエンザの致死率は現段階では、釘宮病エボラ出血熱の致死率よりも遥かに低い0.4%といわれている。しかし、今年の秋、毒性が変化する事が懸念されている。 症状は、おもに発熱、咳、のどの痛みなど普通の季節性インフルエンザと同様である。ただし、高熱のため脳炎や肺炎を起こす場合がある。このような場合致死率は85パーセントになるので注意が必要である。また重症化した患者の約50%にのような姿になる症例が報告されている。現時点では人間の姿に戻すことは不可能とされている。また妊婦は本物のになってしまう症例が報告されている。持病のある人、また高齢者等は症状が重くなりやすい。ただ感染力は季節性のものよりも高い。新型インフルエンザにかかった場合は、最低1週間は感染症指定医療機関に入院措置となる。しかし国内で感染が拡大し病院のベットがなくなると軽症者は自宅療養となる。そのため一度に10人くらいにうつし、しまいには全国民の半分に感染するという懸念もある。ちなみに、10人以上にウイルスを移した人にはスーパースプレッダーという称号が与えられる。

万が一感染が疑われる症状が出たら、まず発熱相談センターに電話し、指示を仰ぐことになる。基本的には、「普通の病院に行ってください」または、「感染が疑われるので感染症指定医療機関に行ってください」と言われるがまれに「病院に行かずに頑張ってください」と言われることもある。このような場合、新型インフルエンザ以外のさらに恐ろしいウイルスに感染している可能性が高いので、間違っても外に出てはならない。もし新型としてもきちんとタミフルを飲めばよほどのことがなければ症状は重くならないので心配は要らない。中学生高校生池沼などは感染機会が多いので注意すること。予防法としては、家に引きこもるのが最大の予防法である。またマスクをすることも予防法のひとつである。しかしこれは同時に後述するマスク病につながる事があるので注意が必要である。そのほか、アルコール消毒液を使用すれば、外に出られないほど重症化するので、感染拡大は収まるかもしれない。まあ、だいたい近くの診療所に行けば「大丈夫大丈夫!どっちにしろタミフル飲めばなおるんだから!」と言われてしまう。

パンデミック[編集]

パンデミックとは、世界的大流行が発生しもはやどうしようもない状況の事を指す。現在、フェーズ6となっており、パンでミックが起こっていると言える。

日本における新型インフルエンザ[編集]

今回のインフルエンザは日本に流入する際の突然変異の結果、日本国内において他に例を見ない全く新しい症状を引き起こしており、その動向には各国が注目している。なお、発生当初の症状を引き起こすウイルスも日本国内で発生しているが、国内の患者は海外から帰国した患者とその家族以外はすべて新症状になっている。日本における新型インフルエンザの詳細については当該項目を参照されたい。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「2009年新型インフルエンザ」の項目を執筆しています。